« 【書評】自分の読書のルーツは多分ここにある_黒沢哲哉『よみがえるケイブンシャの大百科 伝説の70〜80年代バイブル』 | トップページ | ライブやイベントの感想を、ラジオネームこのはもはどう書いているか。 »

2017年3月13日 (月)

「なんでもいいのでメールくださーい」という呼び込みは、きっと真理

ラジオで「なんでもいいのでメールくださーい」という呼び込みは、きっと真理なんだと思う。リスナーとしては「なんでもって、本当になんでも?」とか、「でも、なんでもで送っても読まないでしょ」とか、思うところはあるでしょうが、それでも「なんでも」なんだと思う。

「この番組には、これだけのメールが来ていますよ」という、数が目に見えることが重要なはず。「その番組が面白いかどうか」って、個々の主観で感じることはできても、他の人に説明するには「数」になるのでしょう。メールが何通来ているか、グッズがどれくらい売れているか、イベントの集客がどれくらいか、などなど。その数字が一定水準を超えていれば続くだろうし、そうでなければ存続の危機になる。

だから、リスナーとしては、終わって欲しくない番組にはメールしてグッズ買ってイベントに行くことが大事なのだという思いは抱いている。メールも、「こりゃ普通すぎて、採用はしてもらえないなあ」と思っていても、番組やパーソナリティの方に失礼じゃなければ送ってしまう。そこにはフィルターはかけない。

改編期なので、色々考えてしまうけれど、リスナーにできることはこれかなと思うのですよ。

« 【書評】自分の読書のルーツは多分ここにある_黒沢哲哉『よみがえるケイブンシャの大百科 伝説の70〜80年代バイブル』 | トップページ | ライブやイベントの感想を、ラジオネームこのはもはどう書いているか。 »

ラジオ」カテゴリの記事

Yahoo!検索

  • Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索
    • このサイト内を検索

プロフィール

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

無料ブログはココログ