音楽

2018年5月16日 (水)

プレッシャーはかけたくないけれど、楽しみにしています #温泉むすめ #温むす

   

「温泉むすめ」というプロジェクトがあります。
各地の温泉をキャラクター化して、温泉の魅力を伝えるというもの。

現在は、キャラクターを演じる声優さんによる各地でのイベントやライブ、CDのリリースが主な活動で、今年はアプリゲームのリリースなども予定されている。

温泉むすめ公式サイト https://onsen-musume.jp/

今週土曜日の5月19日には、3rdライブが予定されている。
そこで、結構大切なことがあって、「SPRiNGS」というメインのキャラクターによるユニットの声優さんがお一人交代するんです。元々、遠藤ゆりかさんが声を担当していた下呂美月役が、遠藤さんの引退に伴って交代となる。その後任の方が、3rdライブで発表される。事前の発表はされていなくて、ライブ本編で登場されて発表となる。

これは、ご本人にとっては相当なプレッシャーだろうと思う。事前に発表されていて、参加するお客さんもどなたか分かっていて、ということなら、ご本人もお客さんも心の準備が出来るのだと思う。でもそれがなくて、ある種サプライズで登場されるので。しかも他のメンバーは、一年くらい活動してきていて、そこに飛び込むわけだから。もちろんSPRiNGSのメンバーを演じるのは、みんなしっかりした声優さんなので、受け入れはすごくいい形でされていると思うけれど(ここまでの他のイベントで、レッスンの様子などは語られていて、そのことは感じます)。

だからこそ、当日客席にいる者としてはは温かくお迎えしたいと思っている。

▼この「青春サイダー」は、私はいつ聴いても泣く。

続きを読む "プレッシャーはかけたくないけれど、楽しみにしています #温泉むすめ #温むす"

|

2018年5月 2日 (水)

5/3~5/5はクラシックの音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」へ #lfj2018

明日から三日間は、有楽町と池袋で行われる、クラシックの音楽祭「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」に行ってきます。

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018「モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」公式サイト : https://www.lfj.jp/lfj_2018/

有楽町は東京国際フォーラムのホールや地上広場で、朝10時から夜11時くらいまで、同時並行でクラシックのコンサートが行われる。地上広場には屋台も出て、野外会場で無料コンサートも行われる。

今年は池袋も会場に加わって、東京芸術劇場と劇場前の西口広場を会場にコンサートが行われる。

特徴としては、1公演が45分とか60分で、3,000円くらいのチケット代ということ。これは、一般的なクラシックのコンサート(120分で7,000円~8,000円くらい)を分割している感じなのよね。だから気軽に一公演だけ聴いてもいいし、次々とマラソンのようにも聴ける。自分でメニューが選べるビュッフェみたいな感じですよ。

俺は2007年に行き始めて、以来毎年通っている。正統派のクラシック音楽のプログラムもあれば、民族音楽とか現代音楽みたいに、一般的なクラシックの枠をはみ出した公演もあっておもしろい。

毎年プログラムにはテーマがあって、今年は「モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」。作曲家が、生まれ育った場所とは異なる場所で書いた音楽や、ワールドミュージック・ジャズ・映画音楽なども演奏される。

今のところ三日間で11公演聴く予定です。現地でいきなりチケット買ったり、無料公演を聴いたりする可能性もあるので、もうちょっと増えるかもしれません。

【参考】過去参加した時のレポート

2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年2014年2015年2017

|

2016年1月30日 (土)

大久保瑠美・原紗友里「Girls☆High!」(曲の方)のコールをまとめてみました #girlshigh

※2016.02.07追記:ライブでの番組のテーマカラーは水色(あるいは青系)を推奨、とのことです。

大久保瑠美さんと原紗友里さんのユニット「Girls High!↑↑」が、「マリコレライブ2016」で歌う、ラジオ番組「青春学園Girls High!↑↑」のテーマソング「Girls☆High!」(全部「ガールズハイ」だから、ちょっと紛らわしいかも)。

先日、ラジオで「こんな風なコールが欲しい」という話があったので、メモした範囲でまとめました。

※「他にこんなのもあった」というのがあれば教えてください。
※コールの書き方が良く分かってないので、表現を変えたらいいところがあれば教えてください。
※エンディングテーマ「スキッピン×スキッピン」のコールはこちらにまとめました。

では、歌詞を一部引用しながら(歌詞は~~で隠している部分もあります。お手元の歌詞カードとか、下の視聴動画とともにご確認ください)。


赤い太字がコール部分です。

(イントロ)
好きにやったらいいじゃん
~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~
ハデに笑いましょ

(Girls High↑↑ Girls High↑↑)

(1番)
(Aメロ)

やりたいことがあるなら
ためらう時間はない
          (Don't Stop Don't Stop)
~~~~~~~~~~~~
私らしさでがんばろう
          (Don't Stop Don't Stop)

(Bメロ)
どうすれば もっと輝くんだろう
(PPPH)(PPPH)(PPPH)(PPPH)
ワクワク たくさん込めた魔法の キラキラメイク!
(PPPH)(PPPH)       (キラキラメイク)

(サビ)
アレもコレも   知りたい   好きなコト
     (ハイハイ)   (ハイハイ)
~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~
     (ハイハイ)   (ハイハイ)
~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~
     (ハイハイ)   (ハイハイ)
次の未来 期待するキモチ
              (FuFuFuFu)
女の子を キレイにするんだ
              (きれいだよー!)

(Girls High↑↑ Girls High↑↑)

(2番)
(Aメロ)

時代の波に乗っかって
何もかもが味方 (Luck me Luck me)
~~~~~~~~~~~~
女の子の方が絶対イイ! (Luck me Luck me)

(Bメロ)
秘めている 無限の可能性
(PPPH)(PPPH)(PPPH)(PPPH)
キラキラ 花火のように大空へ 舞い上がってくよ!
(PPPH)(PPPH)        (舞い上がってくよー)

(サビ)
好きなコトは   好きと   胸はって
    (ハイハイ)  (ハイハイ) 
~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~
    (ハイハイ)  (ハイハイ) 
~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~
    (ハイハイ)  (ハイハイ) 
どんな時も 笑っていたいね
              (FuFuFuFu)
女の子は素敵になれるよ
             (素敵だよー!)

(ラスサビ前)
素直な私でいよう
(無言で捧げ)
毎日が昨日よりも美しく咲くよ
(無言で捧げ)

(ラスサビ)
アレもコレも   知りたい   好きなコト
     (ハイハイ)   (ハイハイ)
~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~
     (ハイハイ)   (ハイハイ)
~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~
     (ハイハイ)   (ハイハイ)
次の未来 期待するキモチ
              (FuFuFuFu)
女の子を キレイにするんだ
私たちはキレイに咲くんだ
              (咲いてるよー)

(Girls High↑↑ Girls High↑↑)


続きを読む "大久保瑠美・原紗友里「Girls☆High!」(曲の方)のコールをまとめてみました #girlshigh"

|

2015年10月 5日 (月)

溶け合うのではなく、混ざり合う個性:「STARCHILD presents LIVE NEXUS 2015」(小松未可子・上坂すみれ)を聴く

群青サバイバル【青春盤(初回限定盤)】 閻魔大王に訊いてごらん(初回限定盤)(DVD付)

・「STARCHILD presents LIVE NEXUS 2015」@恵比寿 ザ・ガーデンホール
 (出演:
小松未可子上坂すみれ

 小松未可子さんと上坂すみれさんのツーマンライブ。私はバンドのライブはそれなりに行っているし、声優さんのイベントも最近行っているのだけれど、スタンディングで声優さんのライブは初めて。
 私はふたりとも代表曲しか知らないし、コラボしたSTARCHILDの楽曲は私がアニメ見ていなかった時期のものだったのだけれど、そういうの全部ひっくるめて楽しかったなと。

続きを読む "溶け合うのではなく、混ざり合う個性:「STARCHILD presents LIVE NEXUS 2015」(小松未可子・上坂すみれ)を聴く"

|

2015年9月13日 (日)

【ポッドキャスト】「マジカルミライ 2015」に行った感想を、しゃべる帰り道(20150905)

 下記の、初音ミクの展示とライブを見聞きした感想を、しゃべる帰り道。

マジカルミライ 2015 | 初音ミクの創作文化を発信するイベント! :
http://magicalmirai.com/2015/

0905miku02


|

2015年9月 4日 (金)

【ポッドキャスト】「アニメロサマーライブ2015」の会場外だけ行ってきた話を、しゃべる帰り道(20150830_02)

「アニメロサマーライブ2015」の会場外、けやきひろばの物販やイベントブースに行ってきた話を、しゃべる帰り道。

Animelo Summer Live 2015 -THE GATE- | アニメロサマーライブ2015 : http://anisama.tv/

|

2015年7月 7日 (火)

最近買った初音ミクの色々 #初音ミク #HatsuneMiku _

 最近初音ミク関連の色々を買ったので、写真を載せておきます。

●nanoblock 初音ミク

miku_nano

続きを読む "最近買った初音ミクの色々 #初音ミク #HatsuneMiku _"

|

2015年7月 1日 (水)

「作家主義より作品主義」であることの苦労と快楽

L_078

 私は昔から、作者(クリエイター)を追いかけるのではなく作品を追いかける気質で、それは今でもあまり変わらない。
 もちろん同じ人がつくる作品は同じように好きで、結果として「作品を追いかける」=「クリエイターを追いかける」という場合が多いのだけれど。

 でも、例えば音楽なら、バッハが作曲した曲のCDならなんでも聴くわけではないし、小説なら夏目漱石が書いたものをなんでも読むわけではない(差し障りがないように、古典的な作者の名前を例にしています)。逆に、「この人のつくる他の作品は全然知らないけれど、◇◇だけは好き」みたいなこともある。



続きを読む "「作家主義より作品主義」であることの苦労と快楽"

|

2015年6月 7日 (日)

5月半ばの日記のタイトルの秘密(というほどでもない)

 5月半ばの日記のタイトルを振り返りましょう。たぶん、最近私のtwitterやブログをご覧いただいている方には謎な感じだったかもしれませんが(そして謎な言葉なので読み飛ばされるという)。
 これ、主に1980年代のエレクトロ・ポップの名曲です。こう見えても、10代後半から20代前半はこういう曲を一生懸命CD集めては聴いていたのですよ。日本の音楽も、1980年代のニューウェ-ブとかテクノポップと呼ばれる音楽を聴いていた。
 ということで、ラジオのDJ風に曲紹介を入れ込んだ日記のタイトルにしてみた。どんな曲か気になる人は検索してみてください。

Hunting High & Low・本日の一曲目はa-haで「Take On Me」です(20150511-0513日記)
Pop Muzik
・続いて、Mで「Pop Muzik」です(20150514日記)
E=Mc 2・じゃあ、踊ってください。Giorgio Moroder「Baby Blue」(20150515日記)
Encore・前半最後はKlaus Nomi「Simple Man」です(20150516-17日記)
ナイト・ライフ・後半は、PET SHOP BOYS『NEW YORK CITY BOY』から(20150518日記)
ザ・シングルス’81-’85・ちょっと渋めに、DEPECHE MODE「EVERYTHING COUNTS」を(20150519日記)
Organisation・ここから悲劇もの二連続で。まずは、Orchestral Manoeuvres in the Dark、OMDの「エノラ・ゲイの悲劇」(20150520-0521日記)
ラジオ・スターの悲劇+9・悲劇といえばやはり、バグルズの「ラジオ・スターの悲劇」(20150522日記)
Freedom of Choice (Dlx)・最後の曲です。Devoで「Whip It」!(20150523-0524日記)

 ちなみに1曲だけちょっと年代が違います。分かるかなー。

|

2015年5月20日 (水)

「コンサートが始まるまで」の様々を垣間見る:仲道郁代ワークショップ 実験&実演でわかる!ピアノのしくみ、ホールの秘密

月光・田園・テンペスト~ベスト・オブ・ベートーヴェンII 下記のワークショップを聴きに行く。東京文化会館では、昨年の小曽根真さんに続き、今年もピアニストの方によるワークショップ。今年の講師は仲道郁代さん。

東京文化会館|公演情報
http://www.t-bunka.jp/calendar/calview.html?ym=20152&d=24&m=small

Music Weeks in TOKYO 2014 ミュージック・エデュケーション・プログラム〈コラボレーション・プログラム〉
仲道郁代ワークショップ 実験&実演でわかる!ピアノのしくみ、ホールの秘密
日時    2月21日(土) 15:00開演(14:30開場)
出演    仲道郁代(Pf)

 主なテーマは三つ。

  1. ピアニストがコンサートのリハーサルでどんなことを確認し、調整するのか。
  2. ピアノが音を出す仕組み。
  3. 東京文化会館のホールの特徴。

 最初に、仲道さんが手に持ったオルゴールをピアノの中に入れるとそれまで小さかった音が響くというところから、話に惹き込まれる。これは後半のピアノから音が出る仕組みにつながってくるのだけれど、ピアノの特徴を分かりやすく伝えてくれた。

続きを読む "「コンサートが始まるまで」の様々を垣間見る:仲道郁代ワークショップ 実験&実演でわかる!ピアノのしくみ、ホールの秘密"

|

より以前の記事一覧