デジタル

2015年3月 5日 (木)

Bluetoothキーボードを買う(HB2000)

HB200

 秋葉原のあきばお~に、比較的お手軽価格で小さいBluetoothキーボードがあったので買う。

 ただし、パッケージにメーカー名などは書いていないので、詳細は不明。HB200が型番のようです。オンラインショップでも、「HB200 キーボード」で検索すると出てきます。でも、ネットでの価格よりもだいぶお手頃だった。

 使っているタブレットとは、ちゃんとペアリングできました。ただ、物理キーボードで日本語を入力するためにはアプリのインストールが必要。「日本語106/109キーボード」で検索した中からインストール。私のAT7-B(東芝の海外向けアンドロイドタブレット)では「109キーボード」を選択すると日本語入力できました。

【高品質】 ワイヤレス Bluetooth ミニキーボード HB2000 【あらゆるスマホ対応】【あらゆるタブレット端末対応】 (ブラック)【高品質】 ワイヤレス Bluetooth ミニキーボード HB2000 【あらゆるスマホ対応】【あらゆるタブレット端末対応】 (ブラック)

2015年1月18日 (日)

Digio2(ナカバヤシ)のnexus7用ケースがTOSHIBA AT7-Bにジャストサイズだった

tabletcase

 先日タブレットを買いまして。カバンに入れて持ち運ぶためのケースは、LifeTouch Note用のものを流用していた。まあ用は足りたのだけれど、せっかくなのでジャストサイズのものが欲しいと思い、秋葉原で物色。
 ただ買ったのが、東芝の海外向けの機種(AT7-B)なので、専用で販売しているケースがなかった。汎用のもので妥協するかと思っていたのですが、Digio2(ナカバヤシ)が販売しているnexus7用のケース(TBC-NX71303)がぴったりだったのでこれを買う。
 止め具やフックのような装飾はないが、逆にシンプルだしカバンに入れて持ち歩くにはこれでちょうどいいと思う。かさばらないし。

 しかし、私にとってはナカバヤシは手帳や文房具のメーカーというイメージだったのですが(お笑い芸人ロザンと開発したロジカルノートを販売しているのもナカバヤシ)、Digio2ってナカバヤシのブランドだったんですね。

ナカバヤシ|[タブレット用薄型軽量スリップインケース] :
http://www.nakabayashi.co.jp/product/new/item.html?mode=view&product_id=207

【ナカバヤシ(nakabayashi)】NEXUS7(2013)用スリップインケース サーモンピンクブルー TBC-NX71303BL

2015年1月15日 (木)

実はスマートフォンだけでなくタブレットも買った

【前回までのあらすじ】

 SIMなしのスマートフォンを買ったことを奥さん(ただし#架空嫁)に怒られた木の葉燃朗。説明して、呆れられながらも一応許しを得たのだが……

「ちょっと待った。そこにあるのは何?」
「こ、これは、スマートフォンをこすると、でっかくなっちゃったー」
「マギー審司か!」
「いだい、いだだだ……」(左腕に関節技を決められるわたし)

 もちろん、スマートフォンが手品ででっかくなったわけではなく、タブレットです。

20150111tab

 話は1月3日(土)に遡る。秋葉原を歩いて、当初の目的であったSIMなしのスマートフォンを購入し、その後もパソコンショップやパーツショップをぶらぶらしていた。その中でどうにも気になったのが、じゃんぱらで販売されていたタブレット福袋。福袋といっても、中身は分かっていて、どちらかというと新春セール。内容は、東芝の海外向け7インチタブレット。以前タブレットやスマートフォンをネットでチェックしていた時に見ていたので、だいたいどういうモデルかは分かっていた。

 何店舗かで見つつ、買うつもりはなかった(スマートフォン買ったし)。しかし、価格と性能を考えて、買うチャンスはないかもと思って買う。欲しいと思った時に思い切って買う! これが2015年の目標! そして帰ってから、ネットで同じくらいの価格で買えることを知るが、後悔はしない!

 海外向けなので、いくつか設定が必要。使用言語は最初に日本語にすれば問題はない。ちょっと悩んだのは、日本語入力が出来ないこと。これはgoogleストアで日本語入力ソフトをダウンロードして解決。なぜかRadikoがインストールできないとか(海外向けの機種だから?)、元からインストールされているアプリに外国語のものもあって、必要性が分からなかったりとか、若干気になる部分はあるが、快適に使えています。それまでのAndroid端末がバージョン2.2で、インストールできないアプリもあったので、最新のアプリがほとんど使えるのは嬉しい。
 キーボードは、フリック入力は私には不便なので、qwertyキーボードで入力している。7インチタブレットなら、スマートフォンよりは打ちやすい。まあ、Lifetouch Noteの物理キーボードの方が圧倒的に打ちやすいですが、それは用途によって使い分けかなと思う。

東芝TOSHIBA Tablet AT7-B618【1年保証】 【新品送料無料】【東芝タブレット】7インチ,デュアルコア・タブレット,8GBフラッシュモデル名:AT7-B618,7インチ,Android 4.2.2,】

2015年1月12日 (月)

ついにスマートフォンを買う(SIMなしですが)

sumapho01

「なんで折りたたみ式のガラケーなんですか?」
「ふん! チミたちみたいに、一日中スマートフォンをいじっている機械の奴隷と一緒にしないでくれたまえ!」
「なにぃ! 貴様我々を愚弄するのかっ! 表へ出ろ!」
「上等じゃーい!」
♪テンテンテンテン テケテンテンテン

 みたいなやり取りを幾度となく経てきた俺ですが(なにこれ)、このたびスマートフォンを買いました。

 ソフトバンクの、SHARP製AQUOS PHONE 205SH(http://www.sharp.co.jp/products/sb205sh/)です。

sumapho02

「あれ、あなたソフトバンクじゃなくてワイモバイルじゃないですか?」
「ふん! DDIポケット時代からのユーザーだから、メールのドメインはpdx.ne.jpなのだ。チミたちみたいな新参者と一緒にしないでくれたまえ!」
「なにぃ! 貴様我々を……

 もういいかこの流れ。そう、買ったのは秋葉原の中古の携帯電話、スマートフォン専門店のRmobile(http://used.prins.co.jp/shop/r_akihabara/)。機種も、2013年発売のモデルの未使用品です。それが使えるかというと、使える。
 もちろん電話とかソフトバンクのアドレスでのメールは出来ないけれど、無線LAN(今はWi-Fiと呼ぶことが多いか)でネットにはつなげるし、Android4.1が搭載されているので、最近のアプリはほとんど使えるし、電池の持ちもいいし、ワンセグもあるし、私が使うには十分です。通話とメールは、これまでどおりPHSを使えばいいのだし(そもそもPHSで通話やメールをすることはほとんどない)。

 そして、もしもWi-Fiがつながらない場所でも、PHSがつながれば、PHSでデザリングして(PHSの回線を使って)スマートフォンをネットに接続させることもできる。こんな使い方をする人はほとんどいないでしょうが。

sumapho03

 これまではNECのLifetouch Note(Android2.2搭載、キーボード付の端末)を持ち歩いていましたが、さらに軽いので楽。キーボードがないと長文を打つのは不便ですが、これは用途によって持っていく機種を変えたらいいかなと。

 初売り特価でかなりお買得の値段だったので、これはいいものを買ったかなと。

 奥さんには怒られましたが。

「それなに?」
「これは、スマートフォンという機械でして……」
「そんなことはわかっとるわい! なんでスマートフォンを買ったのかって話よ。毎月の接続料はどうすんのよ」
~ひとしきり説明~
「ということで接続料はかからないし」
「じゃあWi-Fiなかったら使えないじゃん」
「それは、PHSの回線を使ってつなげば」
「昔のインターネットか!?」

 まあ、 #架空嫁 ですが。

【未使用品】【softbank】AQUOS PHONE ss 205SH[シルキーピンク]【スマートフォン】【スマホ】【携帯電話】【白ロム】

2014年12月30日 (火)

2014年の今も、「パソコンが遅くなったらメモリ増設」は変わらない

・買った:D3N1600-L4G (PC3L-12800対応 204Pin DDR3 SDRAM 4GB)

BUFFALO PC3L-12800対応 204PIN DDR3 SDRAM 4GB D3N1600-L4G

 パソコン用のメモリを買う。メモリっつても、USBに差して機密情報持って帰って無くして偉い目に遭う方じゃないぞ(なんだその例え)。パソコンの中にあるパーツね。ご存じない方は、取りあえずメモリがたくさんあればたくさんの作業が同時にできるとお考えください。ちなみに作業が早くできるかどうかはCPUの性能と関係ある。

 私は今年の3月に、それまで使っていたWindows XPのパソコンから、エプソンのコンパクトタイプのデスクトップ(http://shop.epson.jp/pc/desktop/st170e/)に買い替えた。その時にメモリの容量は自由に選べるのだが、搭載メモリを2GBにしていた。OSが32bitのWindows7だったので、4GBまでしか認識しないし、2GBでも大丈夫だろうと判断したわけですな。
 結果、あんまり大丈夫じゃなかった。最初は動作も機敏だったのですが、色々ソフトをインストールすると、それだけメモリは使うわけで、徐々に動きが悪くなる。webブラウザとテキストエディタしか起動していないのに動かないとか、そんなことが頻発。むう、やはり標準のメモリの要領が4GBだったのは正しかったのだ。

 ということで、適合するメモリを注文。デスクトップPCですが、小型タイプなので、メモリはノートPC用のS.O.DIMMを使っている。ということでメーカー品を。届いたものを早速増設。メモリスロットは二つあって、ひとつはすでに2GBがセットされているので、もうひとつに4GBをセット。ちなみに、パソコンの中を開けての作業ですが、一応これくらいのことはできる。秋葉原のパソコン屋で10年働いていたので(事務所だったけれど)。
 実装したメモリは6GB(2GB+4GB)で、使えるのは3.5GBくらいだけれど、やっぱりメモリの領域が2倍くらいになったので、普段の使い方ではまったく問題がないレベル。というか、素直に4GB搭載で注文しておけばよかった。

2014年12月27日 (土)

「HP Stream 11-d000」を買おうかどうか悩み中

icon icon

 HP(ヒューレット・パッカード)から出た新しいノートPCが気になっている。「HP Stream 11-d000」という11.6インチのタイプ。
 まず、価格が25,800円というのが惹かれます。とはいえつくりがチープなわけではなく、バッテリーは8時間15分持つし、厚さ19mm、重さ1.26kgなので持ち運びには許容範囲のサイズ。
 メモリが2GBで増設できないとか、記憶装置が32GB(eMMC)とか、使い方によっては足りないと感じる部分もあるかもしれない。メインのPCとして色々な用途に使うにはちょっときついかも。でも、私はwebサイトを見ることができて、テキストを書ければよいので、十分かなと思っている。デザインもいいし。
 あとは、他に買った方のレビューを待ちたいなというのと、最初のロットに不良がなければいいなということ。でもいち早く欲しい思いもあり、どのタイミングで注文するか考え中。

持ち運びに最適なライト&スリム最新ノートPC(2014)日本HP HP Directplus :
http://h50146.www5.hp.com/directplus/personal/promotions/notebooks/2014stream11_d000/

HP Directplus オンラインストア

2014年12月16日 (火)

PHSをWX12K(京セラのフィーチャーフォン)に変更

WX12K【Y!mobile】

 そういえば、9月にPHSを機種変更しました。京セラのWX12K。

・WX12K|ケータイ|製品|Y!mobile(ワイモバイル) : http://www.ymobile.jp/lineup/wx/12k/
・WX12K | 京セラ : http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/wx12k/

 2年前に機種変更したLIBERIOは、特に故障や不具合もなかったのですが、たまたまワイモバイル(元Willcom、更に辿ると元DDIポケット)のカタログを見ていたら、よりスペックの良さそうなフィーチャーフォン(ガラケー)が見つかったので。

 LIBERIOに機種変更したときに、どちらにするか迷ったのが京セラのCasablanca(カサブランカ・WX05K)だった。このWX12Kは、おそらくカサブランカから段階を経て進化した機種だと思うのだけれど、LIBERIO2とかHONNY BEEとか、他の機種に比べてもスペックが良かったし、LIBERIOの端末代も払い終えたし、思い切って機種変更した。使ってみての印象を。
 あ、その前に、

※注意※

 ワイモバイルショップで機種変更をすると、オプションサービスへの加入を求められた。指定されたサービスに加入すると、頭金0円。加入しないと3,000円くらいかかる。いらないサービスだったので、はじめは加入しないで頭金を払うつもりだった。しかし最後に気になって、
「この頭金って、分割払いに割り当てられるの?」
 と聞いたら、
「いや、別です。分割払いの金額は同じです」
 とのこと。そして、オプションサービスは加入初月は無料で、無料のうちにオプション解除しても構わないとのこと。
 じゃあということで、オプションサービスに加入する。そして、電話機を受け取ってすぐにオンラインにつないで解除手続きをする。

※ということで、オプションは即解約する前提でも加入した方がいいです。変な話ですが。

 しかし、店頭で電話機を購入すると、ワイモバイルショップでもそうでなくても(家電量販店などでも)、すぐに解約しようとどうしようと、特定のオプションに加入を求められる模様。もしかしたら、オフィシャルのwebショップだと不要かもしれない。
 おそらく、ショップにノルマが課せられているのでしょう。しかし、加入即解約されたら、実際にはそのオプションは利用されていないことになる。そうなると、そのオプション加入数なんて、水増しみたいなもの。こういう架空みたいな数字がビジネスのあれこれを決めているとすると、本当にインチキくさいね。

 と、ビジネスモデルに疑問を呈したところで、話はWX12Kに戻ります。これまで使ってきたのが、W-ZERO3、WILLCOM03、LIBERIOなので、それらとの比較を中心に。

続きを読む "PHSをWX12K(京セラのフィーチャーフォン)に変更" »

2014年10月 7日 (火)

【ポッドキャスト】PHSを機種変更した話を、しゃべる帰り道(20140907)

 PHSを機種変更した話を、しゃべる帰り道。

WX12K | 京セラ : http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/wx12k/

WILLCOM WX12K White×Gold

2014年9月10日 (水)

Lifetouch Note「後」のモバイル端末を考える

日本電気 LifeTouch NOTE NA70W/1A ピアノブラック LT-NA70W1A 今、日常的に持ち歩いているモバイル端末は、3年位前に買ったLifetouch Noteです。NECが2011年に発売したキーボード付のAndroid端末。これは珍しい上に私の用途にはぴったりなので、ほぼ常に持ち歩いている。用途というのは、まずテキストファイルが書けて、ネットに接続して調べものしたりニュース読んだりというもの。

 ただ、最近若干調子が悪くて、そもそもAndroid OSのバージョンが古いので(バージョンアップにも対応していない)、最近の色々なアプリが使えなかったりする。

 ということで、今後同じような端末を買おうかと思っているのだけれど、ないのですよこれが。欲しい端末の内容としては、

  • キーボードが必要
  • サイズは小さい方が良い。5インチ、7インチなど。10.1インチくらいが上限
  • OSはWindowsでもAndroidでも

 くらい。

続きを読む "Lifetouch Note「後」のモバイル端末を考える" »

2014年9月 6日 (土)

Y!mobile(ワイモバイル・旧Willcom)の「スーパーだれとでも定額」に契約変更

LIBERIO WX03K WILLCOM [レッド]

 結論を先に書いておくと、「携帯電話やインターネットのプロバイダなどは、料金上がってサービスが増えるキャンペーンとか新規契約獲得のための宣伝はするけれど、既存の利用者がランニングコストを抑えることができる新サービスはまず自分たちからは言わないよね」ってことです。

 私の携帯電話は、2000年の会社がDDIポケット時代に契約して、Willcom(ウィルコム)、Y!mobile(ワイモバイル)と会社が変わってきましたが、ずっと同じ電話番号、メールアドレスでPHSを使っています。メールアドレスなんてドメインが @di.pdx.ne.jp だぜ。pdxってのは、PメールDXというメールサービス。

 まあ、そのあたりの昔話は置いておきましょう。

 2年前にWILLCOM03(Windows Mobileを搭載した早すぎたスマートフォン)からフィーチャーフォンのLIBERIOに変更して使っている(※)。

※機種変更した当時の無駄に凝っている記録はこちら
久々の機種変更で、キーボード付WILLCOM03からフィーチャーフォンのLIBERIOへ: 木の葉燃朗の「本と音楽の日々」アーカイブス :
http://konohamoero-archives.seesaa.net/article/387287801.html

 ただ、最近基本料が高いなあと思っていた。
 「新ウィルコム定額プランS」というプランに加入していた。これは、

  • 基本料1,381円(税抜)
  • Willcom同士が通話無料(他社には通話料かかる)
  • メールは無料
  • パケット通信は上限2,667円(税抜)

 というもの。これに本体の購入代金の割賦分とか、一部オプション料金とかで月6,000円弱(税込)かかっていたんです。まあべらぼうに高いわけではないが、通話はほとんどせず、PHSでwebブラウザを見る機会も減った今、ほとんど使わなくても6,000円はちょっとね、という。

 それで、ウィルコムがワイモバイルになったことで、新しい料金プランが発表されていた。その中に「新ウィルコム定額プランS」(その他、現行のフィーチャーフォン向けプランにも)にオプションでつけられる「スーパーだれとでも定額」というのがある。これは、

  • 月額1,500円(税抜)
  • 国内電話は携帯電話も固定電話もIP電話も通話料無料
  • メールは無料
  • パケット通信無料

 というもの。ここで個人的にポイントなのは、パケット通信2,667円が支払い不要ってこと。だから、

   「新ウィルコム定額プランS」+「スーパーだれとでも定額」
    = 1,381円 + 1,500円 = 2,881円(税抜)

 で今までと同じような使い方ができるってことだな。あわせて本体の24ヶ月割賦も終わるので、税込でも3,500~4,000円くらいに収まるのではないかと期待している。

※ただし、これはあくまでフィーチャーフォン向けのサービス。スマートフォン向けにも「スーパーだれとでも定額」はありますが、こちらは通話料無料のみ。データ通信量はプランに応じた月の制限があります(制限を越えると速度が128kbpsに落ちる)。

 まあ、モバイル環境についてはちょっと考えていることもあるのですが、とりあえずワイモバイルはそのまま契約しておこうかと思います。

Yahoo!検索

  • Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索
    • このサイト内を検索

プロフィール

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

無料ブログはココログ