« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

川本三郎『いまも、君を想う』を読む

0628

 下記の本の感想。評論家川本三郎氏が、2008年に亡くなられた奥様との思い出を綴った本。

#途中、「講談社の『ヨムヨム』という雑誌」と言っていますが、これは「新潮社の『yomyom』」の間違いです。

いまも、君を想う川本三郎『いまも、君を想う』(新潮社)



| |

2010年6月26日 (土)

ミニ手帳オフ会に行ってくる

(ダウンロード)

 都内某所で行われた、文房具・手帳ファンの集まり「手帳オフ会」に行ってくる。

 そして、もし文房具や手帳について語らう会に興味がある人がいらっしゃれば、konohamoero@gmail.comまでメールかここからのメッセージ(mixiのメッセージでも)かでご連絡ください。次回機会があればご案内します。





| |

2010年6月25日 (金)

忙しすぎた一週間からの、サッカー話

0625

・今週が忙しく、色々不義理をしてしまった話。サッカーのデンマーク戦も生中継は見ることできず。

・夢の中で3回試合の結果ニュースを見た後の、本当にニュースで知った結果について。




| |

2010年6月22日 (火)

星新一『進化した猿たち 1』(ハヤカワ文庫版)を読む

0622

 星新一『進化した猿たち 1』(ハヤカワ文庫版)の感想。アメリカの一コマ漫画を紹介しながらのコラム集です。


| |

2010年6月19日 (土)

久々に、純粋に買い物だけをするために出かける

(ダウンロード)

 有楽町で買ったもの。なんだか、音質が悪い気がしますが。

@三省堂書店有楽町店

機械探偵クリク・ロボット〔ハヤカワ・ミステリ1837〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)カミ『機械探偵クリク・ロボット』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

ゲームの父・横井軍平伝  任天堂のDNAを創造した男牧野武文『ゲームの父・横井軍平伝 任天堂のDNAを創造した男』(角川書店)

@HMV銀座

ファン・リュー(指揮)、フューチャー・イン・リヴァース(アンサンブル)『4つのコーナーのために 他』(Naxos・8559653)
ドラマ・シアター第2番 「移動する日陰」(Drama Theater No. 2, "Shifting Shades")
ドラマ・シアター第3番 「風と共に散る」(Drama Theater No. 3, "Written on the Wind")
ドラマ・シアター第4番 「4つのコーナーのために」(Drama Theater No. 4, "To the 4 Corners")
弦楽四重奏曲第1番 「3つの緊張」(String Quartet No. 1, "The 3 Tenses")

ノエル・エジソン(指揮)、エローラ・フェスティバル・シンガーズ、レスリー・デアス(ピアノ)『ラウリセン:合唱作品集』(NAXOS・8559304)
1. ルクス・エテルナより「おお、光よりの光」(Lux Aeterna: O nata lux)
2. マドリガル~イタリア・ルネッサンスの詩による6つの「炎の歌」(Madrigali (Madrigals))
3. ライナー・マリア・リルケの詩による「ばらの歌」(Les Chansons des Roses)
4. 真冬の歌~ロベルト・グラヴェスの詩による(Mid-Winter Songs)
5. おお、大いなる神秘(O magnum mysterium)

オッコ・カム(指揮)、ヘルシンキ・フィル『シベリウス:交響曲第3番、第6番-1982初来日公演ライブ』(TDK-OC014)

@東急ハンズ銀座店

アレッポの石鹸


| |

2010年6月15日 (火)

カメルーン戦の結果を受けて

0615

 サッカーW杯、日本対カメルーン戦の結果を受けて。
 日本代表に無関心、否定的だった人は、果たしてこの結果を受けて手のひらを返すのか頑固に否定し続けるのか。




| |

2010年6月14日 (月)

W杯南アフリカ大会はいかに記憶されるのか

0614

 日本対カメルーン戦直前。W杯を見ているという話。いかに見ているかという話。そして下記に書いたのとほぼ同じことをしゃべる。

木の葉燃朗の「本と音楽の日々」: [W杯2010]この大会はどういう大会として記憶されるのか:
http://blogs.dion.ne.jp/konohamoero/archives/9496144.html




| |

2010年6月12日 (土)

世田谷文学館で行われている「星新一」展を見に行く

0612

hoshi01

 世田谷文学館で行われている「星新一」展を見に行く。

世田谷文学館 - 企画展:http://www.setabun.or.jp/exhibition/hoshi/

hoshi02


| |

2010年6月11日 (金)

映画『蛇口のトーコ』上映会へ行く

0611movie

映画 『蛇口のトーコ』の上映会(@吉祥寺Fourth Floor)へ行く。

[mixi] 蛇口のトーコ:http://mixi.jp/view_community.pl?id=5068130
「水色の映画たち」 2010年7月9日(金)開催!:http://ameblo.jp/eiga-tachi/

mizuiro_movie_1


| |

『小田晃生とヨフカシボーイズのヨイのクチ』@吉祥寺 STAR PINE'S CAFEを聴く

0611oda

 下記のライブを聴きに行く。

6月11日(金)
『小田晃生とヨフカシボーイズのヨイのクチ』@吉祥寺 STAR PINE'S CAFE
《出演》
小田晃生とヨフカシボーイズ(小田晃生・野村卓史(グッドラックヘイワ)・田中馨(SAKEROCK/ショピン)・伊藤大地(SAKEROCK/グッドラックヘイワ・・・etc)) http://www.chicchaitanbo.info/
月の海 http://sis.727.net/tsukinoumi/
Coinn http://www.coinn.jp/

| |

2010年6月 7日 (月)

久々に日本橋の丸善で買い物

0607

 久々に日本橋の丸善へ。文房具や下記の本を買う。

「ジャパン」はなぜ負けるのか─経済学が解明するサッカーの不条理サイモン・クーパー/ステファン・シマンスキー『「ジャパン」はなぜ負けるのか─経済学が解明するサッカーの不条理』(日本放送出版協会)

朝日のようにさわやかに (新潮文庫)恩田 陸『朝日のようにさわやかに』(新潮文庫)


| |

2010年6月 6日 (日)

映画『レフェリー』を見る(@渋谷UPLINK)

0606

 渋谷のUPLINKで、映画『レフェリー』を見る。2008年のサッカー・ヨーロッパ選手権を、審判に着目して記録したドキュメンタリー。

webDICE - 映画『レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏』公式サイト:
http://www.webdice.jp/referee/


| |

2010年6月 2日 (水)

久々に、ぐだぐたな近況報告

0602

 仕事が忙しいとかネット古本屋の準備がなかなか進んでいないとか週末は家にいようとか、そういうどうでもいいような話をぐでぐでと。


| |

2010年6月 1日 (火)

ブルボン小林『マンガホニャララ』を読む

0601

 下記の本の感想。

マンガホニャララブルボン小林『マンガホニャララ』(文藝春秋)

ブルボン小林『ゲームホニャララ』(エンターブレイン):オンライン書店bk1Amazon.co.jp

 そして、ブルボン小林さんにゲスト出演していただき、おもしろトークを繰り広げたラジオは下記から聴くことができます。


| |

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »