« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

渋谷でソフテロ&いろハモニカのライブを聴いた感想を、しゃべる帰り道(2011.07.30)

ダウンロード 110730softero.mp3 (667.9K)

 7/30(土)、渋谷に新しくできたライブハウスguestにライブを聴きに行く。時間の都合上、ラストのソフテロのみ聴く。いろハモニカをゲストボーカルに迎えての編成。
 そのライブの感想を、しゃべる帰り道。



| |

2011年7月24日 (日)

「“Bye Bye Broadcasting” by Braun Tube Jazz Band」を聴いた感想を、しゃべる帰り道(7/24)

(ダウンロード)

 下記のパフォーマンスを聴いた感想を、しゃべる帰り道。ブラウン管モニタ(テレビ)を楽器代わりに使うというパフォーマンス。

・「“Bye Bye Broadcasting” by Braun Tube Jazz Band(和田永)」@渋谷WWW
 蒸気幻楽の青:http://crabfeet.blogspot.com/


| |

2011年7月18日 (月)

なでしこジャパン初優勝と、女子サッカーについて、しゃべる帰り道(2011.07.18)

ダウンロード 110718_02nadeshiko.mp3 (828.2K)

 サッカーの女子W杯で優勝した日本代表(なでしこジャパン)について、そしてこれまでの女子サッカーの思い出について、しゃべる帰り道。
 そしてブログに書いた記事は下記のとおり。

なでしこジャパン世界一。そして、世界の女子サッカーのトレンドが変わるかもしれない:
http://blogs.dion.ne.jp/konohamoero/archives/10259144.html



| |

ELEKIBASS(エレキベース)ワンマンライブの感想を、しゃべる帰り道(2011.07.18)

ダウンロード 110718_01.mp3 (424.0K)

 ELEKIBASS(エレキベース)のワンマンライブを聴いた感想を、しゃべる帰り道。

●2010.7.18(mon) TOKYO NICHIFUTU GAKUIN(飯田橋)
[ELEKIBASS TOKYOTOWN LIVE 2011]
BAND: ELEKIBASS
Opening Act:奇妙礼太郎



| |

2011年7月15日 (金)

最近読んだ本について、しゃべる帰り道(2011.07.15)

(ダウンロード)

 最近読んだ下記の本について、紹介し感想をしゃべる帰り道。

フーコー (ちくま学芸文庫)
リディア・アリックス・フィリンガム 文
筑摩書房
売り上げランキング: 181426

シューティングゲームサイドVol.2 (GAMESIDE BOOKS) 雑誌『シューティングゲームサイド Vol.2』(マイクロマガジン) オンライン書店bk1Amazon.co.jp


| |

2011年7月 8日 (金)

サキタハヂメさんのコンサートの感想を、しゃべる帰り道(2011.07.08)

(ダウンロード)

 サキタハヂメさんのコンサートの感想を、しゃべる帰り道。近江楽堂の雰囲気の素晴らしさ、間近で聴くミュージカル・ソウの音色の美しさ(のこぎりとしての無骨な外見とのギャップの魅力)、サプライズ・ゲストとして登場された都家歌六師匠など、非常に贅沢な時間を過ごせたコンサートだった。

2011年7月8日(金) 近江楽堂(東京オペラシティ3階)(新宿)
「サキタハヂメ"SAW much in LOVE"発売記念コンサート 東京 vol.1」
出演:サキタハヂメ(ミュージカルソウ)、えぐちひろし(ギター)、山下憲治(ピアノ)

サキタハヂメの のこぎり音楽:http://www.musicalsaw.net/

SAW much in Love MUSICAL SAW SONGS“S”


| |

2011年7月 6日 (水)

パオロ・バチガルピ『ねじまき少女』を読んだ感想をしゃべる帰り道(2011.07.06)

(ダウンロード)

 パオロ・バチガルピ『ねじまき少女』(ハヤカワ文庫SF)を読んだ感想を、しゃべる帰り道。
 石油が枯渇し、遺伝子操作した食物しか食べられない時代のタイが舞台。エネルギーは、限られた石炭と、動物や人間がネジを巻いて蓄えた力を使う。足踏みで充電するコンピュータなどの様子を読むと、他人事とは思えない未来。「スチーム・パンク」に倣って「スクリュー(ねじまき)・パンク」と呼びたい。



| |

2011年7月 2日 (土)

ラ・プティット・バンドの演奏会(@東京オペラシティ)の感想を、しゃべる帰り道(201.07.02)

(ダウンロード)

 下記のコンサートの感想を、しゃべる帰り道。

*ブログに書いた感想もどうぞ。
 楽器・演奏・楽曲の、奥深い魅力を感じるコンサート:ラ・プティット・バンドの演奏会(7/2@東京オペラシティ)を聴く:
 http://blogs.dion.ne.jp/konohamoero/archives/10235077.html

ラ・プティット・バンド(音楽監督:シギスヴァルト・クイケン)@東京オペラシティ
J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第2番 ヘ長調 BWV1047
ブランデンブルク協奏曲 第6番 変ロ長調 BWV1051
三重協奏曲 イ短調 BWV1044

ブランデンブルク協奏曲 第5番 ニ長調 BWV1050
ブランデンブルク協奏曲 第3番 ト長調 BWV1048

アンコール J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第3番より 第3楽章 アレグロ

http://www.operacity.jp/concert/2011/110702/


| |

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »