日記

2017年4月14日 (金)

多様性こそ面白さ

なんとなくぼんやり考えていたけれど、私はまず面白いラジオ番組が聴きたいんだよね。ラジオと言えばメールがセットのように思えるけれど、パーソナリティの人が曲もメールもなく、ひたすら1時間フリートークして、それでもリスナーとのコミュニケーションがあって面白ければそれで構わないと思っています。

ただ、ラジオの醍醐味は送り手と聴き手のコミュニケーションだと思うので、送り手が一方的に発信するのは、それはテレビとか他のメディアに近いコンテンツになると思う。ということで、コミュニケーションの手段として、番組へのハガキがあり、FAXがあり、メールがあり、SNSがある。

それで、私もリスナーの一人としてメールをお送りしているわけですけれど、私の場合は送りたいから送っているんですよね。せいぜい、なんらか番組に貢献できればいいと思って。だから、自分のラジオネームを読んでもらって、採用してもらうことだけが目的ではない。
もちろん、「多く採用してもらって、名を知られたい」とか「ゆくゆくはラジオ業界に携わりたい」という考えもいいと思います。でも私は、スポーツに例えるなら、そうした、例えればプレーヤーとしての高みを目指すのではなく、アマチュアで続けながら一流の才能を応援していきたい。

もうひとつ。私が時々ラジオにメールを書くことについて書くのは、「メールを送ることのハードルを下げたいから」という思いがあるので。リスナーとしての感覚では、「メールを送る人が多いほど、ラジオは面白くなる」と思うのです

「面白さ」って、私は多様性だと思うんですよね。年齢や性別や色々がバラバラな人が、同じ時間を笑って共有する。普通に生活していると、こういう場は実なかったりする。いろんなメディアにその可能性はあると思うけれど、ラジオもそうなのかなー、そうだといいなーと、いちラジオ好きとして思う。

2017年4月 8日 (土)

自分の好きは、すべからく偏愛であろうというお話

Lgi01a201404280400著作者:free vector graphics

年度末は、色々な賞が発表された時期。

人によって、結果に納得できたりできなかったりしますわね。

私は、どんなジャンルであれ、賞を受賞するものは「最大公約数」的なところがあると思うんです。あとは、賞を与える側の色々な思惑もあるだろうしね。
だから、自分自身の「偏愛(敢えてそういう表現をしてしまいますが)」と合致しないことが多いのは当たり前だと思って、自分は自分が好きなものを好きだと思えばいいし、口に出してそう言ったらいいんですよね。

難しく考えても仕方ないので、自分が好きだ、面白いと思うものを大切に応援していく。そのものに(SNSとか口コミで)言及して、できればお金も出して(関連商品買ったりイベント行ったりして。クラウドファンディングがあるなら参加するのもいい)。
私はこれまでそうして来たつもりだし、これからもそうしていくつもりです。

2017年1月 2日 (月)

カズがボールを追うように、イチローがバットを振るように

2017年の目標のようなものを書いておこうと思います。

歳を取ってくると思うのは、スポーツ選手でも、エンタメの方でも、「やめない」ことのすごさ。もちろん、好成績を残すとか、人気を博すとか、そうしたことにも価値はあります。しかしそれらを経て、なお続けることはすごいことだと思うのです。

私はサッカーでは三浦知良選手(カズ)が好きなのだけれど、一番尊敬するのは現役にこだわるところ。カズくらいのキャリアと蓄積があれば、たとえ引退してもある程度はご自身がやりたいことをやれるはず。サッカーに関わる仕事でも、それ以外の仕事でも。なんなら世界中を旅して、焼き物とか作っちゃったっていいわけですよ
でも、カズが一番やりたいのは選手としてサッカーをすることで、だから現役を続けているんだろうなあと思う。

野球ならイチロー選手もそうで。イチロー選手は記者会見の発言などで、あえて真意をそのまま話さない場合もあるのだけれど、野球が好きで、特に様々な技術を身に付けて試合の中で発揮しようという気持ちは強いのだろうなあと

私はお二人のようにプロではないけれど、「やりたいことをあきらめずにやる」ということは続けていきたい。幸い、私がやっていることは、体の衰えがあまり影響しないことでもあるし(それでも、「体がついていかねえ」と思うこともあるけれど)。

あと、スポーツのたとえで言えば、「自分はあくまで応援団である」ということは忘れないようにしておきます。主役がいて、私の役割はその主役に輝いてもらうこと。そこを勘違いし始めると、ダメだと思っているので、これは常に自分に問いかけたい。

2016年12月31日 (土)

振り返れ! 2016!

なんだか、どたばたとしているうちに2016年も終わりかけています。
「自分用にちょっと振り返るか」と、手帳をめくりながら思い出しています。
出かけたイベントの記録くらいになっているので、他の方が読んでも面白くないかもしれませんが。

振り返って思うのは、「興味深い出会いの多い一年だった」ということです。
ラジオなどを通じて好きになったパーソナリティの方もそうですし、同じ方を好きという共通点でお知り合いになったみなさんもそうですし。
人間、歳を取れば取るほど、出会いは少なくなると言われますが、そんな中でも新しい方とお知り合いになれるのはありがたいことです。

2017年の抱負は、2017年になったら書きましょうかね。

よいお年をお迎えください。


1月

・ローダンセ元日コンサート、「のんのんびより」イベント、「ゆるゆり」イベント(「七森中 がくえんさい」 )、「わかばガール」イベントなどに参加。
・前年末の結膜炎の後遺症でかすみ目になる→治る。

2月

・上坂すみれさんライブ、マリコレライブ、「てさプルん」イベント、ナイスコンプレックス公演「キミが読む物語」(阿澄佳奈さん、田上真里奈さんなど出演)、かと*ふくワンマンライブなどに参加。
・マリコレライブに初めてのスタンドフラワーを出す→色々過剰で、色々な方に苦笑いされる。

3月

・ゆるゆりライブイベント「七森中 はっぴ~ぱ~てぃ~」、長縄まりあさんゲストの「美佳子@ぱよぱよ」公開収録などに参加。
・病院に通い始める。

4月

・「ミラクルなガールズのフェスティバル」、「HATSUNE MIKU EXPO 2016 Japan Tour」、「能登麻美子おはなしNOTE」イベントなどに参加。
・「上坂すみれの文化部は夜歩く」に送ったロゴが、産経新聞の番組広告用に採用される。
・ラジオ「A&G GIRLS BEAT♪Queenty」が始まる。土日に早起きになる。

5月

・「ラ・フォル・ジュルネ」(クラシックの音楽祭)、「これでさいごだよっ! ワグナリア~初夏の大大大大感謝祭」(ライブビューイング)、「あどりぶグランプリ」などに参加。

6月

・「儀武ゆう子SUN」イベント、「シュヴァルツェス マーケン」イベント、「灰と幻想のグリムガル」イベント、まんがタイムきららフェスタなどに参加する。
・まんがタイムきららフェスタで、アニメ「ステラのまほう」の主演が長縄まりあさんと情報解禁されたのに立ち合い、現地で「わー!」と大声で喜ぶ。
・ひとつ歳を取る。

7月

・セハガールライブ、「無彩限のファントム・ワールド」イベント、「めっちゃすきやねん」ライブなどに参加する。

8月

・人生初の「アニメロサマーライブ」に参加する。
・映画「君の名は。」を公開初日(アニサマ参加直前)に見る。

9月

・「シンデレラガールズ」4thライブ(ライブビューイング)、「初音ミク マジカルミライ2016」、「三者三葉」イベント、「Queenty」公開収録、「あんハピ♪」イベントなどに参加する。

10月

・映画「RWBY vol.2」、高橋未奈美さんゲストの「美佳子@ぱよぱよ」公開収録、「田中くんはいつもけだるげ」イベントなどに参加する。
・アニメ「ステラのまほう」先行上映で第一話を見る。感激して泣く。
・アニメ「ステラのまほう」テレビ放送の第一話を見る。感激して泣く。

11月

・Trefleラストライブ、「アニ×ワラ」、「SSちゃんねる祭り」などに参加する。
・「桜Trick」オールナイト上映で、久々に徹夜。

12月

・映画「RWBY vol.3」、ANIME JAM、Wake Up, Girls!Festa. 2016 SUPER LIVE、上坂すみれさんライブなどに参加。
・年末に胃腸炎で二日間寝込む。
・それでもなんとか一年は明けていくのです。

2016年12月29日 (木)

年末は体調不良とともに

毎年年末になると体調を崩す私。

2013年はウィルス性腸炎。
2014年はインフルエンザ。
2015年は結膜炎。

でも、今年はなんとか健康で、「よーし、乗り切ったぜー! 無病息災!」と思っていたのですよ。「思っていた」のですよ。

実はこの二日間、胃腸炎で寝たきりになっていました。
いやあ、熱が39度まで上がったのって、インフルエンザの時でもなかったんじゃなかろうか。

今、ようやく起き上がって、ブログを書けるくらいにはなりました。

行くはずだったイベントは行けなかったし、コミケも31日に企業ブースだけ行くことになりそうですが、とにかく年内に体調が戻ってよかった。

2016年8月23日 (火)

「次がある」ということ

何事も、「次がある」というのは本当にそうなので、あまりあせる必要はないと思っています。

ただ、それにあまり甘えると後悔していしまう。

商品やサービスは、導入期→成長期→成熟期→衰退期というサイクルで流れていく。

導入期や成長期の「次がある」は、本当にチャンスがある。
ただ、怖いのは成熟期。「次がある」と思っていると、「結果的にそれが最後だった」と、後になってから気付く。成熟期って表面的にはいい状態に見えるので、多少の失敗はものともしないように思ってしまうけれど、実はゆるやかに衰退している(本当にゆるやかだと、いわゆるマンネリに近い感じ方もする)ので、「大丈夫、大丈夫」って思ってしまうんだよねえ。

だから、後悔はしないけれど、油断もしないで、甘えないでいくしかないのかな。

2016年8月12日 (金)

ニッチでマニアックな愛に意味がある #C90

コミックマーケット 90 カタログ

今年の夏のコミケは、体調の問題と仕事の都合があって、13日(土)に企業ブースを回るくらいの参加になりそうです。それも、早くから行列に並ぶわけではなく、昼頃にのんびり東京ビッグサイトに着いて、買えるものを買おうかなと。

それでもコミケの現地には足を運びたい。それは、「あらゆるジャンルの物事を愛する人がいる」ことを実感できるから。自分がまったく知らないジャンルでも、その熱気を感じるとなんとなく元気になる気がする。

特に、「これが好きな人は世の中に何人くらいいるのだろう」というくらいニッチでマニアックなジャンルで出展している人の元に、そのジャンルが好きな人がやってきて本なりCDなりを買う。その、需要と供給が一致する瞬間は、なんだかすごくいいと思う。

コミックマーケット公式サイトへようこそ
http://www.comiket.co.jp/

2016年4月 1日 (金)

ご報告:ちょっとの間活動休止

「活動休止」って、私はユニットかなにかか(笑)。

冷静に考えると、わざわざ書くほどのことでもないのですが。

ここ一年くらいは、主にラジオのリスナーとか投稿者として色々やってきました。
「木の葉燃朗」としては、他にもあれこれと、なんだかんだで15年くらい。

そんな感じで、ちょうど節目だし、ここらでちょっとお休みしようかなと。
ちょっとだけ。

ぶっちゃけ私もいい年なので、特にこの一年は、色々駆け抜けて、ちょっと疲れたのは事実(笑)。

まあ、仕事じゃないのだし、休むもなにもないのですけれどね。

でも、ツイッターでつぶやかなかったり、ブログの更新をしなかったりしても(最近はあまり更新しなくなりましたが)、元気ですので。それはあらかじめお伝えしておいた方が良いかと思って。

あと、辞めるのではなくて、休むだけですので。充電できたら戻ります。

そんな感じです。














まあ、エイプリルフールのネタなんですけれども。

多分、18時間くらい充電して、即復帰かなと思います。

2016年2月27日 (土)

その青春は一回しか来ない。でも青春はたったひとつじゃない。

例年、2月や3月に鬱々とすることはないのですが、今年はちょっと来ています。
「始まる4月」に対しての、「変化する、終わる3月」って、なんとなく息苦しくなる。

特に今年は、ラジオを再び聴くようになってからの、本格的な3月→4月を迎えるのも関係あるのかも。去年も同じ頃、改編の時期に聴き始めたばかりの番組が終わって、寂しい思いもしたのですが、今年はその不安が更にある気はします。

それが関係あるかないか、アニメ『ゆるゆり』の曲を聴くことがあって、どの曲も名曲で、そして「かけがえのない青春」っていうテーマが共通してあるんだろうなあと思う。

私もそろそろいい塩梅の年齢になってきたので、これは実感として感じているのだけれど、中学生の時、高校生の時の青春は、その時一回しか来ない。あとから追体験したくてもできないし、もし追体験ができたとしても、それはやっぱり追体験なんだよね。だから、行動するかしないか迷った時は、行動しておいた方が良いのかなと思う。

ただし、もうひとつ、年とって実感していることがある。

青春はたったひとつじゃないし、青春は若い頃だけのものじゃない。

これは、高校生とか大学生の頃には分からなかったこと。たぶん、自分が学生の頃は、「勤め人になったら、今みたいな生活はできないんだろうなあ」と思って切なくなっていたことがあった。で、実際に勤め人になってから1年くらいは、余裕はなかった。

でも、その時期を一生懸命駆け抜けていれば、仕事にも慣れるし、自分で稼いで使えるお金もちょとずつ出てくる。そうしたら、昔とは違った形の「青春」が経験できるようになる。

これは気休めでも強がりでもなくて。

だって、30代になってから、生まれて初めてサイリウム振るようになるとは思わなかったし、同じように30代になって、イベントにお花贈るとも思わなかった。
そしてそれはラジオや声優さんに夢中な今だけじゃなくて、20代の頃に三日に一回くらい都内のライブハウスで音楽聴いていた頃とか、一年くらいWEBサイトに文章書かせてもらって、ムックにも原稿載せてもらったりとか、週末に定期的にスタジアムでフットボール(サッカー)観戦していた頃とか、クラシック音楽聴いたり、文房具を買っては使い倒したり(その方面で本名&顔写真入りで雑誌に載ったこともあったw)、「たほいや」などのゲームに夢中になっていたり、全部が全部、その時その時が大切だった。

たぶん今、「燃朗さん青春してますか?」と聞かれたら、恥ずかしいけれど「してるね」と言えると思う。というか、ある程度年をとっても「青春してる」と言える人がいることが、自分より若い人を勇気付けたり元気付けたり出来るのなら、積極的に言って行きたい。ちょっと先に生まれたものとして。

最後に、そのために大切なのは、忙しかったり大変だったりする時は、自分が大事にしている物事は「一旦しまう」ことかなと思う。捨てちゃうんじゃなくてね。

2015年11月 9日 (月)

『「ゲーム・シンフォニー・ジャパン」セガ・スペシャル・コンサート』に行く(20151010日記)

10月10日(土)

megadriveT

●出かけた
・「ゲーム・シンフォニー・ジャパン」セガ・スペシャル・コンサート@東京芸術劇場
 セガのゲーム・ミュージックを演奏するコンサート。第一部が「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」。第二部がセガの名作ゲーム音楽。第三部が「NiGHTS into dreams...」のオープニングからエンディングまでを音で再現(交響組曲のようだった)。
 セガ・ハード・ガールズのメンバーもMCやナレーションで参加し、更には歌とダンスでも参加。
・「ハロハロナリヤンス音頭(「ルーマニア」の「ネジタイヘイ」ことかがわの水割さんとのコラボ)
・「檄!帝国華撃団」(途中のセリフはセハガール仕様)
・「若い力 -SEGA HARD GIRLS MIX-」
 これが、2,000人規模のホールで、オーケストラとバンドと合唱とともに歌われたのは感動ものだった。
 コンサート全体も、名曲ぞろいで、世代的に良く遊んだゲームの曲も多くて、楽しかった。
Game Symphony Japan -GSJ 14thConcert- AIM VILLAGE
http://gamesymphony.jp/concert/2015/14th.html

●買った@iTunes Store
・OToGi8「赤頭巾ちゃん御用心」/「カラフル☆DRIVE」
 三上枝織さんの「Lady Go!!」最終回で聴いた「カラフル☆DRIVE」が印象的だったので、「赤頭巾ちゃん御用心」(影山ヒロノブさんが在籍していたバンド「レイジー」のカバー)とともに配信で買う。
 OToGi8については昔ちょっと調べたけれど、「超!A&Gミュージック+TV」のパーソナリティだった三上枝織さん、井澤詩織さん、原紗友里さん、大久保英恵さん、浜崎奈々さんと、アフィリア・サーガ・イーストのルイズさん、ユカフィンさん、ミクさんのユニット。CDは2010年リリース。
OToGi8|FlyingDog
http://www.jvcmusic.co.jp/flyingdog/-/Artist/A023193.html

●買った@Amazon.co.jp
・アレッポの石鹸 200g
・LIFE STYLE マルチビタミン&ミネラル
 いつものサプリメントと石鹸。

#とうとう、「Lady Go!!ホワイトちゃんねる」でのリピートも全曜日終了(ダイジェスト版の「帰ってきたLady Go!! Sunday」は10月末まで)。でも、5人ともそれぞれ新しい番組のパーソナリティを務めているし、これからも応援できるって、幸せなことよ。
 俺も年だけは取ってきたので、色々な人の引退とか、グループやバンドの解散とか、そういうのにもファンやリスナーとして立ち会ってきました。そういう、「終わって、終わってしまう」ことと比べたら、「始まるための終わり」というのは、どれだけ希望があることか。
 急に色々思い出す。2008年に倉橋ヨエコさんのラストライブに行ったこととか(もう7年前だ)。もっと昔の1990年代、COCOとかribbonとか、アイドルが好きだった中学生から高校生の頃とか。そして、アイドルに興味がなくなりつつあった頃に、声優さんに興味を持ち始めたのだった。

より以前の記事一覧

Yahoo!検索

  • Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索
    • このサイト内を検索

プロフィール

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

twitter

無料ブログはココログ