« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年1月

2017年1月21日 (土)

【書評】自分の読書のルーツは多分ここにある_黒沢哲哉『よみがえるケイブンシャの大百科 伝説の70〜80年代バイブル』

二年くらい前に書いた本の感想を、どこにもアップせずにパソコンに保存していたみたいなので、アップしておきます。

自分の読書のルーツは多分ここにある

黒沢哲哉『よみがえるケイブンシャの大百科 伝説の70~80年代バイブル』(2014年・いそっぷ社)

 2002年に倒産した出版社、剄文社が刊行していたシリーズ「ケイブンシャの大百科」を表紙画像や解説、コラム、インタビューから振り返る。なお今回は昭和に刊行されたものに絞られ、平成以降のものは巻末にリストが掲載されている。

続きを読む "【書評】自分の読書のルーツは多分ここにある_黒沢哲哉『よみがえるケイブンシャの大百科 伝説の70〜80年代バイブル』" »

2017年1月 2日 (月)

カズがボールを追うように、イチローがバットを振るように

2017年の目標のようなものを書いておこうと思います。

歳を取ってくると思うのは、スポーツ選手でも、エンタメの方でも、「やめない」ことのすごさ。もちろん、好成績を残すとか、人気を博すとか、そうしたことにも価値はあります。しかしそれらを経て、なお続けることはすごいことだと思うのです。

私はサッカーでは三浦知良選手(カズ)が好きなのだけれど、一番尊敬するのは現役にこだわるところ。カズくらいのキャリアと蓄積があれば、たとえ引退してもある程度はご自身がやりたいことをやれるはず。サッカーに関わる仕事でも、それ以外の仕事でも。なんなら世界中を旅して、焼き物とか作っちゃったっていいわけですよ
でも、カズが一番やりたいのは選手としてサッカーをすることで、だから現役を続けているんだろうなあと思う。

野球ならイチロー選手もそうで。イチロー選手は記者会見の発言などで、あえて真意をそのまま話さない場合もあるのだけれど、野球が好きで、特に様々な技術を身に付けて試合の中で発揮しようという気持ちは強いのだろうなあと

私はお二人のようにプロではないけれど、「やりたいことをあきらめずにやる」ということは続けていきたい。幸い、私がやっていることは、体の衰えがあまり影響しないことでもあるし(それでも、「体がついていかねえ」と思うこともあるけれど)。

あと、スポーツのたとえで言えば、「自分はあくまで応援団である」ということは忘れないようにしておきます。主役がいて、私の役割はその主役に輝いてもらうこと。そこを勘違いし始めると、ダメだと思っているので、これは常に自分に問いかけたい。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

Yahoo!検索

  • Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索
    • このサイト内を検索

プロフィール

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

無料ブログはココログ