« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

『フットボールサミット第4回 カズはなぜ愛されるのか』を読んだ感想をしゃべる帰り道

(ダウンロード)

 下記の本の感想を、しゃべる帰り道。カズのお父さんの話、ブラジル時代のゆかりの人々による思い出、1990年代のヴェルディ川崎でのカズ、韓国から見たカズ、カズの経済効果などなど。視点が色々あって、読み応えがある。

フットボールサミット第4回 カズはなぜ愛されるのか? ―いままで語られなかった「三浦知良」論―
田崎健太 ミカミカンタ 菊地正典 海江田哲朗 沢田啓明 浅川俊文 吉崎エイジーニョ 加部究
カンゼン
売り上げランキング: 916

| |

2011年10月30日 (日)

映画『ミッション:8ミニッツ』の感想を、しゃべる帰り道(ネタバレあり)

(ダウンロード)

 下記の映画の感想とあらすじを、しゃべる帰り道。実は家でしゃべっていて、今回も帰り道ではないのですが。
 どこまでがネタバレになるか分からないが、一応ネタバレありの感想です。ご注意ください。

『ミッション:8ミニッツ』http://disney-studio.jp/movies/mission8/

 ダンカン・ジョーンズ監督の長編デビュー作である『月に囚われた男』もお薦め。去年劇場で見た。密室を舞台にしているところとか、組織と個人の関係とか、本作と共通する部分も多い。

木の葉燃朗の「本と音楽の日々」: 制約をアイデアで乗り越える:映画『月に囚われた男』:
http://blogs.dion.ne.jp/konohamoero/archives/9384617.html?1319981953


月に囚(とら)われた男 コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011-02-23)
売り上げランキング: 4824


| |

2011年10月29日 (土)

映画「がんばっぺ フラガール!」を見た感想を、しゃべる帰り道

(ダウンロード)

 下記の映画の感想を、しゃべる帰り道。本当は家でしゃべっているので、帰り道ではないです。
 芸術に限らず、必死で準備して、その結果を提供することの素晴らしさ、力強さを感じた。

「がんばっぺ フラガール!」公式サイト:http://ganbappe.j-cqn.co.jp/


| |

2011年10月28日 (金)

株式会社DeNAは株式会社モバゲーに改名するんじゃないかという想像から始まる話を、しゃべる帰り道

ダウンロード 111028mobage.mp3 (741.1K)

 しゃべっている内容は、ほとんどタイトルの通り。以下は久々に文章による補足。

 株式会社DeNAが横浜ベイスターズを買収するニュースから。「モバゲー」という商品(サービス)名をチーム名につけたいという要望ついて問題になっている。私は、ならば株式会社DeNAは株式会社モバゲーに改名するのではないかと思う。それならば、企業名をチーム名につけているわけで文句を言われる筋合いはない。

 そんな話から、企業名と商品名のブランドについて考える。インターネットのサービスを提供している会社は、サービス名=会社名になっている場合も多く、それでいいのではないか。特に新しい企業は一社一芸のような、単一のサービスを提供している(あるいはひとつのサービスが非常に目立つ)ところも多いので。googleだってfacebookだってtwitterだって、サービス名=会社名。
 ただし、物(ハードウェア)を提供する会社は、会社名に伝統があるからか、商品名に改名する例はあまり知らない。パソコンなどのメーカーでもそうでしょう。ちなみに蚊取り線香の金鳥で知られる会社は、創業以来ずっと大日本除虫菊株式会社であって、金鳥の方が圧倒的に知られていても改名することはない。そういえば、任天堂はあれほど売れたファミコンという商品名を途中で使わなくなり、「ニンテンドー○○」と、会社名を商品につけるようになりました。

 そして、ずっと思い出せなかったミクシィの旧社名は、検索したらすぐに分かりました。株式会社イー・マーキュリーだ。でも、他人の会社ながら思うけれど、イー・マーキュリーである必然性よりも、サービス名も会社名もミクシィにしたことのメリットの方が大きかったということなのだろう。それをどう捉えるかは人それぞれですけれどね。


| |

2011年10月26日 (水)

長嶋有『安全な妄想』を読んだ感想を、しゃべる帰り道

ダウンロード 111026nagashima.mp3 (950.1K)

 下記の本の感想を、しゃべる帰り道。長嶋有さんのエッセイです。

安全な妄想
安全な妄想
posted with amazlet at 11.10.29
長嶋有
平凡社
売り上げランキング: 21069

| |

2011年10月24日 (月)

水木しげる『水木さんの「毎日を生きる」』を読みながら、働くということについてしゃべる帰り道

(ダウンロード)

 読んでいる途中の下記の本と関連して、働くということについてつれづれとしゃべる帰り道。

水木さんの「毎日を生きる」  角川SSC新書 (角川SSC新書)
水木 しげる
角川マガジンズ(角川グループパブリッシング) (2011-09-10)
売り上げランキング: 50680

| |

2011年10月23日 (日)

『クノシンジ Exhibition live』@原宿SEE MORE GLASSを聴いた感想を、しゃべる帰り道

ダウンロード 111023Kunolive.mp3 (654.1K)

 下記のライブを聴いてきた感想を、しゃべる帰り道。
 原宿のカフェで行われている、はまのゆかさんの個展を記念しての、クノシンジさんの弾き語りワンマン。

『クノシンジ Exhibition live』
10/23(日)@原宿SEE MORE GLASS






| |

2011年10月21日 (金)

ジャック ルーボー『麗しのオルタンス』(創元推理文庫)を読んだ感想を、しゃべる帰り道

 本題の前に、オンライン書店bk1に投稿した、出町譲『清貧と復興 土光敏夫100の言葉』(文藝春秋)の書評「人の上に立つ、ということ」(http://www.bk1.jp/review/494876)が、今週のオススメ書評(http://www.bk1.jp/contents/shohyou/Index)に選ばれた話を。

 そして、最近読んだ下記の本の感想を、しゃべる帰り道。

麗しのオルタンス (創元推理文庫)
ジャック ルーボー
東京創元社
売り上げランキング: 374600

 なお、話の中で言及しているジャック・ルーボーの新刊は下記の本です。

ジャック・ルーボーの極私的東京案内
ジャック ルーボー
水声社
売り上げランキング: 432195

 あと、妙にテンションが高いですが、酔っているわけではなくて、仕事の忙しさとようやく解放された思いから気分がハイになっていたのだと思います。
 もうひとつ、風邪気味でやたらに鼻をすすっていてすみません。


| |

2011年10月15日 (土)

小曽根真 & No Name Horses「ラプソディー・イン・ブルー」を聴いた感想を、しゃべる帰り道

ダウンロード 111015ozone.mp3 (695.4K)

 下記のコンサートの感想を、しゃべる帰り道。

小曽根真 & No Name Horses
「ラプソディー・イン・ブルー」
2011年10月15日(土)@東京/かつしかシンフォニーヒルズ

Makoto Ozone =小曽根真=:http://makotoozone.com/


| |

2011年10月12日 (水)

眉村卓『しょーもない、コキ』を読んだ感想を、しゃべる帰り道

(ダウンロード)

 下記の本を読んだ感想を、しゃべる帰り道。
 眉村先生の著作を間違えていなくて良かった。『ねらわれた学園』も『時空の旅人』も、眉村先生の作品です。

しょーもない、コキ
しょーもない、コキ
posted with amazlet at 11.10.16
眉村 卓
出版芸術社
売り上げランキング: 480513

| |

2011年10月11日 (火)

ジョージ.G.スピーロ『ポアンカレ予想―世紀の謎を掛けた数学者、解き明かした数学者』を読んだ感想を、しゃべる帰り道

(ダウンロード)

 下記の本の感想を、しゃべる帰り道。最初1分くらい、今の職場を辞めたいという本題と全然関係のない話になっていますが、ご了承ください。

 ちなみに、しゃべっている中で紹介したその他のポアンカレ予想についての本は下記のとおり。

完全なる証明
完全なる証明
posted with amazlet at 11.10.11
マーシャ・ガッセン
文藝春秋
売り上げランキング: 14148


100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影 (新潮文庫)
春日 真人
新潮社
売り上げランキング: 16052



| |

2011年10月 8日 (土)

有楽町で本などを買った話を、しゃべる帰り道(2011.10.08)

(ダウンロード)

 休日出勤を終えて、下記の本などを買った話を、しゃべる帰り道。文房具を買った話なども。
 疲れのあまり、10月8日の話なのに10月18日と言っています。

いろんな気持ちが本当の気持ち (ちくま文庫 な 43-1)
長嶋 有
筑摩書房
売り上げランキング: 12359
SF魂 (新潮新書)
SF魂 (新潮新書)
posted with amazlet at 11.10.10
小松 左京
新潮社
売り上げランキング: 147189
水木さんの「毎日を生きる」  角川SSC新書 (角川SSC新書)
水木 しげる
角川マガジンズ(角川グループパブリッシング) (2011-09-10)
売り上げランキング: 18560

| |

2011年10月 6日 (木)

なでしこジャパンに関する本二冊(江橋よしのり『世界一のあきらめない心』、日々野真理『凛と咲く』)を読んだ感想をしゃべる帰り道

(ダウンロード)

 下記二冊を読んだ感想を、しゃべる帰り道。どちらもなでしこジャパンを取材したノンフィクションです。

世界一のあきらめない心: なでしこジャパン栄光への軌跡
江橋 よしのり
小学館
売り上げランキング: 2409


凛と咲く なでしこジャパン30年目の歓喜と挑戦
日々野 真理
ベストセラーズ
売り上げランキング: 873


| |

2011年10月 2日 (日)

「サキタハヂメの “のこぎり音楽コンサート”」(10/2@井の頭自然文化園本園・彫刻館B館)を聴いた感想をしゃべる帰り道

(ダウンロード)

 下記のコンサートの感想をしゃべる帰り道。

井の頭自然文化園コンサート「OTO NO MAHOU @ZOO」
サキタハヂメの “のこぎり音楽コンサート”
10月2日(日)@井の頭自然文化園本園・彫刻館B館
出演:サキタハヂメ(ミュージカルソウ)・山下憲治(ピアノ)



SAW much in Love
SAW much in Love
posted with amazlet at 11.10.02
サキタハヂメ
バウンディ (2011-04-06)
売り上げランキング: 118027


MUSICAL SAW SONGS“S”
MUSICAL SAW SONGS“S”
posted with amazlet at 11.10.02
サキタハヂメ
インディーズ・メーカー (2008-02-01)
売り上げランキング: 152087

| |

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »