« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

【日記】日曜日の夜の憂鬱さについて

 日曜日の夜は憂鬱だ、というのはなんとなくみんなが共有している感情。
 しかし、実は私はそう感じるようになったのはここ数年になってから。学校出て、最初に9年勤めた会社は、小売業だったので原則として土日が休みではなかった。お盆休みも正月休みもなかった。だから平日に休んだり、変な時期にまとまって休んだりした。でも連休はあまり取らなかったなあ。結局その部署で実務を担当するのが自分だけだったから。まあその分、平日に展覧会や映画に行ったり(土日より人は少ない)、ライブに行きたい日に休んだりしていたけれど。あと仕事帰りに神保町やお茶の水に遊びに行ったりもしたけれど(職場が秋葉原だったので)
 今の勤め先に来て、週5日働いて週末2日休むという生活にも、そろそろ慣れてきた。ということは、日曜日の夜になんとなく憂鬱になったりする。ただ、仕事行くのが嫌というよりは、土日に充実した時間を過ごせなかった虚しさの方が大きい。そういう意味では、自分のやりたいことを自由にできた週末は、それほど憂鬱ではない。
 この土日はぼちぼち納得できる時間が過ごせたので、来週もそこそこ頑張ります。

| |

2014年3月30日 (日)

「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」展(森美術館)を見る

andy_warhol

アンディ・ウォーホル展:永遠の15分 | 森美術館
http://www.mori.art.museum/contents/andy_warhol/

 森美術館10周年記念展 アンディ・ウォーホル展:永遠の15分
 会期:2014年2月1日(土)-5月6日(火・休)
 会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)

 森美術館の開館十周年を記念した展覧会。そのテーマにウォーホルが選ばれたのが、この美術館の特徴を表していると思います。しかし、森美術館が(ということは六本木ヒルズも)十周年というのは、時の流れを感じる。

 展示は、ウォーホルが商業デザイナーとして働き始めてから、ポップアートの作家として知られていき、やがてはアメリカの、そして世界的な美術界のスターになるまでを作品とともに紹介。あまり美術家に「スター」という表現は使わないが、ウォーホルにはなんとなくその呼び方が似合うように思う。

 最初の展示はポートレイトが多く、そこには若い頃の写真もある。ウォーホルは容姿にコンプレックスがあったらしく、それが後のサングラスと銀髪のカツラといった扮装をする一因でもあったらしい。若い頃の写真を見る限りは、アメリカの若い男性の平均像からはそんなにずれていないように見えるが、ご本人には感じるところがあったのでしょう。そして、その若い頃に創られた作品はスタンダード。ウォーホルというと、革新的な美術家という印象が強いけれど、最初は奇をてらわないデザイナーだったのだと感じる(それが悪いという意味ではないので悪しからず。後とのギャップが印象的だったのです)。

 その後、いわゆるよく知られたウォーホルの作品が展示される。ウォーホルのスタジオ「ファクトリー」を再現した展示もある。そうした中でも、特に映像作品が印象的。これを大きなモニターに映す展示もある。

 最後には、ウォーホルが日常や旅先で手にした手紙、パンフレット、雑誌、チケットなどを集めた「タイムカプセル」の中から、日本を旅した時に入手したものを展示。これも面白い。そもそも、ウォーホルにこうしたコレクションがあることを初めて知りました。

| |

2014年3月29日 (土)

分かりやすくて面白い、オペラ入門編:上原正敏presents「大人の娯楽、オペラって何?」

opera

 下記のコンサートを聴いてきました。

上原正敏presents「大人の娯楽、オペラって何?」
2014年2月22日(土)・かめあり リリオホール
【出演】
(ソプラノ) 見角悠代
(メゾソプラノ) 川口真貴子
(企画・テノール) 上原正敏 
(ピアノ)古川かりん

 オペラの有名曲の演奏と、上原正敏さんの解説による(ご自身もテノールとして歌う)オペラ入門。この上原さんのお話が、客席からたびたび笑い声が起こる面白さで、かつ、とても基本的な部分から解説してもらえる。例えば、

  • オペラの最初に演奏される「序曲」にはどういう意味があるのか(演奏される曲の予告編)。また各幕の間の「間奏曲」は(クールダウンさせるための音楽)。
  • オペラは声の高さで演じる役が分かれている。それはなぜか(元々は照明の暗い中で演じられていたので、視覚的に役を見分けるのが難しかった)。
  • 「アリア」は、その登場人物が瀕死の状況でも大声で歌うのはなぜか(心の中の思いを歌うから)。
  • ある時期までのオペラの内容と、教会の検閲の関係。
  • 二重唱の時に登場人物がどこを向いて歌うか、どこで息継ぎをするかは、ふたりの関係を示している。

 などなど。公演中にメモを取っていたわけではないけれど、これだけ覚えているというのは、やはりそれだけ印象に残ったということなのでしょう。もちろん、オペラやクラシック音楽が好きな人にとっては当たり前の基礎的な知識だと思うけれど、私は30歳近くなってから手当たり次第にクラシック音楽を聞き始めたので、こういう知識をちゃんと押さえていない。だからすごく勉強になる。
 そして、これからオペラを通して聴いてみたい人へのアドバイスも。やはり最初はいきなりハイレベルなところには行かず、馴染みやすい作品から少しずつ聴いていくのがいいとのこと。セリフが日本語訳されている作品も良いでしょうという寛容さが、初心者には嬉しい。

 そして、勉強になるだけでなく、プログラムも有名曲中心で、堪能しました。客席は満員ではありませんでしたが(良い公演だったのでこれは惜しい)、公演のコンセプトにあったオペラについて知りたいという感じの熱心なお客さんが多くて、会場の雰囲気は良かったです。

【曲目】
モーツァルト『フィガロの結婚』より「序曲」
モーツァルト『フィガロの結婚』より「恋とはどんなものかしら」
モーツァルト『魔笛』より「復讐は私の心に燃えて」
ドニゼッティ『愛の妙薬』より「人知れぬ涙」
モーツァルト『フィガロの結婚』より「ケンカの二重唱」(日本語版)
ドニゼッティ『愛の妙薬』より「ラララの二重唱」

マスカーニ『カヴァレリア・ルスティカーナ』より「間奏曲」
ビゼー『カルメン』より「ハバネラ」
オッフェンバック『ホフマン物語』より「森の小鳥は憧れを歌う」
プッチーニ『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」
オッフェンバック『ホフマン物語』より「ホフマンの舟歌」
ヴェルディ『椿姫』より「乾杯の歌」

アンコール:ヨハン・シュトラウス2世『こうもり』より「シャンパンの歌」

| |

2014年3月28日 (金)

●なでしこリーグ2014開幕(2014/03/29・30) #nadeshiko _

*3月23日(日)に執筆しています。情報は執筆時点の内容です。

プレナスなでしこリーグ・プレナスチャレンジリーグ オフィシャルガイドブック 2013 今週末の試合を中心とした女子サッカーの話題です。


 2014年のなでしこリーグがいよいよ開幕します。開幕戦のカードは下記のとおり。
 なお、「味スタ西」とは調布の味の素スタジアム西競技場です。北区の西が丘サッカー場ではないのでご注意ください(あちらは「味の素フィールド西が丘」略して「味フィ西」と略されるので間違えやすい)。

第1節

03/29(土) 13:00    日テレ    -    AS埼玉    味スタ西

03/30(日) 13:00    ベガルタ    -    ジェフL    ユアスタ skyA(録)
03/30(日) 13:00    伊賀FC    -    新潟L    上野
03/30(日) 13:00    I神戸    -    浦和    ノエスタ BSフジ
03/30(日) 13:00    湯郷ベル    -    吉備国大    美作

(日本女子サッカーリーグ | プレナスなでしこリーグ2014 | 日程・結果
http://www.nadeshikoleague.jp/2014/nadeshiko/match/

 今シーズンのなでしこリーグは、まず2回戦総当たりの「レギュラーシリーズ」を行う。その後、上位6チームと下位4チームに分かれて、それぞれ2回戦総当りの「エキサイティングシリーズ」を行う。エキサイティングシリーズの上位リーグで一位になると年間優勝。下位リーグで四位となると降格、三位は入替戦に出場することになります。

参考:日本女子サッカーリーグ | リーグ概要| 大会概要 http://www.nadeshikoleague.jp/league/

 ちなみに、2015年シーズンは、なでしこリーグが1部、2部に分かれて、その下にチャレンジリーグが続く三部制になる。1部のチームには、いわゆるプロ契約(「サッカーに専念できる選手」という表現)三名以上、U-15のチームの保有などが必要とされている。明確に「ライセンス制度」という表現はなかったようですが、JリーグのJ1、J2ライセンスのようなものだろうと考えています。

参考:なでしこリーグ15年から3部制に移行 - サッカーニュース : nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20140317-1271649.html


 そしてチャレンジリーグは4/5(土)・6(日)に開幕します。こちらは昨年同様2ブロック制。1~7節に同ブロック、8~15節に別ブロック、16~22節に再び同ブロックのチームと対戦する。

Aブロック               
第1節               
04/05(土) 13:00    ノジマ    -    C大阪堺    ギオンス
04/06(日) 11:30    EFCL    -    日体FC    ニンスタ
04/06(日) 13:00    大阪高槻    -    アンジュ    高槻総合
04/06(日) 13:00    福岡AN    -    バニーズ    レベスタ

http://www.nadeshikoleague.jp/2014/challenge/match/index.php               

Bブロック               
第1節               
04/06(日) 11:00    常盤木高    -    Aハリマ    宮城県B
04/06(日) 11:00    ac福島    -    JSCL    時之栖裾
04/06(日) 13:00    S世田谷    -    清水第八    駒沢陸上
04/06(日) 14:00    静産大ク    -    AC長野    ゆめりあ

http://www.nadeshikoleague.jp/2014/challenge/match/index2.php

日本女子サッカーリーグ オフィシャルサイト | なでしこリーグ
http://www.nadeshikoleague.jp/


| |

【日記】生き方変えるなら、他人に強制されるのではなく自分で選ぶ方がいい

 生き方変えるなら、他人に強制されるのではなく自分で選ぶ方がいい。

 前の勤め先が倒産した(正確には民事再生法の適用を受けた)のが2008年10月。その後買収先の会社が現れたのが2008年の末くらい。で、今いる従業員は転籍するか退職するかみたいなことになって、その時に当時の社長さんが全員を集めた会議で言ったのがこんな言葉。

「転籍をするということは、まったく別の文化の会社で働くということです。勤務する場所も一緒に働く人も当分はこれまでと変わらないけれど、外国に行くようなものだと思ってください」

 社長さんにしてみれば、我々にハッパをかけたかったのだろうが、私はこれを聞いて、

「これは、買収先に行くのは止めよう」

 と決意したのだった。
 というのも、勤め先を買収したのは、一部上場企業ではあるが、従業員の扱い(給与も、福利厚生も)が極めて悪いことで有名な家電量販店だったから。

  別の会社で働くことが外国に行くようなという例えはよく分かる。だがその例えに沿えば、行きたくない国に誘拐されて連れて行かれるのと、最良でなくても自分で選んだ国に行くのと、どちらが良いか。どう考えても後者だよ。その点だけは、自分で探して今の勤め先に転職したことは後悔していない。

続きを読む "【日記】生き方変えるなら、他人に強制されるのではなく自分で選ぶ方がいい"

| |

2014年3月27日 (木)

■週刊ほんトーク:2014/03/10~03/22

 今は、

雑誌『ぶらあぼ 2014年4月』

 を読んでいます。


3月10日(月)

読んだ
雑誌『スポーツゴジラ 24号』

 特集「プロ野球選手のセカンドキャリアを考える」。興味深い。学業が免除に近い状態の学生の問題。選手からコーチ、監督となった場合は野球界しか知らないので、野球のことだけ考えていればいい、となってしまう。などなど。

特定非営利活動法人 スポーツネットワークジャパン
http://sportsnetworkjapan.com/index.html

3月11日(火)

買った@honto
雨隠 ギド 甘々と稲妻2 アフタヌーンKC
 妻を亡くした高校教師が、娘のため料理をつくろうと奮闘し、彼の教え子がその料理を手伝う、というマンガ。  

3月15日(土)

買った
真鍋博『超発明』(ちくま文庫)
 星新一氏の小説の挿絵他、様々なイラストや、エッセイでも知られた真鍋博氏の著作が文庫で復刊。私も、展覧会(リニューアル前の東京ステーションギャラリーで行われた)に行ったくらいのファンではあります。

三浦知良『とまらない』(新潮新書)
 カズこと三浦知良選手の本。2011年から2013年に『日本経済新聞』に掲載されたものをまとめている。以前同じ新潮新書で出た『やめないよ』の続編のよな位置づけ。

3月17日(月)

読んだ
音楽と私―クラシック音楽の昨日と明日 (なにわ塾叢書 (5))朝比奈隆『音楽と私 クラシック音楽の昨日と明日』(ブレーンセンター)
 大阪の出版社。1981(昭和56)年に大阪で行われたゼミ形式の講座の講義録。大阪府の主催する「なにわ塾」のひとつ。朝比奈氏の半生、西洋音楽と邦楽、作曲家・演奏家について、音楽教育や音楽と感動、などなど。1982年初版の本が今でも買えるというのが素晴らしい。

買った
雑誌『ぶらあぼ 2014年4月』
 クラシック音楽の情報誌。
ぶらあぼ http://ebravo.jp/

Jリーグ全選手名鑑 (NIKKAN SPORTS GRAPH)『Jリーグ全選手名鑑』(日刊スポーツ)
 昨年まではこういう選手名鑑は買わなかったのだけれど、今年はちょっと買ってみようかと思って。

3月18日(火)

買った@Amazon.co.jp
芥川也寸志『音楽を愛する人に』(ちくま文庫)
 下記のンターネットのコラムで紹介されていて、気になったので古本を探して購入。
★猫丸しりいず第200回 | diskunion吉祥寺クラシック館
http://blog-kichijyouji-classic.diskunion.net/Entry/2001/

3月21日(金・祝)

買った@丸善・日本橋店

佐藤真海 ラッキーガール 集英社文庫
 オリンピック招致のプレゼンテーションが印象的だった著者が、2004年に刊行した本が文庫化。どのような人なのか興味があって購入。

西成活裕 シゴトの渋滞学 新潮文庫
 著者は非線形動力学、渋滞学の研究者。この本では、仕事の非効率さを渋滞と同じ観点から見て、どうすればそれが解消できるのかを考える。

堀公俊 (ビジュアル)ビジネス・フレームワーク 日経文庫
 物事を考える上での枠組みを図解した本。マインドマップとかPDCAとか非常に有名なものもありますが、今一度おさらいしようかと思いまして。

#久々にゆっくりと書店を見て歩く。こういうときに行きたいのは日本橋の丸善です。小さくはないけれど大きすぎず、本の並べ方も私の好みに合っているので。そういう書店というと、あとは渋谷のブックファーストかな。

続きを読む "■週刊ほんトーク:2014/03/10~03/22"

| |

2014年3月26日 (水)

「ロマンス の かみさま は、 バブルと ともに はじけました」

ロマンスの神様

 「ロマンスの神様」という歌があります。今の若い人は知らないかもね。

 この間晩飯を食べていたラーメン屋の有線放送で流れたので久々に聞いたのだが、つくづくバブルの時代の浮かれっぷりが恥ずかしげもなく表に出ている曲だと思う。ラーメン屋の有線放送ででも流れない限り、聞きたいと思う曲じゃありませんわな。そしてラーメン屋の有線放送で聞いたら、飯がまずくなりますわな。

 発表は1993年。真剣に仕事していなくて仕事もできなさそうだけれど、時代のおかげでそこそこ給料もらっている頭悪い女の人が、合コンで好みの男の人見つけてうはうはー、みたいな歌です。少なくとも私の感受性ではそんな歌に聞こえます。済みませんねえセンスがなくてうはうはー。

 で、この歌の世界って、私の世代が(それが言い過ぎなら私個人が)恨みに思っている「バブル期に青春を謳歌した世代」の光景そのものなのよね。私は1977年生まれで、2000年に学校出て社会人になった、いわゆる「就職氷河期」世代。
 で、1965~1970年くらいに生まれて、1985年~1990年くらいに社会人になった世代がいわゆる「バブル世代」。なにしろ、学生は大企業から内定がばんばんもらえて、企業は他の会社の試験に行けないように内定出した学生を遊園地に集めて遊ばせたりとか(やっていることの本質は監禁とほぼ同じですが)、そんなことをしていた時代。

 その世代の特定の個人を嫌うわけではない。ではないが、前の勤め先ではその世代に信用できなかった人が多かったこともあり、なんとなく世代そのものに恨みがあります。「チミたちがもっと地道に働いてりゃ、今の日本もう少しましだったんだと思うよ」というね。もはや八つ当たりに近いですけれどね。

 しかしこの曲を作詞作曲して歌った人の、その後も流行に乗ったり、過去の栄光をお金にしたりという能力はすごいと思います。そこに恥じらいを感じない精神力というのはちょっとうらやましい。私はそういう力を授けようと言われても断るけれど。そういえば、日本のtwitter黎明期にも突然出てきたりした。あれは驚いたね。倒したはずのラスボスが妖怪に変形して甦るみたいな驚き。

| |

【日記】コンバート、残留か移籍か

 諸事情により、夜中の2時過ぎに公開するように設定します。

 4月から、勤め先で担当する仕事が変わることになりまして。部門は同じですけれどね。
 あまりあれこれ書くのは差し障るかもしれないので(私はいっこうに構いませんが)、サッカーに例えてみようかな。

  • これまでサイドバックとしてプレーしていた俺は、新シーズンからサイドハーフにコンバートされることになりました。
  • 代わりに、これまでトップ下を務めていたMFの選手が、ディフェンスのリーダーを務めるためにコンバート。
  • チームは、FW・MFといったポジションを強化すべく、他チームから選手を補強。MFのリーダーとなるベテラン選手も獲得。
  • チームのフォーメーションにも変化が。これまでは6-4-0くらいの配置だったのが、5-3-2くらいに(これはどうでもいいや)。
  • これまでチームを混乱させていた選手兼任監督は、監督に選任することに。ロクな運動量もないくせに的外れなコーチングをしていた存在はピッチから離れますが、監督であることに変わりはありません(これが大問題)。
  • チームは決して悪い状態ではありませんが、いかんせん他のチームのレベルが低く、リーグ全体としての質は決して高くありません(これも大問題)。

 よく分かりませんね。私は非常によく分かけれど。
 で、問題は、私はどうすべきか。このまま今のチームでプレーを続ければ、ポジションはあるでしょう。もしかしたら、行く行くはキャプテンとか監督にもなれるかもしれません。
 しかし問題は、監督がなかなか辞めないこと。そしてこのリーグでは、監督というのは伝統的によそのリーグからくるということ。リーグ内のチームで実力をつけても、監督になれる望みは薄い。

 そして、リーグ全体のレベルが低い。だから、同リーグ内の別チームに移籍するというのはあまり状況に変化がない。そして、もたもたしているとリーグが解散しないとも限らない。

 やっぱり海外移籍かなあ(海外というのは、文字通りの意味ではないです)。

続きを読む "【日記】コンバート、残留か移籍か"

| |

2014年3月25日 (火)

【ポッドキャスト】フィリップ・K・ディック『時は乱れて』を読んだ感想を、しゃべる帰り道(2014.02.21)

20140221PhilipDick.MP3

 下記の小説の感想を、しゃべる帰り道。

時は乱れて (ハヤカワ文庫SF)
フィリップ・K. ディック
早川書房
売り上げランキング: 40,463

| |

2014年3月24日 (月)

【ポッドキャスト】『山之口貘詩文集』の感想を、しゃべる帰り道(2014.02.18)

20140218YamanoguchiBaku.MP3

 下記の本の感想を、しゃべる帰り道。

山之口貘詩文集 (講談社文芸文庫)
山之口 貘 山之口 泉
講談社
売り上げランキング: 179,187

| |

2014年3月23日 (日)

【日記】ちょっとだけ復活

●3月に入ってから、心身ともあまり具合が良くなかった。体の具合は、原因は良く分からないです。急に頭痛がしたり、めまいがしたり、ひざが痛くなったり。精神的には、時々起こる不定愁訴のような症状。なんとなくイライラしたり落ち込んだりする。原因は仕事ですけれどね。目的とか行き先が良く分からないまま仕事を進めないと行けないことが多くて。日々の仕事は自分の考えで進めればいいのですが、職場としてのプロジェクトが、リーダーになるはずの上司の考えがぶれていて。というか、上司自身に確固たる考えがないので言うことが次々変わる。そして最後には放り投げて逃げるという。最悪の人間ですよ、あの上司は。そういう人間を管理職に置かざるを得ないくらいの人材不足なんですけれどね。そんなこともあるので、たぶん仕事以外の色々な方にも嫌な思いをさせているのでしょう。時々、自分が嫌われているんだろうなあと思って落ち込むことがあります。まあでも、仕方ないかなとも思う。人と人との関わりは、そのようなものかと思っているので。

●しかし、21日(金・祝)から23(日)は仕事が休みだったので、ここで随分落ち着いた。無理に出かけずに、なるべく家でぼんやりしたり、睡眠時間を延ばしたりしたのが良かったのでしょう。あとは、陽気が暖かくなってきたことも影響していると思う。まだ朝晩は寒いですが、昼間などは分厚いコートでなくても歩けるようになったので。春分の日の頃に暖かくなって、連休があってというのには随分救われる気がする。思えば、2011年もそうだった気がするんだよな。地震があって、会社のそばに泊まり込みで仕事させられて、という状況が落ち着いて、休みの日に池袋のライブハウスへ行ったのを覚えている。

●4月になれば、徐々に調子を取り戻せるのではないかなと思っています。まあ、あまりあせらずにちょっとずつ。

| |

■週刊ほんトーク:2014/03/01~03/09

 今は、

音楽と私―クラシック音楽の昨日と明日 (なにわ塾叢書 (5))朝比奈 隆 音楽と私―クラシック音楽の昨日と明日 (なにわ塾叢書 (5)) 共同ブレーンセンター

 を読んでいます。


3月4日(火)

読んだ
J2白書〈2013〉J’s GOAL J2ライター班 (著) J2白書 永久保存版 2013 東邦出版
 J2の22クラブの目指すところの違い。早期にJ1復帰を目指すビッグクラブ、毎年昇格に近いところまで行きながら、なかなか果たせないクラブ、チーム・選手が若いクラブ、育成や地域密着を主眼とするクラブ。
 クラブの多様性という意味では、J1よりも豊かで面白いかもしれない。

3月7日(金)

読んだ
知的創造の作法 (新潮新書)阿刀田 高 知的創造の作法 (新潮新書)
 いわゆるビジネス的な知的生産ではなく、著者が小説家として作品を生み出すための考え方、情報のインプットや整理の仕方などがまとめられている。

3月9日(日)

買った/読んだ
深夜食堂 12 (ビッグコミックススペシャル)安倍 夜郎 深夜食堂12 小学館

 以前ほど夢中で読んでいるわけではないけれど、休みの日の夜に、ゆっくりと読むと、やはりいいマンガだと思う。


●気になる本

・泉 麻人 (著), 村松 昭 (著) 大東京23区散歩 講談社
 泉麻人さんの東京歩きの本は、ずいぶんと読んだ。やはり気になります。

シューティングゲームサイド Vol.9 (GAMESIDE BOOKS) (ゲームサイドブックス)シューティングゲームサイド Vol.9 マイクロマガジン
 特集は「R・TYPE」です。

シューティングゲームサイド Vol.9 | ゲームサイド公式サイト GAMESIDE
http://gameside.jp/sgs/sgs9/

・観光ガイド「葛飾読本」第2号配布-商店街すごろくやモンチッチの部屋探しも - 葛飾経済新聞
http://katsushika.keizai.biz/headline/1016/?1394115588823
「冊子は区内主要施設のほか京成線や北総線の主要各駅、東京ソラマ チ、東京駅など区内外120カ所で配布している」


●本に関するニュース

・やっぱりサウナは必要、との見解:ヘルシンキ中央図書館の新館建築 | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/node/25648
「この案では、音楽やマルチメディアの ワークショップスペースなどのほか、公共のサウナも設置するものとなっていました」

・「ゲームサイド」シリーズ電子版、Kindle版のお知らせ | ゲームサイド公式サイト GAMESIDE
http://gameside.jp/blog/140306-2/
「「シューティングゲームサイド」「アクションゲームサイド」「アドベンチャーゲームサイド」3誌の電子版が、Kindle にも対応」

・新潟県立図書館、ギャラリー展示「ふくしま~東日本大震災の記憶と復興への歩み~」を開催 | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/node/25606
「震災の記憶を風化させないこと、また、復興への支援につながることを願って、」

・ブログに書評を掲載しました
【書評】なにかを始めるときに早すぎることも遅すぎることもない:安藤百福発明記念館『転んでもただでは起きるな! 定本・安藤百福』:
https://konohamoero.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-0d96.html


バックナンバー

木の葉燃朗の「本と音楽の日々」: 週刊ほんトーク(旧ブログ版。~2014年1月)
 http://konohamoero-archives.seesaa.net/category/22066814-1.html

木の葉燃朗の週刊ほんトーク(web版。~2009年5月)
 http://konohamoero.web.fc2.com/booktalk/index.html




| |

2014年3月22日 (土)

ゲームの中でくらい、飲みまくって吐きまくる:カードゲーム「オトーリバース」 #ボードゲーム #boardgamejp _

otooreverse

 カードゲーム「オトーリバース」(アルハラシステムズ)を入手しました。

 「購入しました」ではなく「入手しました」というのはなぜか。実はこのゲーム、年末年始に再販に向けたクラウドファウンディング(個人からの少額投資募集)が行われて、私もその試みとゲームの内容に惹かれて応募し、その特典としていただいたから。

 ゲームの内容は、キャラクターがみんなでお酒を飲んで、お酒のカードをなるべくたくさん集めていく。しかし、キャラクターには飲める限界値があって、それを超えると吐きます。そしてそのカードは捨て札に。
 しかし、キャラクターによってお酒への耐性が異なったり(強い酒、弱い酒がある)、他人にお酒を勧め(押しつけ)たり奪ったりすることもできて、そのあたりがゲームの深みになっているようです。

 私は基本的にお酒は飲まないし(飲めなくはないのだが、体の具合が悪くてね)、酔っぱらいも嫌いなのですが、そういう人間も飲んで、吐いて、を疑似体験(疑似体験といえるかは分かりませんが)できるのは面白いのではないかと思う。もちろんそういうシチュエーションを抜きにしても、カードゲームとして面白そう。

アルハラシステムズ
http://alhara-systems.hatenablog.com/

| |

「Answer×Answer(アンサー・アンサー) Live!」の「スペシャルジャンル サッカーにチャレンジ」初日の感想 #AnxAn _

Answer×Answerマニアックス (ホビージャパンMOOK)

 ゲームセンターのネットワーク対戦クイズ「Answer×Answer(アンサー・アンサー) Live!」、毎月イベントクイズがあるのですが、3月後半は「スペシャルジャンル サッカーにチャレンジ」です。3月20日(木)~30日(日)開催なので、今日早速遊んできた。

 第一印象を書いておきます。なお、完全に「アンサー×アンサー」をご存じの方向けに書きます。ご了承ください。S1リーグで三戦、SS3リーグで三戦しての感想です。

  • 「サッカー」といっても、サッカーマンガも含みます。サッカーマンガは、私は『キャプテン翼』と『GIANT KILLING』しか分からんすなあ。『GIANT KILLING』なら登場するクラブチームの名前とか、ちょっと細かい問題にも対応できるけれど(それで総取りした)。
  • あと、もちろん女子サッカーの問題もあります。私が今日見たのは、日本代表(なでしこジャパン)の選手名を答える連想問題。
  • 意外と問題数が少ない気が。まだ初日だからかな。1st、2ndラウンドでまったくスペシャルが出ない回も。あと、「この問題さっき出た」というのがふたつ。さすがに覚えていて、漢字テクニカルを2秒で答えたりする。

 しかし、なんだかんだで自分が好きなジャンルの問題なので楽しい。日本、海外、最近から昔の話題まで、幅は広いので力試しになります。どちらかというと最近の問題よりも、少し前の問題の方が分かるかもしれない。この辺は多少長生きしている人間の強みかも。

 課長、このジャンル得意かもしれません(私は有野さんでもないし課長でもない)。

ネットワーク対戦クイズ Answer×Answer Live!
http://anan.sega.jp/
クイズ「アンサー×アンサー」 (Quiz_AnxAn) Twitter
https://twitter.com/Quiz_AnxAn


http://anan.sega.jp/monthly_schedule/schedule_201403.html
 

| |

2014年3月21日 (金)

『オーケストラがやって来た』のDVD-BOXを買う。

オーケストラがやって来た DVD-BOX

 『オーケストラがやって来た』は、1972年から1983年にTBS系列で放送されたテレビ番組。山本直純と小澤征爾、ふたりの指揮者が様々な観点からクラシック音楽の魅力を伝えた番組。この約10年間、全544回から名場面を選定したDVD-BOX。
 とはいえ、私もリアルタイムでは見ていない。番組が終了した1983年でも私はまだ物心が付くか付かないかの頃だったし(6歳でした)、我が家にはクラシック音楽に親しむ習慣はなかったので。

 しかし、DVDの発売を知って、広告で当時の映像を見て、主なゲストの名前を読むと、俄然見たくなる。そして、かつてこうしたテレビ番組が放送されていたことの貴重さを思う。『オーケストラがやって来た』がクラシック音楽を聴き始めるきっかけとなった方も、きっといらっしゃるのだろう。
 そして、そこには山本直純・小澤征爾のふたりの友情や熱意があったのだろうと思うと、色々な感慨がわいてくる。山本氏が、自分はクラシックの裾野を広げるので、小澤氏に世界を目指して欲しいと話したというエピソードを、以前本で読んだ。そのとおりになったのだと思う。山本直純さんのことは、こども心にCMなどで見て記憶している。当時の自分は指揮者という存在があまり理解できていなかったと思うが、それでも記憶しているのだから、その活躍ぶりが伺える。日本船舶振興会の「火の用心のうた」などは懐かしいです。

 少しずつ楽しみにして見ようと思います。ちなみにDVDは単体でも販売されているので、気になる巻をまず見てみるのも良いかと思います。

オーケストラがやって来た 第一楽章 山本直純編 ~ヒゲの超人 響いた、跳んだ! ~ [DVD] オーケストラがやって来た 第二楽章 小澤征爾編 ~音楽は神さまの贈りもの~ [DVD] オーケストラがやって来た 第三楽章 伝説の名演奏・名企画 ~たっぷり10選~ [DVD] オーケストラがやって来た 第四楽章 夢の共演オンパレード ~泣いて笑って心に刻んだ~ [DVD]

第一楽章 山本直純編 ~ヒゲの超人 響いた、跳んだ!
第二楽章 小澤征爾編 ~音楽は神さまの贈りもの~
第三楽章 伝説の名演奏・名企画 ~たっぷり10選~
第四楽章 夢の共演オンパレード ~泣いて笑って心に刻んだ~

 動画は、番組を制作したテレビマンユニオンのwebサイトで、一部アーカイブスが配信されています。

オーケストラがやって来た 「第3回 オザワ・セイジの赤とんぼ」 より |テレビマンユニオン チャンネル|TV MAN UNION CHANNEL
http://tvuch.com/social/25/

| |

2014年3月20日 (木)

買ったCD:サキタハヂメ『SAW CLASSIC 1&2』

 
サキタハヂメ『SAW CLASSIC 1』(BJCD-10)/『SAW CLASSIC 2』(BJCD-11)

 西洋のこぎり(ミュージカル・ソウ)の奏者、サキタハヂメさんのCDが二枚同時に発売されました。今回は、すべてクラシックの曲をのこぎりとバンドでの演奏向けに編曲したものを収録。傾向として、『vol.1』はゆったりしたテンポの曲、『vol.2』はアップテンポの曲が収録されている。

 ミュージカル・ソウは、欧米で主に使われる片刃のこぎり。演奏用に切れないように刃を細工しているものもあれば、のこぎりとして市販されているものを使う場合もあるようです。演奏の方法は大きく二種類あって、一つは弦楽器のように弓で弾く奏法。もう一つはバチ(マレット)で叩く奏法。どちらも、他の楽器では聞こえてこないような、独特の音色がして魅力的。弓で弾いてもバチで叩いても、のこぎりをゆすることで、ビブラートというか音のゆらぎが出てきて、これが独特なのだと思う。

 サキタハヂメさんは、新谷キヨシさんとのユニット「はじめにきよし」などでもその名前は知っていて、なんとなく興味があってCDを買ったのが聴き始めと記憶している。大阪を中心に、関西で活動されているので、なかなか生演奏を聴ける機会は貴重なのですが、それだけに東京でのコンサートには可能な限り足を運んでいる。

 3月28日(金)にも、永福町のsonoriumでCDのリリースを記念したコンサートが行われます。

03/28(金) 18:30 開場 19:00 開演
サキタハヂメ ミュージカルソウ コンサート 天上の響き 2014
のこぎり サキタハヂメ Pf. 山下憲治 アルパ. 上松美香 Perc. 山下由紀子

sonorium | 永福町の音楽ホールへようこそ
http://www.sonorium.jp/concert/

サキタハヂメの のこぎり音楽 http://www.musicalsaw.net/

| |

2014年3月19日 (水)

3月20日(木)~30(日)の「Answer×Answer」は「スペシャルジャンル サッカーにチャレンジ」 #AnxAn _

http://anan.sega.jp/monthly_schedule/schedule_201403.html

 アーケード版のネットワーク対戦クイズ「Answer×Answer(アンサー・アンサー) Live!」。毎月特集がありますが、3月20日(木)~30(日)は「スペシャルジャンル サッカーにチャレンジ」とのこと。詳細は公式サイトや公式twitterでの告知でご確認ください。

ネットワーク対戦クイズ Answer×Answer Live!
http://anan.sega.jp/
クイズ「アンサー×アンサー」 (Quiz_AnxAn) Twitter
https://twitter.com/Quiz_AnxAn

| |

2014年3月18日 (火)

【日記】苦労話という名の自慢話をする人間には気をつけろっ!


新聞や雑誌の経営者インタビューを読むと、若い頃に「徹夜も厭わず働きました」とか「一時期は土日も祝日もありませんでした」みたいなことを語る人がいます。わざわざ語るってことは、読む側の私は、その人たちにとって自慢の経験なのだと受け取っています。あるいはメディアがそう仕立てたいのか。

しかしよく考えたら、それって自分の無能さをひけらかしているだけなんじゃないか。休みもなく徹夜で働かなきゃいけないって、そのプロジェクト(単純に「仕事」でもいいけれど)が上手く進行しないで破綻した、それをカバーする方法もなかったので自分が穴埋めした、ということではないのか。あるいは、そもそも自分の身の丈(能力とか、持っている資源とか)に合わない仕事を、無茶してやったというだけか。

例えば、東京から新宿まで電車に乗れば30分かからないで行けます。でも、歩いて行くと何時間もかかります。
「徹夜も厭わず働きました」とか「一時期は土日も祝日もありませんでした」というのは、「東京から新宿まで歩きました」と言っているのと同じようなことじゃないのか。
もちろん、本人が好きでやっているならいいんですよ。私は「趣味で東京から新宿まで歩いてみました」という人を悪いとは思わない。他にも、休みは一日中、時には寝ないで趣味に没頭するのは、良いと思います。程度にも寄りますが。

しかし、仕事で徹夜とか休みがない経験を自慢げに語るのは、せいぜい「ふうん、そうですか」くらいの感想しかない。本心では「そんな仕事の仕方、だめでしょ」くらいは思います。

なぜならば、仕事というのは他の人と一緒に行うから。もう少し露骨に言えば、仕事というのは否応なく他人を巻き込むから。

怖いのは、経営者にそういう人が多いということ。分かりますわね。仕事の上で自分が過去にやったことは、他人(自分より若い人間)にもやらせるんですよ。そういう人の決め台詞は「俺の若い頃は」ね。
しかし、「俺の若い頃は徹夜も厭わなかった、休みもなかった」と言う人がいたら、その人が「その当時いくらもらっていたのか」、「その見返りはなんだったのか」を考えた方がいい。当時が今よりも高給取りだったら、「それだけの仕事にこれだけの給料があったんですよね。今はそんなにたくさんの給料はもらえないですよ」と言えばいい。給料も見返りもなかったんだとしたら、それは単に自分がしたつらい思いを後の世代にも味あわせようというだけなので、離れておいた方がいいでしょう。

| |

【ポッドキャスト】雪降る中、冬季オリンピックについてしゃべる帰り道(2014.02.14)

20140214SnowOlympic.MP3

 雪降る中の帰り道、長野やソチでの、冬季オリンピックについてしゃべる帰り道。

| |

【日記】春になったら、

春になったら、四月になったら、私のなんだか調子の悪い心身も、少しは元気になるだろうか。
毎年1月は、前年の忙しさ(10~12月に月80時間くらいの残業が三ヶ月続くような、そういう状況)で体調を崩して、そこから時間に多少余裕の出来る冬を乗り切って、暖かくなって、桜が咲いて、となれば、なんとなく具合が良くなるのだけれど。
今年はどうにも体調が改善しない。今はむしろ、1月よりも具合は悪いかもしれない。体調もそうなのですが、気分が晴れない。やっぱり職場が悪いんだろうなあ。

-----
上とは別の話になりますが、広い意味での芸術には、人の考え方を、行動を、ということは生き方を変えることができるのだと思う。きっと。そう信じる。

| |

2014年3月17日 (月)

ゲームへの熱中度と『メタルマックス2:リローデッド』

メタルマックス2: リローテッド(特典なし)

 PSPとニンテンドーDSを買った頃から、実は据置型のゲーム機はほとんど遊ばなくなりました。時間と、設置場所がなくて。家の中でも携帯型ゲーム機、外に持ち出しては携帯型ゲーム機という感じです。ゲームボーイアドバンスSPなども時々持ち出します。

 で、特定のゲームに熱中しているかどうかのバロメーターが、だいたい下記のような感じになっている。

  • レベルA:暇ができたらなんとなくそのゲームに手が伸びる。
  • レベルB:家の中で気がつくとそのゲームを遊んでいる。休みの前の日は夜中まで遊ぶことも。
  • レベルC:休みの日の外出は、移動中読書をせず、ゲーム機を持ち出して遊んでいる。
  • レベルD:通勤にもゲーム機を持参し、昼休みにも遊んでいる。
  • レベルE:冨樫義博先生のマンガ。

レベルE全3巻 完結セット (ジャンプ・コミックス) 『レベルE』は関係なかったな。

 今遊んでいるのは『メタルマックス2:リローデッド』(ニンテンドーDS)。休みには移動中も持ち出して遊んでいるので、レベルCくらいになるかな。スーパーファミコンの『メタルマックス2』は遊んだ記憶があるが、「あれ、こういうゲームだったっけ」と新鮮な気持ちになることしばしば。もちろん、戦車を改造して敵と戦うという骨子の部分は変わらないし、かつて『メタルマックス2』を遊んだのが10年以上前だから、色々忘れていることもあるだろうけれど。
 でも新鮮な気持ちで遊べる一番の理由は、それだけ丁寧にリメイクしているということなのだと思う。面白い部分を遊ぶために、ゲームのテンポが悪くなりそうな部分をなるべく省略している。うん、これは快適です。

メタルマックス2:リローデッド http://metalmax.info/mm2r/

| |

2014年3月16日 (日)

「ハイレッド・センター:直接行動の軌跡」展を見る(渋谷区松濤美術館で3月23日まで)

HiRedCenter

 渋谷区の松濤美術館で、「ハイレッド・センター:直接行動の軌跡」展を見る。

 「ハイレッド・センター」というのは、高松次郎、赤瀬川原平、中西夏之の三人を中心に、1960年代に活動した前衛芸術のグループ。アクションとかハプニングと呼ばれるような、ギャラリーや美術館を出た行動芸術を主に行った。グループ名は、高松の「高」、赤瀬川の「赤」、中西の「中」を英語にしてつなげたもの。

 私は赤瀬川原平さんの『東京ミキサー計画』 (1994・ちくま文庫)や『反芸術アンパン』 (1994・ちくま文庫)でその名を知って、「面白いことをしていたんだなあ」と思った記憶がある。

 そうした多少の予備知識はあったのだけれど、今回改めて展示を見ると、色々なことに気づく。例えば、ハイレッド・センターの活動は、1963年の春から1964年の秋くらいまでの約1年半に集中していること。結成記念の「第5次ミキサー計画」から、帝国ホテルの一室を借りた「シャルター計画」、画廊を閉鎖した「大パノラマ展」、ビルから様々なものを投げる「ドロッピング・ショー」、そして銀座の一角のごく一部を徹底的に掃除する「首都圏清掃整理促進運動」まで、すべてこの時期に行っている。その間の1964年1月には、赤瀬川原平さんの模造百円札が通貨偽造として事件になる(裁判は1965年から1967年まで行われる)。すごい濃密な活動。
 また、「ハイレッド・センター」というと高松、赤瀬川、中西の三氏を連想するが、和泉達氏が「合法部員」として名を連ねていたり、音楽家の刀根康尚、小杉武久の両氏も参加していたりする。

 ハイレッド・センターの前後の時期の作品も展示されていて、例えば赤瀬川さんのコラージュ作品1961年~1963年)などは、あまり見慣れないので、貴重だった。

 会期は3月23日(日)まで、午前10時~午後6時。17日(月)は休館。白井晟一氏設計の建物そのものも趣がありますし、区立の美術館ということもあって、なんと一般300円(小中学生100円)で見ることができる。

渋谷区立松濤美術館
http://www.shoto-museum.jp/

| |

2014年3月15日 (土)

「モーツァルトらしさ」:「Tree of music vol.07 モーツァルトの午後2」(2014.01.26)を聴く

モーツァルト生誕250年記念 エターナル:モーツァルト

 下記のコンサートを聴く。木管楽器とハープ、ピアノによるアンサンブル。プログラムはすべてモーツァルト。もともとその楽器のために作曲された曲もあるが、そうでない曲を編曲したものも。

・Tree of music vol.07 モーツァルトの午後2
・2014年1月26日(日)
・かつしかシンフォニーヒルズ・アイリスホール

プログラム

オペラ≪フィガロの結婚≫より 序曲
Opera "The Marriage of Figaro" Overture

アイネ・クライネ・ナハトムジーク ト長調 K.525
"Eine Kleine Nachtmusik" in G Major K.525

2台ピアノのためのソナタ ニ長調 K.448より 第1楽章(ピアノ連弾)
Sonata for 2 Pianos in D Major K.448 1.Allegro con spirit

フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299(297c)より 第1楽章、第2楽章
Concerto for Flute and Harp in C Major K.299(297c) 1.Allegro 2.Andantino

ロンド ニ長調 K.Anh.184
Rondo in D Major K.Anh.184

ファゴット協奏曲 変ロ長調 K.191より 第1楽章
Concerto for Fagot in B♭Major K.191 1.Allegro

ピアノと管楽のための五重奏曲 変ホ長調 K.452
Quintet for Piano and Winds in E♭Major K.452

(Tree of music コンサート情報 - Encore Collection http://treeofmusic.jp/concert.html

 アンコールに「トルコ行進曲」。

 実は私は、モーツァルトの作品はあまりちゃんと聞いてこなかった。理由のひとつには、高校生の頃に音楽の授業で映画『アマデウス』(1984・アメリカ・ミロス・フォアマン監督)のビデオを見て、そこに登場したモーツァルトがなかなかのろくでなしに描かれていて、音楽を聞く前に先入観ができたから。クラシック音楽を聞くようになったのはそれから10数年が経過した30歳過ぎてからだったのですが、若い頃の記憶は残るもののようです。ちなみに今思うと、その授業では『ウェスト・サイド物語』なども見た記憶とか、『野ばら』の複数の作曲家の作品や異なる訳詞の比較なども行った記憶があるので、今なら面白く勉強できたんだろうなあと思う。

 話がずれました。

 ともあれ、なんとなくモーツァルトには好感が持てずに、これまで「聞かず嫌い」できた。しかし、実際に聞いてみれば名曲は多数だし、クラシック音楽のCDやコンサートだけでなくて、ポピュラー音楽や映画やテレビなどでも、モーツァルトのメロディーは使われている。

 今日、すべてモーツァルトのプログラムを聴いてみて興味深かったのは、聞き馴染みのない曲も、なんとなくモーツァルトらしいということを感じられる点。もちろん、元々モーツァルトの曲だけのコンサートだと分かっているからそう感じるのかもしれないし、比較的有名な曲が多いこともあるだろう。自分が意識しないうちに、様々な場面で聞いていたのかもしれない。
 それでも、同時代の作曲家や、他の様々な時代の作曲家と比較しても、あまり似た雰囲気の作風の作曲家がいない存在だと思う。そんなことも感じることができて、興味深かった。

| |

2014年3月14日 (金)

【ポッドキャスト】「文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」と「アンディ・ウォーホル展」の感想を、しゃべる帰り道(2014.02.10)

20140210MediaArt_Warhol.MP3

 下記の展覧会を見た感想を、しゃべる帰り道。

・第17回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展
  第17回文化庁メディア芸術祭
  http://j-mediaarts.jp/?locale=ja


・アンディ・ウォーホル展:永遠の15分 | 森美術館
http://www.mori.art.museum/contents/andy_warhol/

| |

2014年3月13日 (木)

「ゲルインカー」 #bungu #文具 ゲルインクのペンを使い始めた話

gelink

 ▲ゲルインカーのイメージ。なんとなくゲルショッカーみたい。

三菱鉛筆 ジェットストリーム 3色ボールペン (ボールペン0.7mm黒・赤・青) 透明ブラック SXE340007T.24 プレスマン/PRESS MAN シャープペン 0.9mm パックタイプ MPS-200パック #1
(左) ジェットストリーム 3色ボールペン (ボールペン0.7mm黒・赤・青)
(右)プレスマン/PRESS MAN シャープペン 0.9mm

 ペンといえば、長らくジェットストリーム(三菱鉛筆)を使ってきて、昨年あたりから9mmシャープペンのプレスマン(プラチナ萬年筆)も併用している私ですが。

 今年は、急に水性ゲルインク(ジェルインク)ペンのブームが来た。

 きっかけは、一昨年に買った福袋に入っていたゲルインクのペン。具体的には無印良品の「中性(ゲルインキ)ボールペン」。これが、なんとなく今使っている手帳(マークスの「EDiT」)との相性が良いようで、手帳と一緒に持ち歩いていた。

ゼブラ サラサクリップ 0.5mm ブルーブラック JJ15-FB
ゼブラ サラサクリップ 0.5mm ブルーブラック

 ただこれはキャップ式なので、ノック式があればいいかなあと思っていて、同じく無印良品で「さらさら描けるゲルボールペン」を購入。そしてご存じの方も多いと思いますが、これ、「サラサクリップ」(ゼブラ)と同じものです。最近、メーカーと無印良品が組んで、メーカー名や商標名を出さずに無印良品で販売する例がありますが、これもその一つ。

 ゲルインクのペンを本格的に使うのって、高校生や大学生の頃のノート書き以来のような気がして、そんな懐かしさもあります。

ZEBRA | ゼブラ株式会社 | サラサクリップ
http://www.zebra.co.jp/pro/sarasa-clip/
ジェットストリーム スタンダード | JETSTREAM 単色 | 油性ボールペン | ボールペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社
http://www.mpuni.co.jp/products/ballpoint_pens/ballpoint/jetstream/standard.html
プラチナシャープペン
http://www.platinum-pen.co.jp/sharp_06.html

| |

2014年3月12日 (水)

新製品:ペンタイプのマーキングテープ「モジライナー」(プラス) #bungu #文具 _

 プラスから新しい製品が発売予定。文字を書いた上からなぞってデコレーションできる半透明のテープ。

新感覚!マーキングテープ 「モジライナー」10色を新発売 | PLUS プラス株式会社
http://www.plus.co.jp/news/140225.html

「モジライナー」は、“文字の上を飾って目立たせる”ことに着目した新感覚の「マーキングテープ」。半透明のテープを引くと、色・素材感にこだわった柄が転写され、下地が綺麗に透けて文字を引き立たせます。

 テープはデコラッシュの本体に付けられるので、デコラッシュをお持ちの方は「モジライナー」のテープを買って使うこともできます。「デコラッシュ」はマスキングテープ的な飾り用、「モジライナー」はマーカー的に文字を飾る、というような使い分けもできるようです。
プラス デコラッシュ レトロ 47154
プラス デコラッシュ レトロ 47154

テープは互換性があるので、デコレーションテープ「デコラッシュ」※1や修正テープ「ホワイパーラッシュ」※2とテープ交換すれば、1つのボディーでどちらにも使用できます。

http://www.plus.co.jp/news/140225.html

プラス株式会社ステーショナリーカンパニー / PLUS Stationery/デコレーションテープ デコラッシュ
http://bungu.plus.co.jp/sta/product/correct/whiper/decorush.html

| |

2014年3月10日 (月)

【ポッドキャスト】コンサート「探楽愉快 Vol.4」を聴いた感想を、しゃべる帰り道(2014.02.10)

20140210_01TangakuYukai.MP3

 下記のコンサートを聴いた感想を、しゃべる帰り道。

「探楽愉快 Vol.4」開催! 探楽愉快/ウェブリブログ
http://wattaru.at.webry.info/201401/article_1.html

「100年前、
 北の地に
 伊福部昭が生れた」

伊福部昭先生の生誕100年を記念して、伊福部先生の室内楽作品を軸に
したプログラムでお楽しみいただくコンサートです。

2014年2月10日(月) 19時15分開演 (18時30分開場)
於 大田区民ホール アプリコ 小ホール

伊福部昭: ヴァイオリンとピアノのための二つの性格舞曲(1955/61)
早坂文雄: 「室内のためのピアノ小品集」(1941)より
A.N.チェレプニン: ティンパニとピアノのためのソナチネ Op.58(1939)
サティ: 右と左に見えるもの~眼鏡なしで(1914-15)
伊福部昭: ピアノ組曲(1933)
伊福部昭: ヴァイオリン・ソナタ(1985)

河野 航(ピアノ)、加藤 のぞみ(ヴァイオリン)、由谷 一幾(ティンパニ)

| |

2014年3月 9日 (日)

私の、あなたの、一日の始まりにエンジンをかける「手帳術」 #手帳 #techo #文具 #bungu _

 私もこれまで、そこそこ知的生産とか手帳術などの本を読んできて、自分でも時々ブログに書いたりしてきました。そこで思うのは、自分では「これは当たり前すぎだよなあ」と思うくらいのネタの方が意外とウケが良いこと。逆に「これは画期的だ」と(自分では)思う内容は、予想したほど反応がない。
 そして、特別な道具や特殊な方法を使わずに、「すぐにできそう(できる、ではなく、できそう)」なことの方が人気があります。

 というような、書かない方がよい前置きをわざと書いてから、今回の「手帳術」です。先日少し書いたら評判が良かったので、詳しく書きます。

●その日一番最初にやることを、一番最初に書く

brownie02
▲私の仕事用手帳(差し障るところはテープで隠しています)

 これだけ。

 具体的には、月間式でも週間式でも一日一ページ式でもいいので、

  • 前日までの間に(日が決まっているなら事前に書いておいてもいいです)、
  • その日の枠の一番最初(一番上、または一番左になるかと)に、
  • その日最初にやる(やらねばならぬ、やりたい)ことを書く。
  • 書くのは些細なことでもいい。

 プライベートの手帳を仕事用とは別にしている人は、帰ったら(仕事が終わったら)まずやることを書く。
 グループウェアなら、始業時間に予定を入れる。終了の見込みの時間も入れる。

●なにがいいのか

  1. 迷わず始められる。

    一日は、とりあえずなにか小さくてもいいので、ひとつ仕事を片づけるとリズムに乗ります。その最初のエンジンをかけるために有効です。
  2. 突発的な仕事と比較できる

    誰かになにか言われたり、急に対応が必要な時、それをやるべきか、予定していたことをやってからでよいのか、判断できます。

    朝イチから、外から振ってきた仕事を次々こなしているだけだと、仕事に流されます。
  3. とりあえず、それができればその日はよしと思える

    予定通りに行かない日でも、やろうと思ったことをひとつ終えられたと自分を納得させましょう。そんな日もあるのです。

| |

3/9(日)、J3リーグ開幕です

J1&J2&J3選手名鑑 2014 (NSK MOOK)

 3/9(日)は、J3リーグの開幕日。今年から始まる、J1、J2に継ぐ日本の3部リーグ。ちなみに、昨年までの3部リーグである全国規模のアマチュアリーグJFLも存続している。J3の下の4部リーグという位置付け。

 開幕戦の中で、AC長野パルセイロ-福島ユナイテッドが西が丘サッカー場(味の素フィールド西が丘。北区にある方ね。調布市の味の素スタジアムではなく)で行われるので、見に行きます。チケットも買った。

 他にも下記のとおり行われるので、興味がある方はスタジアムへどうぞ。

2014年3月9日(日)            
第1節            
13:00    町田 - 藤枝    (町田)
13:00    YS横浜 - 秋田    (ニッパ球)
13:00    相模原 - 金沢    (ギオンス)
13:00    鳥取 - 盛岡    (とりスタ)
13:00    長野 - 福島    (味フィ西)
15:10    琉球 - J-22    (沖縄県陸)

 一応ご存じない方のために書いておくと、「J-22」というのは、「Jリーグ・アンダー22選抜」。J1・J2のチームに所属する22歳以下の選手から、毎試合メンバーを選定し、J3のリーグ戦に参加する。公式戦に出る機会の少ない若手選手に、経験を積ませるということが趣旨。昔はJリーグにも「サテライトリーグ」という、若手が出場するリーグもあったのですが、今は休止している。また若手中心で地域リーグに参加しているチームもあって、ファジアーノ岡山ネクストなどは2014年のJFLに参加する。
 それでも、若手選手の育成は課題のようで、今回のJ3へのJ-22の参加となったようです。

 他にも、16人が試合に登録して試合中に5人まで交代可能(Jリーグは3人まで)、外国籍選手は2名+Jリーグ提携リーグの国籍の選手が1名(タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア)など(Jリーグは外国籍3名+アジアサッカー連盟の国籍の選手1名)、J1・J2とは一部ルールも異なっていて、どんな感じになるか未知数のところがあるが、まずは試合を見てみたい。

・J3リーグ公式サイト
 http://www.j3league.jp/
・Jリーグ - 22歳以下の若手選手育成施策について ~J3特別参加枠「JFA/Jリーグ U-22選抜チーム(仮称)」のJ3参加決定~
 https://www.j-league.or.jp/release/000/00005488.html

| |

2014年3月 8日 (土)

■週刊ほんトーク:2014/02/10~02/28

 今は、

J2白書〈2013〉J’s GOAL J2ライター班 J2白書〈2013〉 東邦出版

 を読んでいます。


2月10日(月)
●読んだ
甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)雨隠ギド『甘々と稲妻(1)』(アフタヌーンKC)
 奥さんを亡くし、男手ひとつで娘を育てる主人公と、彼の勤める高校の女子生徒が一緒に料理を作っていく。料理の作り方がちゃんとしていて、出来た時がおいしそう。

川原泉傑作集 ワタシの川原泉I (花とゆめCOMICSスペシャル)川原泉『ワタシの川原泉 I』(白泉社)
 ファン投票による川原泉さんの短編集。今読んでも色あせない。若干ですが単行本未収録作があるのも嬉しい。

●買った
@青山ブックセンター・六本木店
めしばな刑事タチバナ12: ファミレス ナウ&ゼン (トクマコミックス)『めしばな刑事タチバナ(12) ファミレス ナウ&ゼン』(トクマコミックス)
 継続的に単行本を読んでいる、B級グルメマンガ。

2月11日(火)
●読んだ
川原泉傑作集 ワタシの川原泉II (花とゆめCOMICSスペシャル)川原泉『ワタシの川原泉 II』(白泉社)
 ファン投票による川原泉さんの短編集。第二巻には作品解説のインタビューがあるのも嬉しい。

・原作:坂戸佐兵衛、作画:旅井とり『めしばな刑事タチバナ(12)』(徳間書店)
 この巻の主なテーマはファミリーレストラン。「ジャンバラヤ」は懐かしい。

2月12日(水)
●買った
@Amazon.co.jp
・フジテレビ編『たほいや』
・フジテレビ編『たほいや』

 間違って二行書いたのではなく、二冊買いました。

2月13日(木)
●買った
@Amazon.co.jp
・フジテレビ編『たほいや』
 間違って書いたのではなく、もう一冊買いました。

2月14日(金)
●読んだ
山之口貘詩文集 (講談社文芸文庫) ・山之口貘『山之口貘詩文集』(講談社文芸文庫)
 詩人山之口貘さんの誌、小説、随筆を選定しまとめた本。題材は親しみやすく、すっと感じることができる言葉の選び方がされている。

・川原泉『銀のロマンティック…わはは』(白泉社)
 世の中がフィギュアスケートで盛り上がる時期には、このマンガが読みたくなる。詳しい感想はブログに書きました。
 フィギュアスケートを見る前に川原泉『銀のロマンティック…わはは』を読んで、やはり泣く  https://konohamoero.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-4633.html

#大雪の日

2月21日(金)
●読んだ
・P.K.ディック『時は乱れて』(ハヤカワ文庫SF)
 何気ない日常。火星人の出現箇所を当てようという新聞のクイズに挑戦し続ける男。そこには実は秘密がある。後に小説や映画で多く使われたテーマであり、解説によると当時でも類似のテーマの作品はあったらしい。しかし、この現実がゆがむ感じはディックらしい。そして最後の登場人物の決断には意外性がある。

2月26日(水)
●読んだ
・雑誌『ぶらあぼ 2014年3月』

2月27日(木)
●買った
・フジテレビ編『たほいや』
 あれ、今月四冊この本を買ってしまったな。

2月28日(金)

#とよ田みのるさんの『タケヲちゃん物怪録』原画プレゼントに応募し、いただく。原画を手にする機会は初めてなので、届いた封筒を開けるときは緊張で手がプルプルしてしまった。


●気になる本

・藤子・F・不二雄 生誕80周年記念マガジン「Fライフ」発刊!|小学館
http://www.shogakukan.co.jp/pr/flife/

・サンフランシスコには24時間営業している不思議な書店があるという話 ロビン・スローン『ペナンブラ氏の24時間書店(仮)』Webミステリーズ!
http://www.webmysteries.jp/topic/1402-08.html
 小説です。「この書店にはふつうの本(スティーヴ・ジョヴズの自伝や、アシモフ、ハインラインなどのSF……)も置かれてはいるが、在庫の大半はGoogle検索でもヒットしない「この世に存在しないはずの本」なのだという」。

筑摩書房 アメリカ様 / 宮武 外骨 著
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480096036/
「『アメリカ様』は東京裁判の開廷日1946年5月3日に刊行された。戦争にひた走った政府や無批判に隷従していった人々を痛烈に断罪しつつ、自らを「半米人」と名乗り、アメリカを褒め殺すことで、新たな主人にしっぽを振りはじめた日本人の姿を皮肉る」

筑摩書房 たべもの起源事典 世界編 / 岡田 哲 著
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480095923/
「西洋・中華、エスニック料理まで。バラエティ豊かな食の来歴を繙けば、そこでは王侯貴族も庶民も共に知恵を絞っていた。全1200項目で読む食の世界史!」

機械探偵クリク・ロボット 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕カミ 機械探偵クリク・ロボット 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕
 探偵はロボット。ポケミス版で読みましたが、このユーモアは最高でした。
 当時の感想:明朗愉快な探偵小説:カミ『機械探偵クリク・ロボット』
 http://konohamoero-archives.seesaa.net/article/387286786.html


●本に関するニュース

・生頼範義|みやざきアートセンター企画展2014
http://ohrai.net/
・TORI MIKI'S BLOG: 生頼範義展
http://www.torimiki.com/2014/02/blog-post_24.html?m=1
 3/23まで、みやざきアートセンターにて。とり・みきさん曰く「僕にとっては小松左京さんの書籍や文庫や映画のイラストでなじみ深いものでした。小松さんの作品世界と生頼さんの絵はとても親和性が高かった」。
 光栄(現コーエーテクモゲームス)の歴史シミュレーションゲームのパッケージイラストもこの方というのは初めて知った。

・小松左京ライブラリ
http://sakyokomatsu.jp/
 小松氏の著作権を管理する。

・告知 | FUNUKE LABEL
http://poo1007.blog.fc2.com/blog-entry-32.html
 とよ田みのる氏。「2014年4月売りの『小学一年生』4月号より『オバケのサリー』新連載開始」ほか。

・「あなたの思い出の名勝負」は? 国立国会図書館の企画展示「名勝負!!」に寄せられた投票の結果 | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/node/25474
 「2013年秋に企画展示「名勝負!!」を開催」「来場者から「あなたの思い出の名勝負」の投票を受け付け」。

・「隠された図書館」が1日限定でオープン・ライブラリー | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/node/25523
 「「神山アーティスト・イ ン・レジデンス(KAIR)」において、2012年に招聘されたアーティストである出月秀明氏による作品」

・埼玉県の高校司書が選んだイチオシ本2013が公開 | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/node/25495
 「2012年12月から2013年 10月までに刊行された237タイトルの中から、埼玉県の高校司書93名が投票によりベスト10を選んだ」

・1996年版から17年間の「インターネット白書」のバックナンバーを無料公開する「インターネット白書ARCHIVES」がオープン | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/node/25543
 「キーワードによる全文検索、また、発売号による絞込みも可能」

・日本図書館協会、『公立図書館における「アンネの日記」破損事件について(声明)』を発表 | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/node/25552
 公立図書館における「アンネの日記」破損事件について(声明)
http://www.jla.or.jp/home/news_list/tabid/83/Default.aspx?itemid=2240

・京都の図書館司書が作成「京都が出てくる本のデータ」公開 | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/node/25565
「小説やマンガ、ライトノベル 等に登場する京都の地名の位置データ、また同グループによるオススメ度や内容紹介」

・国立国会図書館、電子展示「本の万華鏡」の第15回「もう一つの東京オリンピック」を公開 | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/node/25575
「開催権を返上した1940年東京オリンピックの招致活動を中心に、日本のオリンピック初参加から1940年大会返上に至る歴史を、資料とともに紹介」
 ・はじめに|本の万華鏡 第15回 もう一つの東京オリンピック|国立国会図書館
 http://ndl.go.jp/kaleido/entry/15/index.html

「江戸・東京関係のデジタル化資料を検索できるデータベース」:東京都立図書館、「TOKYOアーカイブ」をリニューアル | カレントアウェアネス・ポータル http://current.ndl.go.jp/node/25571

・ブログに書評を書きました。桜玉吉『漫喫漫玉日記 深夜便』、『漫喫漫玉日記 四コマ便』の感想と、私の「桜玉吉読者歴」
https://konohamoero.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-a409.html


バックナンバー
木の葉燃朗の「本と音楽の日々」: 週刊ほんトーク(旧ブログ版。~2014年1月)
 http://konohamoero-archives.seesaa.net/category/22066814-1.html
木の葉燃朗の週刊ほんトーク(web版。~2009年5月)
 http://konohamoero.web.fc2.com/booktalk/index.html




| |

未来と昔の間の今日を生きる

自動販売機で、コインを入れずにカードをかざして買い物ができる、未来のような今日。

自動販売機で、何度入れても戻ってきてくる1000円札がもどかしい、昔と同じ今日。

| |

2014年3月 7日 (金)

日本人作曲家ぞろいのプログラム:新交響楽団・第224回演奏会を聴く(2014.01.19)

芥川也寸志forever 伊福部昭 米寿記念演奏会 完全ライヴ!

 新交響楽団の定期演奏会を聞く。プログラムは日本人作曲家の作品。

第224回演奏会

[伊福部 昭 生誕100年記念]

2014年1月19日(日)東京芸術劇場コンサートホール
指揮 湯浅 卓雄
曲目 黛 敏郎/ルンバ・ラプソディ
   芥川也寸志/エローラ交響曲
   松村禎三/ゲッセマネの夜に
   伊福部昭/オーケストラとマリムバのための「ラウダ・コンチェルタータ」(マリンバ独奏 安倍 圭子)

(新交響楽団ホームページ: 第224回演奏会 http://www.shinkyo.com/02past/224_1.html

 日本人の作曲家の作品だけをコンサートで聴ける機会はあまりないので、貴重。特に伊福部昭作品が聞けて良かった。今年は伊福部昭生誕100周年なので、演奏機会が増えることを期待。
 新交響楽団はアマチュア・オーケストラとのことですが、元々芥川也寸志が1956年に創立し、音楽監督であったという経緯があって、歴史もあるし実力もある。また、邦人作曲家の作品を多く取り上げているとのこと。
 安倍圭子さんは、世界的なマリンバ奏者。多くのマリンバ奏者が安倍さんの元で学んている。今回の『オーケストラとマリムバのための「ラウダ・コンチェルタータ」』も、1979年に初演(山田一雄:指揮、新星東京交響楽団)された際にソリストを務めた方。繊細さと力強さの両方を感じる。

 アンコールは安倍圭子さんのソロで「ドナドナ」による即興演奏。オーケストラは、伊福部昭「SF交響ファンタジー第1番」の抜粋版。この抜粋も、「ゴジラ」のテーマあり「海底軍艦」もありで、いいとこ取りの内容。

| |

2014年3月 6日 (木)

【ポッドキャスト】増井元『辞書の仕事』を読んだ感想を、しゃべる帰り道(2014.02.03)

20140203IwanamiJisho.MP3

 下記の本の感想を、しゃべる帰り道。

辞書の仕事 (岩波新書)
増井 元
岩波書店
売り上げランキング: 14,661

| |

2014年3月 5日 (水)

【ライフヒャック】「GTDなんてもう古い! これからはGTSDだ!」ってことらしい【ネタ】

Getting Things Done: The Art of Stress-Free Productivity

 ITでノマドでライフハックなみなさんこんばんは。twitterやfacebookで遊んでいるだけなのに「仕事です」とか嘘ついちゃだめだよ。

 ライフハックといえばGTD。「グレート・ティーチャー・ドニヅカ」じゃないぞ。

 Getting Things Done。

 やること全部書き出して、順番つけて片づけようというアレですね。

 しかし! 今やシリコンバレーのナウでヤングなギーグたちの間じゃそんなの古い! らしいですよ。Windows Meくらい古い! らしいですよ。

 これからは「GTSD」ですって。GTSDってなに?

 Getting Things Singing & Dancing

 物事は歌って踊って解決だ! ってことらしい。つまり、

  • やることを全部書き出す
  • 優先順位をつける
  • 歌う
  • 踊る
  • 週に一回はみんなの前で歌と踊りを披露だ!
    (これを「週次レヴュー」と呼びます)

 これでストレスフリーな人生間違いなしだね! さあ、みんなもレッツ・シンギング&ダンシング!


*すべて虚構です

| |

2014年3月 4日 (火)

【ポッドキャスト】『アドベンチャーゲームサイド Vol.2』を読んだ感想を、しゃべる帰り道(2014.01.27)

20140127AdventureGameside02.MP3

 下記の本の感想を、しゃべる帰り道。

アドベンチャーゲームサイド Vol.2 (GAMESIDE BOOKS) (ゲームサイドブックス)
ゲームサイド編集部
マイクロマガジン社
売り上げランキング: 23,509

| |

2014年3月 3日 (月)

●今週の女子サッカーの話題(2014/03/03) #nadeshiko _

プレナスなでしこリーグ・プレナスチャレンジリーグ オフィシャルガイドブック 2013


 日本代表は、毎年ポルトガルで行われるアルガルベ・カップに出場。日程は下記のとおり。時間は現地時間です。

3月5日(水)  12:45 vs アメリカ女子代表
3月7日(金)  14:10 vs デンマーク女子代表
3月10日(月) 14:40 vs スウェーデン女子代表
3月12日(水) 14:10 順位決定戦

 メンバーは下記のとおり。

GK 1 福元 美穂/18 海堀 あゆみ/21 山根 恵里奈         
DF 2 近賀 ゆかり/3 岩清水 梓/5 上尾野辺 めぐみ(鮫島彩選手の負傷により入れ替え)/19 有吉 佐織/20 北原 佳奈/4 熊谷 紗希/12 三宅 史織
MF 10 澤 穂希/7 安藤 梢/8 宮間 あや/9 川澄 奈穂美/6 阪口 夢穂/14 田中 明日菜/13 宇津木 瑠美/22 木龍 七瀬/23 中島 依美           
FW 11 大野 忍/17 大儀見 優季/15 髙瀬 愛実/16 岩渕  真奈

(2014-02-17)なでしこジャパン(日本女子代表) アルガルベカップ2014 メンバー・スケジュール|トピックス|日本代表|日本サッカー協会
http://www.jfa.or.jp/national_team/topics/2014/75.html


 U-23日本女子代表も、スペインで行われているラ・マンガ国際大会に参加している。

3月1日(土) 12:00 vs U-23アメリカ代表 (0-1)
3月3日(月) 13:00 vs U-23ノルウェー代表
3月5日(水) 16:00 vs U-23イングランド代表

 メンバーは下記のとおり。

GK 
1 武仲 麗依(INAC神戸レオネッサ)
18 井上 ねね(JFAアカデミー福島→日本体育大)
DF 
5 高村 ちさと(アルビレックス新潟レディース)
4 三橋 眞奈(大阪体育大)
12 上野 紗稀(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
2 石井 咲希(浦和レッズレディース)
3 乗松 瑠華(JFAアカデミー福島→浦和レッズレディース)
17 羽座 妃粋(日ノ本学園高→日本体育大)
MF 
7 杉田 亜未(吉備国際大→伊賀フットボールクラブくノ一)
8 柴田 華絵(浦和レッズレディース)
11 田中 陽子(INAC神戸レオネッサ)
14 吉見 夏稀(ノジマステラ神奈川相模原)
6 嶋田 千秋(日本体育大→日テレ・ベレーザ)
  (猶本光選手(浦和レッズレディース)の負傷により入れ替え)
16 入江 未希(日ノ本学園高→ベガルタ仙台レディース)
FW
10 吉良 知夏(浦和レッズレディース)
15 佐藤 楓(スペランツァFC大阪高槻)
13 京川 舞(INAC神戸レオネッサ)
9 田中 美南(日テレ・ベレーザ)

(2014-02-17)U-23日本女子代表 ラ・マンガ国際大会(2/24~3/5) メンバー・スケジュール|トピックス|日本代表|日本サッカー協会
http://www.jfa.or.jp/national_team/topics/2014/74.html


 なでしこリーグは3/29(土)・30(日)、チャレンジリーグは4/5(土)・6(日)に開幕します。

日本女子サッカーリーグ オフィシャルサイト | なでしこリーグ
http://www.nadeshikoleague.jp/


| |

2014年3月 2日 (日)

【書評】なにかを始めるときに早すぎることも遅すぎることもない:安藤百福発明記念館『転んでもただでは起きるな! 定本・安藤百福』

なにかを始めるときに早すぎることも遅すぎることもない

転んでもただでは起きるな!  - 定本・安藤百福 (中公文庫)安藤百福発明記念館『転んでもただでは起きるな! 定本・安藤百福』(2013年・中公文庫)

 インスタントラーメン「チキンラーメン」、「カップヌードル」の生みの親であり、日清食品の創業者でもあった安藤百福氏についての本。前半は評伝、後半は語録。それぞれ別の本として刊行されていたものを一冊にまとめて文庫化。

 安藤百福といえば、もちろんインスタントラーメンの発明者、そして優れた経営者として知られているが、個人的には氏が96歳で亡くなる直前まで現役で活躍していたことが印象的。自分自身が30代も半ばを過ぎてきて、いかに健康に長生きするかを意識するようになっているので。

 評伝を読むと、一貫して実業家だったということが分かる。幼くして両親を亡くし、呉服屋の祖父母に育てられ、22歳の時には早くも最初の事業(メリヤスの販売)を立ち上げている。周囲の環境のゆえなのか、生まれながらの資質なのか、その後も様々な事業を興している。今で言うベンチャー起業家であり、一方で社会起業家のような側面もある。世の中のためにという思いは、日清食品が大きな企業となってからもずっと理念としてあったようで、例えば青少年の育成のための日清スポーツ振興財団(現在の安藤スポーツ・食文化振興財団)の設立や、阪神淡路大震災の際の食料の救援などに具体的に現れている。一方、ベンチャーや社会起業といっても、理想だけが先立つのではなく、企業としての成果を上げている。それは今の日清食品を見ても明らかなとおり。

 ただ、その人生は順風満帆ではない。戦時中には共同経営者の謀略で憲兵隊に拘束されることもあった。終戦後にも、仕事のなかった若者と製塩をし、彼らに与えていた小遣いを給与と見なされ、それに関わる税金を脱税していた疑いをかけられる。この時は、2年間巣鴨プリズンに拘束された。しかし、そうした苦境にも屈しない。この精神力には、ただただ驚く。
 もうひとつ、これだけ早くから様々な活躍をしていながら、意外なほど遅咲きである。そして、長く様々な活動を続けていた。例えば、安藤氏が「チキンラーメン」を完成させたのは48歳の時。「カップヌードル」に至っては61歳である。更に、宇宙で食べられるラーメン「スペース・ラム」の開発の陣頭指揮をとったのは90歳を超えてから。同じ頃まで、創業した日清食品の経営にも携わり、亡くなった2007年1月も年頭訓示やゴルフコンペをして、元気だったという。なんというか、駆け抜けた人生という印象を受ける。このバイタリティの源は、どこにあったのだろう。

 自分の人生と比較すると、あまりに凄すぎて遠い人のようにも思えてしまうが、少なくとも「なにかを始めるときに早すぎることも遅すぎることもない」ということを強く感じる。色々な世代、色々な立場の人が、勇気づけられるような本。

 最後にどうしても書いておきたいことが。私は幼い頃から、「インスタントラーメンは体に悪い」と周りの大人から言われ続けてきた。そんなこともあって、今でもその意識はある。でも、この本を読むとそれは今では正しくないのだろうと思う。チキンラーメンがヒットした頃、偽造品が出回ったり、後発のメーカーに「醤油で色を着けただけのものとか、品質の悪い油で揚げた粗悪品が横行した」(p.76)という。「インスタントラーメンは体に悪いという噂が広がったのはこのころである。食品加工技術が飛躍的に進んだ現在になっても、なお当時のイメージを完全に払拭できていない」(p.76)。そうした風評を払拭するため、安藤は国内の業界団体を設立し、1997年には「世界ラーメン協会」の設立にも携わる。更に2006年には、「世界唯一の食品規格である『CODEX』」(p.119)でインスタントラーメンの規格も制定された。こうした品質向上に努めた結果として、今のインスタントラーメンがある。その努力に目を向ければ、根拠のない「インスタントラーメンは体に悪い」という説よりもよほど信頼できる。
 そしてもうひとつ、他ならぬ安藤百福自身が健康で長生きしたということが証明になる。チキンラーメンの開発の頃から、毎日のようにインスタントラーメンを食べてきた人が、96歳まで生きた。だからといって「インスタントラーメンを食べれば長生きできる」かは分からないが、少なくとも「インスタントラーメンは体に悪い」という意見には、安藤百福の「私がなによりの生き証人です」(p.119)という言葉は十分な反証になる。

安藤百福 生誕百年 http://www.nissinfoods-holdings.co.jp/momofuku100th/


これまで私が書いた本の感想はこちらからどうぞ。

●木の葉燃朗の「続・本と音楽の日々」+「しゃべる帰り道ラジオ」: 書評
 https://konohamoero.cocolog-nifty.com/blog/cat57961390/index.html
●TRCブックポータル 書評投稿履歴
 http://www.bookportal.jp/webap/user/SchReviewerReviewList.do?reviewerId=25

●旧ブログ:タグ「書評」
 http://konohamoero-archives.seesaa.net/tag/%8F%91%95%5D
●「木の葉燃朗のがらくた書斎」トップ>>木の葉燃朗のばちあたり読書録
 http://konohamoero.web.fc2.com/dokusho/index.html

| |

2014年3月 1日 (土)

■週刊ほんトーク:2014/01/27~02/09

 まだ週刊ペースに戻っていませんが、少し立ったら調整しますのでお待ちください。


1月27日(月)

●読んだ
雑誌『アドベンチャーゲームサイド vol.2』
 特集は「ファミコン探偵倶楽部」シリーズ。さらにゲームブック特集も。

#技術評論社から新刊情報のDMが届く

1月30日(木)

●読んだ
・小坂俊史『サイダースファンクラブ(2)』
 ガールズ3ピースバンドを描いた四コママンガ。2000年代前半のインディーズ音楽って、こんな感じだったんだろうなあと思う。私が聞くようになったのは2000年代後半からなので、想像でしかないが、おそらくこんな感じだったんだろう。YouTubeもtwitterもfaceboiokもない頃の音楽シーンの姿。
 ラストの展開も作者の愛情を感じる。サイダースの音が聞いてみたくなる。

#タワーレコードへ注文していたCDが二枚届く。
・James Levine、他 チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」/ストラヴィンスキー:兵士の物語
・John Sebastian, Sr ハーモニカ<タワーレコード限定>

2月1日(土)

●読んだ
・雑誌『BUN2(ブンツウ) 2014年2月号』
 文房具のフリーマガジン。文房具店などでもらえますが、私は送料を払って定期購読中。

・小坂俊史『ひがわり娘(2)』
 ヘタレなフリーターと、その友人の日常を描いた四コママンガ。回によって、三人組は時々普段とは違う設定で登場したりして、バラエティ豊か。

●買った@ヴィレッジヴァンガードお茶の水店

・雨隠ギド『甘々と稲妻(1)』(講談社アフタヌーンKC)
 第一話のサンプルを読んだら面白そうなので買ったマンガ。妻を亡くした高校教師が、娘のために教え子の女子高校生とともに料理をつくっていく、という内容。
 甘々と稲妻 / 雨隠ギド - アフタヌーン公式サイト - モアイ
 http://afternoon.moae.jp/lineup/217

#健康診断に行った後、お茶の水や神保町をうろうろうする。

@ディスクユニオンお茶の水駅前店
・高田渡 系図 KICK-2552
 高田渡さんの持っていなかったCDを買う。
・国仲涼子 ふるさと PCCA-01998
 フォークソングや歌謡曲のカバーを含むアルバム。国仲涼子さんは、ドラマ『ちゅらさん』の頃から、今でも好き。

@ジャニス2
・TEENY FRAHOOP "Wee Wee Pop"
・TEENY FRAHOOP "2nd hospital"
 先日、小坂俊史『サイダースファンクラブ』を読んで、著者がこのマンガを描く上できっかけのひとつになったというTEENY FRAHOOP(ティニーフラフープ)のCDを見つけたので買う。

2月2日(日)

●読んだ
・小坂俊史『月刊フリップ編集日誌(2)』
 弱小マンガ雑誌の編集部と、執筆している漫画家を描く四コママンガ。「これはさすがにないだろう」と思えるような、誇張したギャグの数々が面白い。あるあるネタを極端なところまで持って行っているので。

2月3日(月)

●読んだ
・増井元『辞書の仕事』(岩波新書)
 岩波書店で辞書担当の編集者だった方による、辞書編集にまつわるエピソード。言葉や、辞書編集者の感覚に関する話題も興味深いし、取り上げられている言葉にも珍しいものが多くて勉強になる。

2月4日(火)

●買った@Amazon.co.jp
・小坂俊史『ハルコビヨリ(4)』
 注文していたマンガが届く。

come to vivid girl’s room!The Clicks  come to vivid girl’s room!  K.O.G.A Records
 こちらも小坂俊史『サイダースファンクラブ』を読んで、このマンガのイメージソングをつくったバンドということで気になって買う。ファーストアルバム。セカンドはiTunesで買う。
 ガールズバンドは、実はあまり聞いてこなかった。女性ボーカルのユニットは聞いていたし、その後女性シンガーソングライターはずいぶんと聞いたけれど。

2月5日(水)

●読んだ
・とよ田みのる『タケヲちゃん物怪録(5)』(小学館)
 不幸に見舞われ続けてしまう女の子(タケヲ)と、彼女をめぐる東西の妖怪たちの物語。といっても、妖怪たちは大運動会やハロウィンの出し物を繰り広げたりして、非常に和やか。

●買った@Amazon.co.jp
・小坂俊史『ひがわり娘(3)』
・小坂俊史『ひがわり娘(4)』
・小坂俊史『ひがわり娘(5)』

 注文していたマンガが届く。新刊の扱いがなかったので、マーケットプレイスでの古本。

2月6日(木)

●買った@Amazon.co.jp
・小坂俊史『ハルコビヨリ(3)』

2月7日(金)

●読んだ
鈴木 弘毅『東西「駅そば」探訪―和製ファストフードに見る日本の食文化』(交通新聞社新書)
 駅の構内やホームにあるそば屋のそばを紹介した本。東西で扱うメニューの違い、著者の食べ歩き経験からおすすめするそばなど、そばが食べたくなること必至の内容。

2月8日(土)

●読んだ
・小坂俊史『ハルコビヨリ(3)』

2月9日(日)

●読んだ
・小坂俊史『ハルコビヨリ(4)』
 この巻で完結。あとがきによれば、当時、著者の周囲に同棲している友人がいて、その空気から題材にすることにしたという。そう言われると作品の持つリアリティについても納得できる。
 そして完結となると、まあ想像できる展開なのだけれど、最後にサプライズが。しかも複線が前にちゃんと張ってある。これは面白かった。

・小坂俊史『ひがわり娘(3)』
 この作品に限らないのですが、小坂俊史さんは女性のグループ(特に三人組)を描くのがうまい。それぞれに役割と個性があって、それでいてちゃんとグループである必要も感じる。


●気になる本

一志治夫『アンデルセン物語―食卓に志を運ぶ「パン屋」の誇り―』|新潮社
http://www.shinchosha.co.jp/book/303152/

いちばんやさしいアルゴリズムの本みわ よしこ/永島 孝(執筆協力) いちばんやさしいアルゴリズムの本 技術評論社
 時々、プログラムの勉強をしたいとか、技術的なことを覚えたいと思うことがあるのです。

いいビルの写真集 WESTBMC(ビルマニアカフェ) いいビルの写真集 WEST パイインターナショナル

藤子・F・不二雄の発想術 (小学館新書)編/ドラえもんルーム 藤子・F・不二雄の発想術 小学館新書
藤子・F・不二雄の発想術 | 生き方・自己啓発 | 社会・ビジネス | 書籍 | 小学館
http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784098252022


●本に関するニュース

・やなせたかしさん 最後のメッセージ | NHK「かぶん」ブログ:NHK
http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/700/180522.html
「やなせたかしさんは生前、東日本大震災の復興をテーマにした絵本を書き残していました。
その最後の絵本が原作となった映画「それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い」が、ことし7月に公開されることになり、6日、報道陣に、やなせさんが絵本について寄せた最後のメッセージを公開しました」


バックナンバー

木の葉燃朗の「本と音楽の日々」: 週刊ほんトーク(旧ブログ版。~2014年1月)
 http://konohamoero-archives.seesaa.net/category/22066814-1.html

木の葉燃朗の週刊ほんトーク(web版。~2009年5月)
 http://konohamoero.web.fc2.com/booktalk/index.html




| |

「Answer×Answer Live!」、A級プロアンサーに昇格しました #AnxAn _

anan_a

 去年の夏くらいから遊んでいるゲームセンターのネットワーク対戦クイズ「Answer×Answer(アンサー・アンサー) Live!」。店舗間をネットワークでつないで、対人対戦の出来るクイズゲーム。早押しボタンが押せるのも、クイズ好きとして嬉しい。
 カードに戦績やランキングなどの履歴が残せる。プレイヤーのランクは、順番に下記のとおり。

  • 10級~1級
  • 初段~十段
  • セミプロ10級~1級
  • セミプロ初段~十段
  • C、B、A、S、SS級プロ
  • ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナプロ

 今日、A級プロアンサーのライセンステストに合格し、昇格しました。A級プロのライセンステストは、一定のポイントを貯めた後、通常の4人での対戦を5回行って、そのうち3回で二位以上になれば合格できる(不合格でも、またポイントを貯めれば再挑戦できる)。
 昨日三戦して2勝1敗。今日二戦して、最初は敗退(3位)、最後で2位になって、なんとか合格できました。
 一応、プレイヤーの特徴は下記のとおりです。どこかで対戦した際はよろしくお願いします。

  • 名前「木の葉燃朗」
  • コスチューム:カウボーイハット、タキシード(黒)、メガネ、お風呂セット
  • 回答台:赤で揃えてボードは「SG-1000Ⅱ」
  • リーグ:S2~SS3の間を行き来しています。

ネットワーク対戦クイズ Answer×Answer Live!
http://anan.sega.jp/

 ちなみにAnswer×Answerには、iOS用アプリのAnswer×Answer Pocketもあるので、iOS端末お持ちの方はこちらを遊んでみるのもよろしいのでは。

Answer×Answer Pocket(アンアンポケット) ★ スマホで遊べる基本無料のクイズアプリ
http://quiz.sega-net.com/


 で、もちろん「Answer×Answer」は続けるのですが、もうひとつ、オフラインのクイズ大会「賢押杯」に参加したいと思っているのです。これは「Quiz Magic Academy(クイズマジックアカデミー)」と「Answer×Answer」の参加者を対象とした大会。この参加資格が、「Answer×Answer Live!」ユーザーはS級プロアンサー以上になっている。前回大会のルールなので、今後は変わるのかもしれないが、とりあえずS級までは昇格して、更に上を目指したいなと。

賢押杯.com Entrance
http://www.ken-oshi.com/

| |

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »