ラジオ

2018年4月30日 (月)

2018年4月新番アニラジレビュー(2):「暗転モノローグ ~もし声優生田善子が高校演劇マンガの原作者をやったら~」で知る高校演劇の様々 #anepi

2018年4月開始のアニラジの中から、聴いている番組を、一番組ずつ紹介します。現時点で放送期間が決まっている(基本的に放送期間が三ヶ月のアニメ作品のラジオなど)を優先的に。

【番組名】 暗転モノローグ ~もし声優生田善子が高校演劇マンガの原作者をやったら~
【パーソナリティ(敬称略)】
 生田善子 aptepro.jp/talents/y_ikuta.html
【放送局】 文化放送超!A&G+ http://www.agqr.jp/
【放送日時】 毎週土曜日14:30
【アーカイブ配信など】
【番組URLほか】 暗転エピローグ 公式twitter https://twitter.com/Anten_Epilogue
ハッシュタグは #anepi

「暗転エピローグ」は、生田善子さん原作、Tivさんキャラクターデザイン、パインさん画の漫画。テーマは「高校演劇」。生田さんが高校演劇経験者で、その世界を知ってもらおうというテーマもあって企画されたようです。

そしてこの番組は、「暗転エピローグ」、そして高校演劇について知ってもらおうという番組。生田さんの学生時代の思い出を語ったり、色々な学校の演劇部の活動を紹介したり、という番組です。

私の高校にも演劇部はあったけれど、大会に出場したりという活動があるのは知らなかったので興味深い。こういう、新しい世界を知ることができるって、いいよね。
生田さんは、これまで複数の方で担当された動画を見たことはあるのだけれど、ひとりしゃべりははじめて聴きます。「フリートークよりもエチュードの方が緊張しない」など、初回から結構色々なエピソードが登場して、これから楽しみです。

できれば、なんらかの方法でアーカイブが配信されるとありがたいですね。土曜14:30は、イベントに参加していると開演中の可能性が高いので。

|

2018年4月25日 (水)

2018年4月新番アニラジレビュー(1):『多田珈琲店でほっとひと息』は作品らしさを感じるラジオ #tadakoi #ただこい

【Amazon.co.jp限定】 多田くんは恋をしない 2(第2巻早期予約特典:アニメ描き下ろし「テレサ」フラットクリアファイル&ミニタオルセット 付)(全巻購入特典:アニメ描き下ろしイラスト使用B1布ポスター 引換シリアルコード)(イベントチケット優先販売申込券) [Blu-ray] TVアニメ「 多田くんは恋をしない 」エンディングテーマ「 ラブソング 」

2018年4月開始のアニラジの中から、聴いている番組を、一番組ずつ紹介します。現時点で放送期間が決まっている(基本的に放送期間が三ヶ月のアニメ作品のラジオなど)を優先的に。

【番組名】 TVアニメ『多田くんは恋をしない』多田珈琲店でほっとひと息
【パーソナリティ(敬称略)】
 ・梅原裕一郎 http://www.artsvision.co.jp/talent/294/
 ・下野紘 www.imenterprise.jp/data.php?id=43
【放送局】 インターネットラジオステーション<音泉>
【放送日時】 隔週金曜日配信
【アーカイブ配信など】 音泉のスマートフォンアプリの有料会員向けにアーカイブあり
【番組URLほか】 http://www.onsen.ag/program/tadakoi/
ハッシュタグ #tadakoi #ただこい

アニメ『多田くんは恋をしない』は、ほがらかな雰囲気があって、四月始まりのアニメの中では自分の好みにかなりあっていて、楽しみに見ています。
そのラジオも放送中で、気になって第一回を聴いてみました。

梅原裕一郎さんと下野紘さんがパーソナリティーで、毎回色々なキャストさんをゲストに迎えたり、お二人でお送りしたりしながら、作品を紹介していく番組。

第一回が中村悠一さんと宮野真守さんがゲストだったので、アニメ本編を超えるようなにぎやかな内容に。これが、すごく面白くて。
一転、第二回は中村悠一さんゲストで、ぐっと落ち着いた雰囲気に。

今後も、ゲストさんによって、どんな雰囲気になるか楽しみです。

落ち着いているけれどユーモアのある梅原さんと、真面目さからひょうきんさまで、色々なトークをする下野さんのコンビも、いいよね。

|

2018年4月 4日 (水)

ラジオへのメールに「●●」は必要かを考えてみる

最近思っているのは、

「ラジオに投稿するメールには、●●は必要ないのではないか」

ということ。

最近は、実際にそういうメールを送っています。それで採用してもらえた経験もあるので、やっぱり●●はなくてもいいのだと思う。あってもいいと思うけれど。

もちろん、●●がないとなんとなく落ち着かない感じもあるけれど、番組やパーソナリティによっては書いてあっても省略して読まれることもあります。私も省略して読んでもらって気が付いた。

特にコーナーはそうかも。でもふつおたでも、なくてもそんなに不自然じゃないのよね。

●●を省略すると、その分メールを読む時間が確保できて、読む量も増えるし、「もう一通読もう」という時に採用してもらいやすい気がする。中には、●●にこだわる番組もあるので、一概には言えないですが。

あ、●●は「質問」ではありません。

質問も、たしかになくてもかまわない場合もありますね。書いてあっても、他のメールとの兼ね合いとか、全体に流れでも割愛してもらうことがあるし。

でも今回は別のもの。みんな、「これは書かないと」と思って、わりと必須として書いているものです。


それはなにかというと、



……もったいぶらなくていいや。

あいさつ

ですわ。

「ラジオに投稿するメールには、『あいさつ』は必要ないのではないか」

コーナーは、特にそうだと思います。大喜利みたいなネタだけでなく、エピソード募集みたいなコーナーでも、いきなり本題でいいと思うんです。

で、ふつおたも、あいさつがなくても不自然ではない。生放送とか、パーソナリティにスキルがある場合は、時間内に収めるためにあいさつを割愛して読むこともある。

中には番組固有のあいさつもあるのだけれど、それも「あいさつが書いてないとダメ」ってわけでもないですし。

個人的には、あいさつ抜きで、本題が書かれたメールをポンポンと読んでもらう方がテンポがよくて好きです。もちろん、あいさつ込みでリズムが出来ている番組もあるので、そういう番組にはちゃんと書きますけれどね。

(追記:2018.04.05)

芸人さんのラジオだと、「あいさつでボケる」というのもありますよね。例えばパーソナリティが二人いらっしゃって、「一人をわざと違う呼び方をする」みたいな。それはあいさつも含めて本文なので、やはり書きます。

|

2018年3月21日 (水)

「ラジオへのメールに必要なのは、愛と勇気だ」とはどういうことか

ちょうど一年くらい前に、twitterにこんなことを書きました。

これは、ほとんどリアクションのない私のつぶやきにしては、それなりに反響をもらった。まあ、「なに言ってんのぷぷー」みたいなリアクションもあった。考え方は人それぞれなんで、いいんですけれどね。

それで、あれから一年以上経ったのですが、今になっても、やっぱり「ラジオへのメールに必要なのは、愛と勇気だ」という思いは変わらない。
ただ、たしかに「愛と勇気」って感覚的で、なんとなく分かる人にしか伝わらないよなあとは思う。なにより、自分自身も「愛と勇気だぜっ!」と言いつつも、「どういうことよ?」と思う。

思うので、ちょっと考えてみた。

※ただし、どこまで行っても個人の考え方でしかないので、「なに言ってんのぷぷー」と思う人はいるだろうし、それは思えばいいし、言ってもいい。直接メッセージとかリプラとかで言われたら、たぶん「なにー!」と思うので、直接俺には言わない方がいいですが。

あと、あくまで「『パーソナリティの方への』愛と勇気」ね。メールを読んでもらえる自分への愛(もっと言ってしまえば自己顕示欲)じゃなくて。これを勘違いすると、「自分はこんなに愛があるのに!」ってことになってしまう。「相手を愛する自分を一番愛している」というか。

という前置きの元、本題に入ります。


●愛とは?

「愛とは、興味・関心である」ってことだと思う。

例えば、初めてお名前を知った方が、いつも聴いているラジオのゲストに来られるのでメールしてみようかなと思って、ネットで調べた情報を元にメールを書いても、それはなんだか表面的なものになってしまうのですよ。
逆に、知っている方がゲスト出演されるので、初めて聴く番組にメールをしようと思っても、今度は番組の雰囲気がつかめなかったりもする。
そういう時、分かっている人のメールが採用されて、話が広がるのを聴くと「いいなー」と思う。

ただ、調べる中で、自分の記憶なり、知識なりと結びつくと(例えば「この作品に関わっていたのか」とか)、手ごたえのあるメールが書ける。気がする。
もちろん、知っている方や番組なら、より踏み込んだメールになる。

という意味で、「愛があった方がいい」と思うわけです。


●勇気とは?

「勇気とは、行動力である」

これも具体例を出すと、「メール急募! 明日の午前10:00までにメールください!」という告知が、前夜の21時に発表されるとします。
そのスケジュールがどうなのよという話は置いておいて、そこで「いやそれ無理ですわ」となるのか、「よし、いっちょ書きますわ」となるのか。

一般的な「勇気」とはちょっと定義が違うとは思いますが、やるべき時にできる行動力は大事かなと。

あと、そうした情報をつかめるかどうか、そしてあまり時間がない中でメールの内容が浮かんでくるかは、興味・関心にも関わってくるのかなと。

もうひとつ、本来の「勇気」に近い意味としては、純粋に、「こういうメールでもいいのかしら?」とか、「自分の文章は変じゃないかしら?」とか、心配は尽きないわけです。そこを思い切れるかどうかもある。
まあ経験上は、採用されるかどうかは別として、自分が嫌な気持ちにならないメールなら、送って恥を書くことはないのかなと。だから勇気を持ってメールをするといいのかなと。



……結局、書いてはみたものの、他の人に伝わるかは分かりません。でも、自分ではなんとなくすっきりした気はします。ので、このまま公開します。

|

2018年3月14日 (水)

2018年1月新番アニラジレビュー(10):「指出毬亜と河野ひよりの「り」系ラジオ」は、期待の新世代のコンビ #り系

 

2018年1月開始のアニラジの中から、聴いている番組を、一番組ずつ紹介します。現時点で放送期間が決まっている(基本的に放送期間が三ヶ月のアニメ作品のラジオなど)を優先的に。

【番組名】指出毬亜と河野ひよりの「り」系ラジオ
【パーソナリティ】
 指出毬亜(さしで・まりあ)
  プロフィール http://www.withline.jp/talent/?id=maria_sashide
 河野ひより(こうの・ひより)
  プロフィール http://www.withline.jp/talent/?id=hiyori_kono
【放送局】ニコニコ・ボイスガレッジチャンネル http://ch.nicovideo.jp/voicegarage
【放送日時】毎月第2・第4月曜日 20:00~20:30
      収録音声をニコニコ生放送で配信。
【アーカイブ配信など】
 チャンネル会員向けに、1ヶ月間限定のアーカイブ配信あり。
 同チャンネルにて、生放送配信後におまけ放送(動画)配信あり。
【番組URLほか】http://ch.nicovideo.jp/voicegarage
 twitterアカウント  @voicegarage_ch(ボイスガレッジチャンネルのアカウント)
 https://twitter.com/voicegarage_ch
 ハッシュタグ #り系

元々、指出毬亜さんのことを存じ上げていた。2017年10月開始の「田辺留依・指出毬亜のるい・まりあ~じゅっ」(超!A&G+)も見ていたし、バーチャルアイドルプロジェクト「HopStepSing!」の虹川仁衣菜役としての番組も見ているし。

それがきっかけで、2017年11月のプレ放送を見たんですね。本放送前に行われた、映像付きの生放送。ボイスガレッジチャンネルでは比較的恒例のパターン。

そこで、「音が出ない」というまさかのアクシデントが起きたのですが、それをジェスチャーで乗り切ったんですよね。その時、「この二人、いいコンビだし、面白いかも」と思って見始めたのがきっかけです。
二人とも発想がかなりユニークで、でも真面目で、二人は同じ事務所で同じ歳ということもあって仲もいいので、声優としてもパーソナリティとしても期待の新人さんという感じです。

おそらく番組開始時には決まっていたと思うのですが、指出さんは「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS」のエマ・ヴェルデ役、河野さんが「アイドルマスター シャイニーカラーズ」の小宮果穂役で、それぞれ新世代のラブライブ声優、アイドルマスター声優なので、これから更に楽しみです。

|

2018年3月10日 (土)

2018年1月新番アニラジレビュー(9):「おとじょ!!~近藤玲奈のポジティブドッジボール!~」で分かった、近藤玲奈さんの聡明さ #おとじょ

2018年1月開始のアニラジの中から、聴いている番組を、一番組ずつ紹介します。現時点で放送期間が決まっている(基本的に放送期間が三ヶ月のアニメ作品のラジオなど)を優先的に。

【番組名】おとじょ!!~近藤玲奈のポジティブドッジボール!~
【パーソナリティ】近藤玲奈

 プロフィール http://www.hirata-office.jp/talent_profile/woman/reina_kondo.html
 twitter https://twitter.com/reina_kondo
【放送局】インターネットラジオステーション<音泉> http://www.onsen.ag/
     ※音泉プレミアムサポーター限定番組
【放送日時】毎週火曜日更新

【アーカイブ配信など】
【番組URLほか】http://www.onsen.ag/program/otojo/
twitterハッシュタグ #おとじょ

「おとじょ!!」は新人女性声優さんが、「映像付き」、「30分カットなし」で収録するラジオ番組。生放送ではないけれど、生放送と同じように原則として編集はないという形式。
これまでに、赤尾ひかるさん、七瀬彩夏さんがパーソナリティを務め、三代目が近藤玲奈さん。

私が近藤玲奈さんを知ったのは、つい昨年のこと。アニメ『スロウスタート』の一之瀬花名役で、ニコ生に出演した時が一番印象的。
その時の印象は「ずいぶんと、すごい方が登場したものだ」という感じだった。言葉の選び方やセンスが独特で、不思議な感じの方なのかなと。

しかし、その後も『スロウスタート』のニコ生やラジオを見たり聴いたりしていると、「この人は頭がいいぞ」ということが分かってきた。自然科学系の単語もポンポンと出てくるし、独特ではあっても、話の内容は論理的で筋が通っている。そう思うと、『スロウスタート』の最初のニコ生は、近藤さんも相当緊張していたのだと思う。その緊張感が、一般とは異なる方向に表れていたってことなのでしょう。

ということで、「おとじょ!!」リスナーの一人としても見ています。独自のワールドが展開されつつも、話はちゃんと組み立てられているし、その時々のお題に対応していくアドリブ力はさすが役者さんだと思う。

|

2018年3月 8日 (木)

改めて、『相坂くんのリトマス紙』のどんなところが好きかというお話 #相坂紙

声優相坂優歌さんのラジオ『相坂くんのリトマス紙』で、相坂くんのアルバム『屋上の真ん中 で君の心は青く香るまま』の感想をハガキで募集する企画があって、私もお送りしていました。

採用してもらえたのですが、そこで「デザインになりそうな字」、「好きな字」と言ってもらえて、これは嬉しかったです。あまり、字を褒めてもらうことってないので。

ハガキの写真は撮ってあったので、このブログの最後にでも載せておきましょうかね。純粋な自分の記録用に撮影していたので、ぼやけていますが。


そういえば、改めて相坂優歌さんや『相坂くんのリトマス紙』について書いたことがなかった気がするので、せっかくなので少し書いておきます。

私が相坂くんの名前をちゃんと覚えたのが、2016年4月に始まった『相坂くんのリトマス紙』なんですよね。その前に、「透明な夜空」でアーティストデビューしたときに色々なラジオでトークは聴いていたと思うし、アニメ『えとたま』にウサたん役で出演したのは見ていて、『えとたま』のニコ生とか、2015年8月のイベント『干支繚乱祭』でも拝見して、お名前は知っていた。

そういう土台があったので、『リトマス紙』も聴き始めました。本放送(毎週火曜日16:00~16:30)は時間的に難しいのだけれど、一週間限定でアーカイブが配信されているのはありがたくて、毎週欠かさず聴いている。

その中で、すごく心をつかまれた印象的な出来事があって。それが第20回 (この番組は、構成作家さんが毎週かなりの分量の文章と、写真からなる番組ブログをきっちり更新しているのもすごい)。「セルリアンスカッシュ」を買うために初めてアルバイトをした(だったと思う)というメールを読んで、相坂くんは感激して涙を流したんだよね。
その時に「この人は、本当に誠実な人なのだ」と思って、そこから番組の聴き方が一段階踏み込んだ気がします。メールを送り始めたのも、この回がきっかけだったかもしれない。私はできるだけ、番組やパーソナリティの方に寄せたメールをお送りしたいと思っているので、その方の人となりなどが分かるまでは、聴いてはいるけれど投稿はしなかったりもします。

そう考えると、『リトマス紙』で相坂くんに出会えて、その人間性から好きになれたことは幸せなことと思っています。

番組開始から2年、100回というのは、感慨深い。これからも末永く聴いていきたいですね。


続きを読む "改めて、『相坂くんのリトマス紙』のどんなところが好きかというお話 #相坂紙"

|

2018年3月 7日 (水)

2018年1月新番アニラジレビュー(8):「石原夏織のCarry up!?」で知った、愉快でかわいいキャリさん #Carry_up

         

2018年1月開始のアニラジの中から、聴いている番組を、一番組ずつ紹介します。現時点で放送期間が決まっている(基本的に放送期間が三ヶ月のアニメ作品のラジオなど)を優先的に。

【番組名】石原夏織のCarry up!?
【パーソナリティ】石原夏織
 オフィシャルサイト http://ishiharakaori.com/
 ブログ https://twitter.com/kaori_staff_
 twitter https://ameblo.jp/ishiharakaori-0806/
【放送局】文化放送 超!A&G+ http://www.agqr.jp/
【放送日時】毎週日曜日・19:00~19:30

【アーカイブ配信など】リピート放送:毎週火曜日7:00~7:30
【番組URLほか】http://ishiharakaori.com/radio/
 twitterハッシュタグ #Carry_up

私は実は、これまで石原夏織さんのことを詳しくは存じ上げなかった。
もちろん、ゆいかおりの曲は聴いたことがあるし、ライブ映像をテレビや動画で見たこともある。高橋美佳子さんのラジオ「美佳子@ぱよぱよ」の公開録音にゲスト出演された時は、2016年11月、2018年1月と現地に参加している(ぱよぱよリスナーなので)。

ただ、石原さんの一人しゃべりを聴くのは、この番組が初めて。それで思ったのは、トークが愉快な方だということ。写真とかライブ映像だと、クールビューティーな印象があるので、結構意外で、かつ面白いです。

アーティストとしてはもちろん、パーソナリティとしての石原さんの活躍も楽しみにしています。

|

2018年2月26日 (月)

2018年1月新番アニラジレビュー(7):「武内駿輔のGooooood JOB!」に感じる、武内駿輔さんの本気 #Gooooood_JOB

2018年1月開始のアニラジの中から、聴いている番組を、一番組ずつ紹介します。現時点で放送期間が決まっている(基本的に放送期間が三ヶ月のアニメ作品のラジオなど)を優先的に。

【番組名】武内駿輔のGooooood JOB!
【パーソナリティ】武内駿輔
プロフィール http://www.81produce.co.jp/list.cgi?man+3114033222730
【放送局】文化放送 超!A&G+ http://www.agqr.jp/
【放送日時】毎週水曜日25:30~26:00
【アーカイブ配信など】リピート放送:毎週木曜日13:30~14:00
【番組URLほか】twitter https://twitter.com/TS_Gooooood_JOB
ハッシュタグ #Gooooood_JOB

武内駿輔さんが世の中の様々な仕事について掘り下げていく番組。

番組を聴いていると、この企画は武内さんが提案したもののようです。それだけに、様々な場面で武内さんの本気を感じる。
ゲストの方への質問の踏み込み方もそうだし、ご自身の声優という職業を語る時もそう。収入などのお金の面も率直に語る(それ故カットされている部分もあるようですが)。

この硬派な構成は、興味深いです。

|

2018年2月21日 (水)

2018年1月新番アニラジレビュー(6):「篠田みなみ・指出毬亜のちぐはぐ。」の姉妹感 #ちぐはぐ

 

2018年1月開始のアニラジの中から、聴いている番組を、一番組ずつ紹介します。現時点で放送期間が決まっている(基本的に放送期間が三ヶ月のアニメ作品のラジオなど)を優先的に。

【番組名】篠田みなみ・指出毬亜のちぐはぐ。
【パーソナリティ】篠田みなみ

プロフィール http://www.vims.co.jp/talent_profile_detail.php?id=34
twitter https://twitter.com/minami_shinoda
指出毬亜
プロフィール http://www.withline.jp/talent/?id=maria_sashide
【放送局】文化放送 超!A&G+ http://www.agqr.jp/
【放送日時】毎週土曜日16:30~17:00
【アーカイブ配信など】
【番組URLほか】 超!A&G+の配信サイトAG-ON Premium https://agonp.jp/ にて、ひとりずつのミニ番組「ミニちぐはぐ」も毎週土曜日に配信
ハッシュタグ #ちぐはぐ
篠田さんは「みな姉」、指出さんは「ちゅんるん」と呼ばれています。

色々な組み合わせの、二人ラジオを聴く醍醐味のひとつは、パーソナリティの関係性だと思うのです。

この番組では、二人の姉妹感がいいですよね。篠田みなみさんは見た目はかわいいけれど、しっかり者でお姉さんらしさがあるし、指出毬亜さんは実際に妹でもあり、妹気質のある人なので。長く番組が続いて、さらにいい雰囲気になっていくことを期待しています。

あとは、まだ二人ともお互いに見せていない面があるので、それが出てくると益々面白くなるのかなと。

|

より以前の記事一覧