« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月25日 (金)

織田正吉『ジョークとトリック』(講談社現代新書)を読んだ感想を、しゃべる帰り道

ダウンロード 20111125reading.mp3 (594.6K)

 下記の本の感想を、しゃべる帰り道。

ジョークとトリック (講談社現代新書 (706))
織田 正吉
講談社
売り上げランキング: 227956

| |

2011年11月23日 (水)

シモジマとアキバについて、しゃべる帰り道

ダウンロード 111123shopping.mp3 (974.1K)

 浅草橋の文房具や事務用品の店「シモジマ」と、秋葉原のパーツ屋に買い物に行った話を、しゃべる帰り道。


| |

2011年11月20日 (日)

「手帳オフ会」の感想を、しゃべる帰り道

(ダウンロード)

 11/19に行った、舘神龍彦さん主催の手帳オフ会のレポートを、しゃべる帰り道。
 レポートはブログにも書きました。

木の葉燃朗の「本と音楽の日々」: 11月19日(土)、舘神龍彦さん主催手帳オフ会レポート:
http://blogs.dion.ne.jp/konohamoero/archives/10486028.html


| |

2011年11月13日 (日)

近所で買った本などについて、しゃべる帰り道(2011.11.13)

 下記の本を中心に、買ったものについてしゃべる帰り道。
 最近は特に、雑誌は書店で見て買うべきだと思うようになりました。
 それから、twitterにも書きましたが、近所の町をぷらぷら歩いて買い物したりご飯食べたりする「近ぷら」を提唱したい。したい。いや、本当は別にしたくない。ただ単に自分がそういう行動をしたいだけ。繁華街に出るのもいいですが、近場で済ませるのも楽だしそれなりに充実している。

WIRED (ワイアード) VOL.2 (GQ JAPAN2011年12月号増刊)

コンデナスト・ジャパン (2011-11-10)



・ジャック・フィニイ(山田順子:訳)『夢の10セント銀貨』(1979年・ハヤカワ文庫FT)
・山田智彦:編『日本の名随筆 別巻20 定年』(1992年・作品社)
・中川裕『頭のいい人がしている仕事のメモ術・ノート術』(2006年・ぱる出版)


| |

2011年11月12日 (土)

映画『マネーボール』を見た感想を、しゃべる帰り道

 映画『マネーボール』を見た感想を、しゃべる帰り道。
 平日目一杯働いた挙げ句、この日も休日出勤という一週間。ようやく終わったので、帰りに地元のシネコンでレイトショーの映画『マネーボール』を見ました。

マネーボール - オフィシャルサイト:http://www.moneyball.jp/

moneyball


| |

2011年11月11日 (金)

ライブハウスは不思議の国、という話を、しゃべる帰り道(2011.11.11)

 ライブハウスに聴きに行っていて、不思議だと思うことをしゃべる帰り道。
 例えばこんなこと。他の芸術やエンターテインメントと比べると、不思議なのです。「他の芸術やエンターテインメント」というのは、例えば映画や演劇、音楽でもホール公演(私の場合はクラシック音楽が多い)などを意味します。

・開演時間に始まらない。
・終演時間が分からない。
・タイムテーブルが公開されない。複数のミュージシャンが出演する場合、それぞれの出演時間が分からない。
・タイムテーブル通りに進行しない。後ろ倒しになる、いわゆる「時間が押す」。
・再入場できない


| |

2011年11月 9日 (水)

小松左京『SF魂』を読んだ感想を、しゃべる帰り道(2011.11.09)

ダウンロード 111109SFtmashii.mp3 (538.0K)

 下記の本の感想を、しゃべる帰り道。

SF魂 (新潮新書)
SF魂 (新潮新書)
posted with amazlet at 11.11.13
小松 左京
新潮社
売り上げランキング: 249044

| |

2011年11月 8日 (火)

自分はひきこもりになるかもしれないという話を、しゃべる帰り道(2011.11.08)

 タイトル通りの話を、しゃべる帰り道。
 そして自分の性格について考える。人見知りとか引っ込み思案である一方で、そうでない一面もあったりする。
 そして仕事をするのが嫌で嫌でという話。


| |

2011年11月 6日 (日)

堀下さゆりさん企画のライブ「mugen~第二夜~」(11月6日@下北沢440)を聴いた感想を、しゃべる帰り道

(ダウンロード)

 下記のライブの感想を、しゃべる帰り道。

「mugen~第二夜~」
2011年11月6日@下北沢440
出演:堀下さゆり諫山実生






| |

2011年11月 4日 (金)

映画『グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独』を見た感想を、しゃべる帰り道

(ダウンロード)

 下記の映画の感想を、しゃべる帰り道。

映画『グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独』(2009年カナダ、ミシェル・オゼ、ピーター・レイモント監督)
http://www.uplink.co.jp/gould/


| |

2011年11月 3日 (木)

石黒 正数『外天楼』を読んだ感想を、しゃべる帰り道(ネタバレあり)

(ダウンロード)

 下記のマンガの感想を、しゃべる帰り道。ユーモアというか、ミステリーのパロディーの短編集かと思いきや、という内容で、面白いです。後半は少しネタバレの感想です。未読の方はご注意を。

外天楼 (KCデラックス)
外天楼 (KCデラックス)
posted with amazlet at 11.11.03
石黒 正数
講談社 (2011-10-21)


| |

2011年11月 2日 (水)

中村和彦『アイ・コンタクト―もう一つのなでしこジャパン』を読んだ感想を、しゃべる帰り道

(ダウンロード)

 下記の本の感想を、しゃべる帰り道。なお、2009年にデフリンピックが行われたのは台北でした。
 なお、映画を見た時の感想は、ブログに書いています。

木の葉燃朗の「本と音楽の日々」: サッカーをきっかけに知る聾者の世界:映画『アイ・コンタクト』を見る:
http://blogs.dion.ne.jp/konohamoero/archives/9734098.html

アイ・コンタクト――もう一つのなでしこジャパン
中村 和彦
岩波書店
売り上げランキング: 30911

| |

2011年11月 1日 (火)

仕事の忙しさから、働くことについて再び考えてしゃべる帰り道

(ダウンロード)

 先月80時間の時間外労働(残業)をした話から、働くことについて改めて考え、しゃべる帰り道。
 まあ、半分は愚痴みたいなものですが、どういう仕事をすべきかというのはちょっと真剣に考えたい。


| |

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »