« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

9月上旬の男女サッカー日本代表の試合について、しゃべる帰り道

(ダウンロード)

 9月最初に、サッカーの男子フル代表がワールドカップのアジア3次予選を戦い、女子代表(なでしこジャパン)がロンドン五輪のアジア最終予選を戦う。その試合を前にして、サッカーファンとしての思いを、しゃべる帰り道。

2014年ワールドカップ アジア3次予選
9月2日 vs 北朝鮮@埼玉
9月6日 vs ウズベキスタン@タシケント(ウズベキスタン)

ロンドン五輪 アジア最終予選@中国
9月1日 vs タイ
9月3日 vs 韓国
9月5日 vs オーストラリア
9月8日 vs 北朝鮮
9月11日 vs 中国


| |

2011年8月30日 (火)

出町譲『清貧と復興 土光敏夫100の言葉』を読んだ感想を、しゃべる帰り道

(ダウンロード)

 下記の本を読んだ感想を、しゃべる帰り道。人の上に立つことの大変さ、つらさ、それゆえの覚悟などを感じる。今の日本のリーダー(経営者、政治家)に信頼できない人間が多いのは、この覚悟のなさが原因だろうと思う。

清貧と復興 土光敏夫100の言葉
出町 譲
文藝春秋
売り上げランキング: 482

| |

2011年8月27日 (土)

「ハンズメッセ」他、池袋で買い物した話を、しゃべる帰り道(2011.08.27)

(ダウンロード)

 池袋で買い物してきたものについて、しゃべる帰り道。

 東急ハンズでのハンズメッセ(バーゲン)で、文房具などをあれこれと買う。
 ビックカメラとソフマップのアウトレットを見て、SDカードを買う。
 リブロでマンガを三冊買う。
  ・今井哲也『ハックス! 3』(講談社アフタヌーン)
  ・木下晋也『ポテン生活 6』(講談社モーニング)
  ・うめ『大東京トイボックス 7』(幻冬社)


| |

ゲームサークル「全ファミ協会」の例会でボードゲームとカードゲームを遊んだことを、しゃべる帰り道

ダウンロード 110827_01game.mp3 (621.4K)

 ゲームサークル「全ファミ協会」の例会に参加する。自由参加で、ボードゲームとカードゲームを遊ぶ会。

[mixi] ゲームサークル「全ファミ協会」:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5591226

 主催者は下記ブログも運営する恋パラ支部長。

「全ファミ。」:http://zenfami.blog91.fc2.com/


| |

2011年8月25日 (木)

ポール・ブラウン『UFWC――サッカー非公式世界王者の歴史』を読んだ感想を、しゃべる帰り道

(ダウンロード)

 下記の本を読んだ感想を、しゃべる帰り道。

UFWC――サッカー非公式世界王者の歴史
ポール・ブラウン
飛鳥新社
売り上げランキング: 54648

| |

2011年8月23日 (火)

ヨコハマトリエンナーレ2011の感想を、しゃべる帰り道

(ダウンロード)

 ヨコハマトリエンナーレ2011の感想を、しゃべる帰り道。

ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR-世界はどこまで知ることができるか?ー
http://118.151.165.140/

 当日撮影した写真のスライドショー(会場内も一部を除いて撮影可能)。

 同じ写真を繋げて、YouTubeに動画としてアップしたもの。



| |

2011年8月20日 (土)

多根清史『教養としてのゲーム史』を読んだ感想を、しゃべる帰り道

ダウンロード 110820Game.mp3 (393.6K)

 下記の本の感想を、しゃべる帰り道。

教養としてのゲーム史 (ちくま新書)多根 清史『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)


| |

お茶の水で買った本とCDについて、しゃべる帰り道(2011.08.20)

(ダウンロード)

 買ってきた本とCDについて、しゃべる帰り道。

@ディスクユニオンお茶の水クラシック館

・『イギリス弦楽小品集』(NAXOS・8554186)
・ジェームズ・レヴァイン『スコット・ジョプリン:ラグタイム・ピアノ』(BMG・RCA、BVCC-38367)
   ジェームズ・レヴァインによるジョプリンのラグタイム集。こんな録音があったなんて、不勉強にして知らなかったですよ。
・レオポルド・ストコフスキー『ストコフスキー・スペクタキュラー』(BMG・RCA、BVCC-8901・02)
   2枚組。1枚目はバッハとヘンデル(水上の音楽/王宮の花火の音楽)。2枚目はリムスキー=コルサコフ(シェエラザード、他)
・エヴェリン・グレニー『ボレロ~ダンシング・パーカッション』(BMG・RCA、BVCF-2513)
   若くして聴力を失いながら、世界的パーカショニストとして活躍するエヴェリン・グレニーのCD。1991年作品。J.シュトラウスII世のポルカのメドレーとか、ジンジャー・ロジャース&フレッド・アステア出演のミュージカル曲とか、興味深い選曲。

@ヴィレッジヴァンガードお茶の水店

・今井哲也『ハックス!』(講談社アフタヌーンKC)
   高校の新入生歓迎会で見たアニメーションに魅了された女子高校生が、自分もアニメーションを作るべく行動する、というマンガ。片山ユキヲ『空色動画』を思い出すストーリーだけれど、どちらも独自の方向性で、それぞれ魅力があるのではないかと思う。


| |

2011年8月18日 (木)

『寺田寅彦随筆集第二巻』を読んだ感想を、しゃべる帰り道

ダウンロード 110818Terada.mp3 (963.2K)

 『寺田寅彦随筆集第二巻』(岩波文庫)を読んだ感想を、しゃべる帰り道。
 寺田寅彦は、おそらく高校の現代国語で知った。その時に、「今でも通用する視点がある」と言われた記憶があるが、その印象は今随筆集を読んでも変わらない。本質を突いた鋭さがあると思う。
 一方で、人間が当時からあまり変わっていないのではないかということも感じる。



| |

2011年8月13日 (土)

「DRUMLINE LIVE(ドラムライン・ライブ)」@東京国際フォーラムを聴いた感想を、しゃべる帰り道(2011.8.13)

ダウンロード 110803DrumLineLive.mp3 (570.6K)

 下記のコンサートを聴いた感想を、しゃべる帰り道。マーチングバンドの演奏スタイルで、ブラック・ミュージックの歴史を振り返るようなプログラムのライブ。

「ドラムラインライブ DRUMLINE LIVE」@東京国際フォーラム(http://drumlinelive.jp/)


| |

2011年8月 8日 (月)

ライブ「ハップンフェスだよ!こにゃにゃちわ!2011」を見た感想を、しゃべる帰り道(2011.08.08)

(ダウンロード)

 下記のライブを見た感想を、しゃべる帰り道。

8/8(月)下北沢・440 (four forty)
ソフちゃんケンちゃん × hello! presents
「ハップンフェスだよ!こにゃにゃちわ!2011」
ソフテロhello!ポール・アンド・マッカートニーcurious☆

2011/8/8ソフちゃんケンちゃん×hello!イベント CM 第一弾 ~斉藤画伯編~

2011/8/8ソフちゃんケンちゃん×hello!イベント CM 第三弾 ~谷部 走る編~

●斉藤憲八さんのイラストを集めた「斉藤憲八美術館」


| |

2011年8月 3日 (水)

ジュノ・ディアス来日記念トークイベント(8/3@青山ブックセンター本店)を聞いた感想を、しゃべる帰り道

(ダウンロード)

 下記のトークショーの感想、そして改めて『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』の感想を、しゃべる帰り道。

『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』著者・ジュノ・ディアス 来日記念トークイベント 聞き手:都甲幸治

日時 2011年8月03日(水) 19:00~20:30(開場18:30~)
会場 青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山


(青山ブックセンター | 『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』著者・ジュノ・ディアス
来日記念トークイベント 聞き手:都甲幸治|青山ブックセンター:
http://www.aoyamabc.co.jp/event/junot-diaz-talkevent/


 ブログに書いた『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』の感想は下記でどうぞ。

木の葉燃朗の「本と音楽の日々」: [書評]呪われしモテないオタクの恋と、描き出されるドミニカの歴史:ジュノ ディアス(著)、都甲 幸治・久保 尚美 (訳) 『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』:
http://blogs.dion.ne.jp/konohamoero/archives/10204589.html

オスカー・ワオの短く凄まじい人生 (新潮クレスト・ブックス) ジュノ ディアス(著)、都甲 幸治・久保 尚美 (訳) 『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』(2011年、新潮クレスト・ブックス) :オンライン書店bk1Amazon.co.jp


| |

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »