« ムノツィル・ブラス20周年記念ツアーを聴いた感想を、しゃべる帰り道 | トップページ | 『アクションゲームサイド Vol.B』を読んだ感想を、しゃべる帰り道。 »

2013年3月 4日 (月)

久々に書店をじっくり見た話を、しゃべる帰り道

20130304Book.mp3

 下記のとおり本を買った話。

@丸善・日本橋店
・西村佳哲『自分をいかして生きる』(2011年・ちくま文庫)

・野田昌宏:編『スペース・オペラ名作選 太陽系無宿/お祖母ちゃんと宇宙海賊』(2013年・創元SF文庫)
 かつて刊行されたアンソロジー二冊を一冊にまとめて復刊した本。

・小谷野敦『日本人のための世界史入門』(2013年・新潮新書)
 最近、ちょっと歴史を改めて勉強しなくてはと思っているので、購入。小谷野氏の著作は『もてない男』の頃から時々読んでいる。怖いけれど頼りになる先生という感じの著者。

・ヨシタケシンスケ『せまいぞドキドキ』(2013年・講談社)
 狭い場所についてのエッセイマンガ。私もどちらかというと狭いところが好きなので、気になって購入。ヨシタケ氏のなんとなく飄々としたイラストと文章のシリーズは味があって好きです。食の思い出をつづった「思い出し御膳」も併録。

・川本三郎『そして、人生はつづく』(2013年・平凡社)
 2010年~2012年の雑誌『東京人』の連載を中心にしたエッセイ集。奥様を亡くされてからの一人の生活を日記形式で書かれているとのこと。川本氏の文章というと、東京を歩いての様々をつづったものが好きなのですが、この本にも多く収録されている。


| |

« ムノツィル・ブラス20周年記念ツアーを聴いた感想を、しゃべる帰り道 | トップページ | 『アクションゲームサイド Vol.B』を読んだ感想を、しゃべる帰り道。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事