« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

コンサート「小澤征爾音楽塾 オーケストラ・プロジェクトII」の感想を、しゃべる帰り道

20130330Ozawa2230.mp3

 下記のコンサートの感想を、しゃべる帰り道。

小澤征爾音楽塾 オーケストラ・プロジェクトII@東京文化会館
ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲 イ短調 作品53
ベートーヴェン:交響曲 第7番 イ長調 作品92
指 揮:垣内悠希
独 奏<ヴァイオリン>:三浦文彰
弦楽器:小澤征爾音楽塾オーケストラ
ご挨拶・お話<音楽監督>:小澤征爾


| |

2013年3月28日 (木)

ライブ「なかめのかなめ vol.1」の感想を、しゃべる帰り道

20130328NakameNoKaname2330.mp3

 下記のライブの感想を、しゃべる帰り道。

「なかめのかなめ」
3/28(木)@中目黒Oops!
ソフテロ斉藤憲八佐々木良

| |

2013年3月27日 (水)

川本三郎『いまも、君を想う』(新潮文庫)を読んだ感想を、しゃべる帰り道

20130327Kawamoto2045.mp3

いまも、君を想う (新潮文庫)川本三郎『いまも、君を想う』(新潮文庫)


| |

2013年3月24日 (日)

中古のゲームを買いまくる話を、しゃべる道

130324game1600.mp3

 ここ数日、毎日のように中古のゲームソフトを買っている話を、しゃべる帰り道。
 途中できゅるきゅるいう音がしていますが、録音している機械の具合が悪い模様です。

| |

2013年3月20日 (水)

第一回本八幡文具交流会の感想を、しゃべる帰り道

130320punpuku1930.mp3

 千葉県本八幡の文房具店「ぷんぷく堂」主催の第一回本八幡文具交流会に参加しての感想を、しゃべる帰り道。

0320bungu04

| |

2013年3月16日 (土)

「大阪交響楽団 第16回東京公演」を聴いた感想を、しゃべる帰り道

20130316OsakaKoukyou.mp3

[音楽]大阪交響楽団 第16回東京公演@すみだトリフォニーホール大ホール
【 忘れられた作曲家たち 】~魅力再発見・ピアノ協奏曲②
指  揮 : 児玉 宏(音楽監督・首席指揮者)
ピアノ  : 山本貴志/佐藤卓史
マルトゥッチ  : 夜想曲 作品70-1
ブルッフ    : 2台のピアノと管弦楽のための協奏曲 作品88a
スヴェンセン  : 交響曲 第2番 変ロ長調 作品15

| |

2013年3月15日 (金)

高倉麻子『なでしこサッカー―世界の頂点へ』を読んだ感想を、しゃべる帰り道

20130315takakura.mp3

 下記の本の感想を、しゃべる帰り道。
 高倉さんは元日本代表、現在はU-16日本女子代表監督を務めている。

なでしこサッカー―世界の頂点へ高倉麻子『なでしこサッカー―世界の頂点へ』(2012・愛育社)

| |

2013年3月 9日 (土)

「林美智子メゾソプラノ・リサイタル」を聴いた感想を、しゃべる帰り道

20130309HayashiMichiko.mp3

 下記のコンサートの感想を、しゃべる帰り道。

第143回サンシティクラシック・ティータイムコンサート「林美智子メゾソプラノ・リサイタル」
@サンシティ越谷市民ホール
 メゾソプラノ:林美智子
 ピアノ:河原忠之
 司会:岡部真一郎

| |

2013年3月 8日 (金)

久々に目的なく買い物へ(2013.03.08)

20130308Shopping.mp3

 下記のような感じでぶらぶらと買い物した話を、しゃべる帰り道。

#平日に休みをもらったので(去年の夏の休日出勤の代休)久々に、目的もなく出かける。まずは有楽町へ。ルミネの中にあるEDIT 365、スタディーズルーム、無印良品を見てから三省堂書店へ。更にloftへ行ってシステム手帳のリフィル(ミニ5穴のビニールホルダー)を買う。その上の無印良品で、不揃いの付箋を100円で買う。付箋を作るときにできる端の部分を集めて、袋につめたもの。時々売られている。あわせてシステム手帳用のパンチやTodoリストをつくることができるスタンプなども買う。
 有楽町の最後はビックカメラでモバイルルーターを買う。会議室やホテルで有線LANのみの場合も、この機械につなげると無線LANでタブレットなどをつなぐことができる。

 その後お茶の水に移動して、ディスクユニオン二店舗を見る。最近見ていなかったJ-POPの棚も見てみる。クラシック館の方で二枚購入。
・『シューマン ピアノ即興曲全集』(NAXOS・8.550260)
 イェネ・ヤンドー(ピアノ)。1989年の録音。イェネ・ヤンドーはハンガリーのピアニスト。
・『イベール 管弦楽曲集』(NAXOS・8.554222J)
 佐渡裕(指揮)・ラムルー管弦楽団。
 1996年録音。佐渡裕さんの初めての録音らしい。ラムルー管弦楽団はフランスの伝統的なオーケストラで、今年(2013年)のラ・フォル・ジュルネにも来日する。

 まだ終わりじゃなくて、最後に浅草橋のシモジマでも文房具を買う。メモ帳とかボールペンの替え芯とか。bicが発売したなめらかな書き味のボールペンも試しに買ってみる。

| |

2013年3月 7日 (木)

『アクションゲームサイド Vol.B』を読んだ感想を、しゃべる帰り道。

20130307ActionGameSide.mp3

 下記の本の感想を、しゃべる帰り道。

アクションゲームサイド Vol.B (GAMESIDE BOOKS) (ゲームサイドブックス)アクションゲームサイド Vol.B (GAMESIDE BOOKS) (ゲームサイドブックス)



| |

2013年3月 4日 (月)

久々に書店をじっくり見た話を、しゃべる帰り道

20130304Book.mp3

 下記のとおり本を買った話。

@丸善・日本橋店
・西村佳哲『自分をいかして生きる』(2011年・ちくま文庫)

・野田昌宏:編『スペース・オペラ名作選 太陽系無宿/お祖母ちゃんと宇宙海賊』(2013年・創元SF文庫)
 かつて刊行されたアンソロジー二冊を一冊にまとめて復刊した本。

・小谷野敦『日本人のための世界史入門』(2013年・新潮新書)
 最近、ちょっと歴史を改めて勉強しなくてはと思っているので、購入。小谷野氏の著作は『もてない男』の頃から時々読んでいる。怖いけれど頼りになる先生という感じの著者。

・ヨシタケシンスケ『せまいぞドキドキ』(2013年・講談社)
 狭い場所についてのエッセイマンガ。私もどちらかというと狭いところが好きなので、気になって購入。ヨシタケ氏のなんとなく飄々としたイラストと文章のシリーズは味があって好きです。食の思い出をつづった「思い出し御膳」も併録。

・川本三郎『そして、人生はつづく』(2013年・平凡社)
 2010年~2012年の雑誌『東京人』の連載を中心にしたエッセイ集。奥様を亡くされてからの一人の生活を日記形式で書かれているとのこと。川本氏の文章というと、東京を歩いての様々をつづったものが好きなのですが、この本にも多く収録されている。


| |

2013年3月 2日 (土)

ムノツィル・ブラス20周年記念ツアーを聴いた感想を、しゃべる帰り道

20130302MnozilBrass.mp3

 下記のコンサートの感想を、しゃべる帰り道。

ムノツィル・ブラス20周年記念ツアー
2013.03.02(土)
西東京市保谷こもれびホール

ムノツィル・ブラス | プロ アルテ ムジケ Pro Arte Musicae クラシック音楽事務所:
http://www.proarte.co.jp/overseas/2011OverseasArtist/post-18.php



| |

2013年3月 1日 (金)

津村 記久子『やりたいことは二度寝だけ』を読んだ感想を、しゃべる帰り道

20130301Tsumura.mp3

 下記の本の感想を、しゃべる帰り道。

やりたいことは二度寝だけ津村 記久子『やりたいことは二度寝だけ』(講談社)



| |

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »