« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月25日 (金)

このはも週報(2018.05.25)5月は計らずもライブ聴きに行く強化月間(その2)

【今週の一枚】

onmusu05 onmusu04 onmusu03 onmusu02 onmusu01

▲これは、去年秋葉原で行われた展示で撮影した「温泉むすめの」SPRiNGSのキャラクターの写真。

【今週のトッピクス】

5月19日(土)

  • 温泉むすめ 3rd LIVE “NOW ON☆SENSATION!! Vol.3” ~ワイワイワッチョイナ!!~
    【出演】
    ◆SPRiNGS:草津 結衣奈(CV:高田憂希)・箱根 彩耶(CV:長江里加)・秋保 那菜子(CV:高橋花林)・有馬 輪花(CV:本宮佳奈)・道後 泉海(CV:篠田みなみ)・登別 綾瀬(CV:日岡なつみ)・下呂 美月(CV:佐伯伊織)・有馬 楓花(CV:桑原由気)・奏・バーデン・由布院(CV:和多田美咲)
    ◆AKATSUKI:鬼怒川 日向(CV:富田美憂)・玉造 彗(CV:田澤茉純)・別府 環綺(CV:岩橋由佳)
    ◆LUSH STAR☆:熱海初夏(CV:本渡楓)・銀山心雪(CV:長縄まりあ)・白浜帆南美(CV:谷口夢奈)・和倉雅奈(CV:戸田めぐみ)・指宿絵璃菜(CV:松田颯水)
    ◆Adhara:黒川姫楽(CV:田中美海)・湯の川聖羅(CV:野口瑠璃子)・月岡来瑠碧(CV:西田望見)・乳頭和(CV:三上枝織)・白骨朋依(CV:新田ひより)・こんぴら桃萌(CV:吉田有里)

    各ユニットの歌や振り付けや衣装が素晴らしかったのはもちろんなのだけれど、個人的に一番印象的だったのは、「個性」と「絆」かなって思う。
    メインユニットのSPRiNGSは、遠藤ゆりかさんが演じていた下呂美月役を佐伯伊織さんが引き継いで、このライブの冒頭で情報解禁という形。すごいプレッシャーだったと思うけれど、それをはねのけるようなパフォーマンスだったし、彼女を受け入れるメンバーもすごくいい形で受け入れたのだろうなあと思う。
    あと、公式サイトで佐伯伊織さんを「10人目のSPRiNGS」と表現しているのも、すごくいいと思うんですよね。これまでの下呂美月である遠藤ゆりかさんがいて、佐伯さんがいるというのが。

    2回目のライブになるAKATSUKI、初ライブのLUSH STAR☆、Adharaもそれぞれの魅力と個性があって。このユニットが絡んだり、各ユニットから、あるいはユニットに所属していない温泉むすめから選抜メンバーで限定ユニットがあったりすると、ますます面白くなると思うんですよね。

    あと、それぞれのユニットの温泉むすめを演じる声優さんも、かなり考えられて選ばれているんだなあと思う。メンバー間のバランスなども含めて。LUSH STAR☆に戸田めぐみさん、Adharaに三上枝織さんと(今回は出演されなかったけれど)飯田里穂さんのように「他のメンバーより少しお姉さんの頼れる存在」がメンバーにいらっしゃるとか。

5月20日(日)

  • 「つうかあ」スペシャルイベント グーーーーッドモーニング!かつうしかあ!みんなの絆はフォーエバー!!!!!
    出演(敬称略):古賀葵、田中あいみ、徳井青空、吉岡麻耶、花守ゆみり

    トークを中心に作品を振り返るイベント。「レーシングサイドカーレース」という題材なので、監督を招いてのオーディオコメンタリーなど、細かいエピソードや設定が聞けたのは興味深かった。

【週末の予定と来週への申し送り事項】

5月26日(土)

  • 村川衣 2nd RiELiVE ~季節~@ パシフィコ横浜国立大ホール

    今月3本目の大きなライブ。

5月27日(日)

  • 高橋美佳子さんバースデーイベント
  • 桑原由気と本渡楓のパリパリパーリィ☆1st Anniversary Greeting Parry@TOKYO@ニッショーホール

    昼がバースデーパーティで、夜がパリパリパーリィ。

ももたこいつか自分がなにもかも嫌になってしまった時に「満更でもないでしょ」と思い直させるために記す最近あったよかったこと】

  • 5/22_自分の好きな人が楽しそうに笑っているのを見るのは幸せ。

「スプリング・ラヴァー大作戦」-「Deep Breath」「太陽に火をつけて」「4月のシルエット」「太陽の行方」-「泣いたりもする」-「哀しい方の嘘」

| |

2018年5月18日 (金)

このはも週報(2018.05.18)5月は計らずもライブ聴きに行く強化月間

【今週の一枚】

RGR

▲関係者からのお花の中にあったので、実際にご家族からなのでしょう。なんか、感動してライブ前から泣きそうになったよ。

【今週のトッピクス】

5月12日(土)

  • Green Leaves Fes@幕張メッセイベントホール
    Wake Up, Girls!(吉岡茉祐、永野愛理、田中美海、青山吉能、山下七海、奥野香耶、高木美佑)
    Run Girls, Run!(林鼓子、森嶋優花、厚木那奈美)

    Wake Up, Girls!とRun Girls, Run!の二組によるライブ。
    昼の部はファン投票、夜の部はファンクラブ投票の順位で、それぞれ15曲を歌う。
    意外な選曲だったり、意外な順序で楽しい。昼と夜でもかなり異なるセットリストだった。

    Run Girls, Run!のみんなも初の大舞台らしいフレッシュさと高揚感があったし、Wake Up, Girls!のみんなもすごくいい先輩で、いい絆を感じました。

    ライブでは、トロッコだけでなく、二階席の通路にも来て歌ってくれる曲もありました。メンバーのみなさんが目の前にいて、「まじか!?」って思った
    すぐそばに来られたメンバーの方を特に好きなファン子がいて、まさに歓声が上がって、心の中で「よかったなまじで!」って思ってたよ。なんかそういうことも含めていいライブだったと思う
    本当にその人が好きだと、近くに来てくれる緊張して固まったり歓声上げたりするけれど、駆け出したり変なことはしないのだなあって思った。それが好きである、ファンであるってことなんだろうなあ。

    あまりWake Up, Girls!に詳しくない(CD は聴いて年1、2回の大きな公演には行ってるくらいの)身からすると、みんなそれぞれな魅力があるよねえ。一人を特に好きになるのも分かるし、みんなを好きになるのも分かる。私はみんなかわいいと思う。

5月13日(日)

  • 温泉むすめ「YUKEMURI FESTA Vol.12@羽田空港」
    秋保那菜子(CV:高橋花林)/有馬 輪花役(CV:本宮佳奈)/登別 綾瀬役 (CV:日岡なつみ) /奏・バーデン・由布院(CV:和多田美咲)
    <ゲスト>万座 千斗星(CV:井澤美香子)/武雄 星知(CV:深川芹亜)/作並 日果(CV:赤尾ひかる)

    出演者さんの間に交流があって、それを感じるやり取りがあったり、あるいははじめましての人の中が深まったり、見ていて微笑ましいイベントだった。

【週末の予定と来週への申し送り事項】

5月19日(土)

  • 温泉むすめ 3rd LIVE “NOW ON☆SENSATION!! Vol.3” ~ワイワイワッチョイナ!!~

5月20日(日)

  • 「つうかあ」スペシャルイベント グーーーーッドモーニング!かつうしかあ!みんなの絆はフォーエバー!!!!!

ももたこいつか自分がなにもかも嫌になってしまった時に「満更でもないでしょ」と思い直させるために記す最近あったよかったこと】

  • 5/14:今月は色々なライブを聴きにいく月間で、楽しみです。
  • 5/16:人からいい話を聴けるきっかけを作れるって、いいよね。

「スプリング・ラヴァー大作戦」-「Deep Breath」「太陽に火をつけて」「4月のシルエット」「太陽の行方」-「泣いたりもする」-「哀しい方の嘘」

| |

2018年5月16日 (水)

プレッシャーはかけたくないけれど、楽しみにしています #温泉むすめ #温むす

   

「温泉むすめ」というプロジェクトがあります。
各地の温泉をキャラクター化して、温泉の魅力を伝えるというもの。

現在は、キャラクターを演じる声優さんによる各地でのイベントやライブ、CDのリリースが主な活動で、今年はアプリゲームのリリースなども予定されている。

温泉むすめ公式サイト https://onsen-musume.jp/

今週土曜日の5月19日には、3rdライブが予定されている。
そこで、結構大切なことがあって、「SPRiNGS」というメインのキャラクターによるユニットの声優さんがお一人交代するんです。元々、遠藤ゆりかさんが声を担当していた下呂美月役が、遠藤さんの引退に伴って交代となる。その後任の方が、3rdライブで発表される。事前の発表はされていなくて、ライブ本編で登場されて発表となる。

これは、ご本人にとっては相当なプレッシャーだろうと思う。事前に発表されていて、参加するお客さんもどなたか分かっていて、ということなら、ご本人もお客さんも心の準備が出来るのだと思う。でもそれがなくて、ある種サプライズで登場されるので。しかも他のメンバーは、一年くらい活動してきていて、そこに飛び込むわけだから。もちろんSPRiNGSのメンバーを演じるのは、みんなしっかりした声優さんなので、受け入れはすごくいい形でされていると思うけれど(ここまでの他のイベントで、レッスンの様子などは語られていて、そのことは感じます)。

だからこそ、当日客席にいる者としてはは温かくお迎えしたいと思っている。

▼この「青春サイダー」は、私はいつ聴いても泣く。

続きを読む "プレッシャーはかけたくないけれど、楽しみにしています #温泉むすめ #温むす"

| |

2018年5月15日 (火)

論理学みたいな問題

【問題】

私には特に思い入れがある女性の声優さんが5人いらっしゃいます。
Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさん、の5人です。

※以下、2018年5月現在の情報です。

  • Aさんは「アイドルマスター シンデレラガールズ」のキャラクターの声を担当しています。
  • CさんEさんは「アイドルマスター ミリオンライブ!」のキャラクターの声を担当しています。
  • Aさん、Dさんは「Tokyo 7th シスターズ」のキャラクターの声を担当しています。
  • Cさん、Eさんは同じ事務所に所属しています。
  • Bさん、Dさんは同じ事務所に所属しています。
  • 2016年10月~12月放送のアニメで、Dさん、Eさんがメインキャストを担当しました。
  • 2017年1月~3月放送のアニメで、Aさん、Cさん、Dさんがメインキャストを担当しました。
  • Bさんは10年以上続くラジオ番組のパーソナリティを担当しています。

これで5人がどなたか特定できるのかしら? 情報が少ないからむずかしいか。


《追記》

「正解はこうですか?」というご質問は、オープンなところ(twitterの@とか)でのご質問にはお答えできません。すみません。

twitterのDMとかメッセージフォーム で質問をいただければお答えしますよ。

ちなみにメッセージくださった方がいて、全員当たっていました。ということは、分かる人は当てることが可能ってことみたいです。

| |

2018年5月14日 (月)

『Buzzってハニー』

   

念のため、改めて説明しておくと、「Buzzる(バズる)」というのは、ネットで言葉や出来事が一気に話題になること。

自分に関してバズるというと、例えば、書いたブログがはてなブックマークでホットエントリーになったりすることですね。

あるいは、twitterであるつぶやきが何千もリツイートされたりいいねされたりすることですね。

または、mixiでめっちゃ足あとがついたりすることですね。

で、私が思うのは、「みんなバズりたいの?」ってことです。なぜならば、私は全然思わないので。

 

続きを読む "『Buzzってハニー』"

| |

2018年5月11日 (金)

このはも週報(2018.05.11)「哀しい方の嘘」

【今週の一枚】

_
▲どんな味か想像がつかないかもしれませんが、まさに「冷たいコーンスープ」でおいしかったです。

【今週のトッピクス】

5月3日(木・祝)~5日(土)

  • ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2018「モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」
    東京で行われるクラシックの音楽祭。毎年有楽町の東京国際フォーラムや丸の内の会場で行われていて、今年は池袋の東京芸術劇場と周辺でも行われる。

    感想はtwitterのモーメントにまとめています。後日サイトにアップしようかと。
    ラ・フォル・ジュルネTOKYO2018個人的感想まとめ #lfj2018
    https://twitter.com/i/moments/992077087887376385

5月6日(日)

  • プーシキン美術館展-旅するフランス風景画 上坂すみれトークイベント~ようこそロシア文化の旅へ~
    美術展の紹介も「少しは」ありつつ、絵画を薬のパッケージに例えたり、グッズのTシャツについて忌憚のない意見を言った後、自分のグッズでないことに気付いて熱いフォローを繰り広げたり、「自分で稼いでいる人は温泉でリフレッシュした方がいい」という話が飛び出したり、自由で面白かったな。ああいう感じのトークイベントができたのは、美術館側の度量の大きさもあるのだと思う。

【週末の予定と来週への申し送り事項】

5月12日(土)

  • Green Leaves Fes@幕張メッセイベントホール
    Wake Up, Girls!(吉岡茉祐、永野愛理、田中美海、青山吉能、山下七海、奥野香耶、高木美佑)
    Run Girls, Run!(林鼓子、森嶋優花、厚木那奈美)

5月13日(日)

  • 温泉むすめ「YUKEMURI FESTA Vol.12@羽田空港」
    秋保那菜子(CV:高橋花林)/有馬 輪花役(CV:本宮佳奈)/登別 綾瀬役 (CV:日岡なつみ) /奏・バーデン・由布院(CV:和多田美咲)
    <ゲスト>万座 千斗星(CV:井澤美香子)/武雄 星知(CV:深川芹亜)/作並 日果(CV:赤尾ひかる)

ももたこいつか自分がなにもかも嫌になってしまった時に「満更でもないでしょ」と思い直させるために記す最近あったよかったこと】

  • 5/4:偶然と勢いに任せて、面白いと思うところに飛び込むのは、自分の見る目がたしかなら面白くなる、はず。

「スプリング・ラヴァー大作戦」-「Deep Breath」「太陽に火をつけて」「4月のシルエット」「太陽の行方」-「泣いたりもする」-「哀しい方の嘘」

| |

2018年5月 9日 (水)

純粋に「楽しいから」があって、さらに「自分が足を運ぶことが、演者さんの力になるのであれば」

2017

画像は、以前とあるラジオ番組(「渕上舞のとりあえずまぁ、話だけでも。」)にお送りしたもの。これは、2017年に行ったライブやイベントのチケットの半券の束です。

私は夏休みのようなまとまった休みはないのですが、土日祝日は基本休みなので、たぶん年間休日が120日くらい。
そのうち7割は出かけるとすると120×0.7=84日。
うち半分は1日にふたつのイベントに出かけるとして、84×1.5=126だから、だいたい年120くらいのライブやイベントに参加している計算になります。

電子チケットとかインストアイベントみたいに、手元に半券が残らないイベントもありますし、「映画2本見て→展覧会見て→コンサート聴いて」だと1日で四箇所に出向いてることになるので、正確には自分の手帳のメモを見たらいいのだけれど、まあだいたいの数で。

端っこの端っことはいえ一応東京住まいで、例えば新宿までなら1時間くらいで行けるので、可能な催しにはなるべく行きたいと思っています。
そう思うと、遠征している人は本当にすごいと思う。移動だけで、相当様々なパワー(体力も、時間も、お金も)を使うからね。

「なんでそこまであちこち行くの?」と言われれば、「楽しいから」。シンプルにそれだけですよ。
あとは、やっぱり頑張っている人は応援したいから。自分が客としてライブやイベントに足を運ぶことが、演者さんの力になっているのなら、それは参加する側として嬉しい。
個人的な感覚としては、演者さんと客席の関係は、スポーツの選手と応援団・サポーターみたいな関係であることが理想だと思っているので。

年齢を重ねては来たけれど、それだけに行ける場所には出来る限り足を運びます。

| |

2018年5月 7日 (月)

「希望は過去にしかない! 『look back on the past』だ!」

tarou02
▲写真は10年前の渋谷。駅からマークシティへの連絡通路。岡本太郎の壁画「明日の神話」が移設する前で、その予告が書かれている。「ハチ公から太郎へ。」というのは、「ここを新しい待ち合わせ場所に」みたいなことだったのかな?

 

最近、なんだか無性に、昔が懐かしくなっている。ということは、現状に行き詰っているってことなのだと思う。無意識であっても。

なんだか、10年前みたいに、休みの前の日にお茶の水のディスクユニオンとか神保町のジャニスで中古のCD買って、聴いたこともないCDをジャケットの雰囲気だけで買って、それからお茶ノ水のヴィレッジヴァンガードでCD試聴して買って、マンガ立ち読みして買って買えるみたいなことがしてみたい。

新宿や渋谷のタワーレコードで、閉店近くまでCDを試聴して、棚を順番に見て(電子音楽とか現代音楽とか民族音楽とか。後にジャズやクラシックも加わった)、欲しいCDを大量に買い込んだりもしてみたい。

あるいは仕事帰りにライブハウスで音楽聴いたり、レイトショーで映画を見たりもしたい。

そういう生活をしてたんだよなあ。今となってはそういう日々を過ごしていたっていうのは自分でもビックリするけれど。

| |

2018年5月 6日 (日)

放電完了充電完了

_

ゴールデンウィークは、土日祝日は休みました。5月2日は、いつもよりは若干早く仕事を終えて帰ったかな。

4月30日は家にこもりましたが、他はどこかしらに出かけていました。特に、5/3~5/5はクラシック音楽の音楽祭に行って、浴びるように音楽を聴きまくってきました。

二週間前から若干風邪気味だったけれど、だいぶ持ち直したし、休みの間にリフレッシュした気がします。やっぱり、最近情報とか芸術とか、色々なもののインプットが不足していたかもという気がします。今は充電ができて、気力も戻ってきた気がする。

同時に、4月から視聴を始めたラジオとかアニメとか、それ以前から視聴していたものも、ちょっと整理して、時間的にもちょっと余裕が生まれた気がします。有料登録していたコンテンツとかもあるし、そっちの方でも若干の余裕が。

やっぱり、放電と充電は大事。

| |

2018年5月 4日 (金)

このはも週報(2018.05.04)「泣いたりもする」

【今週の一枚】

pripri

【今週のトッピクス】

4月28日(土)

・ 『アニメガタリズ』イベント「グッドラックな土曜日♪」@文京シビックホール

劇伴(BGM)を元に振り返りトークとか、ライブとか、音楽をメインにしたイベント。いい雰囲気で作られた作品だったことを感じるイベント。この作品は続いて欲しいなあ。

4月29日(日)

・プリンセス・プリンシパル STAGE OF MISSION@舞浜アンフィシアター

キャラソンライブ、ニコ生でおなじみの スゴロク、朗読劇という構成。
全部よかったけれど、特にキャラソンライブが特に印象的。音楽面でもすごくいい作品だったので、ライブで聴けたのが嬉しかった。特に「moonlight melody」という歌があって、曲そのものもいいし、作品を思い出すと涙が止まらなかったなあ。
あと、待機列の長さとか物販の売り切れ振りから、待望のイベントだったってことが伺えました。
そして、『プリンセス・プリンシパル』、完全新作制作決定。2019年に全六章で劇場公開。
http://www.pripri-anime.jp/index.php

4月30日(月・祝)

・家にこもっていました。若干風邪気味だったので。

【週末の予定と来週への申し送り事項】

5月3日(木・祝)~5日(土)

・ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2018「モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」

東京で行われるクラシックの音楽祭。毎年有楽町の東京国際フォーラムや丸の内の会場で行われていて、今年は池袋の東京芸術劇場と周辺でも行われる。
感想はtwitterのモーメントにまとめて、後日サイトにアップしようかと。

ラ・フォル・ジュルネTOKYO2018個人的感想まとめ #lfj2018
https://twitter.com/i/moments/992077087887376385

5月6日(日)

・プーシキン美術館展-旅するフランス風景画 上坂すみれトークイベント~ようこそロシア文化の旅へ~


ももたこいつか自分がなにもかも嫌になってしまった時に「満更でもないでしょ」と思い直させるために記す最近あったよかったこと】

  • 4/25:「ただひたすら声が好き」っていう方が何人かいらっしゃって、歌声を聴いても泣けてくるし、最近ラジオでしゃべっているのを聴いても感動して泣きそうになることがある。そういう人にめぐり合えたことって、幸せなのかも。

「スプリング・ラヴァー大作戦」-「Deep Breath」「太陽に火をつけて」「4月のシルエット」「太陽の行方」-「泣いたりもする」

| |

2018年5月 2日 (水)

5/3~5/5はクラシックの音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」へ #lfj2018

明日から三日間は、有楽町と池袋で行われる、クラシックの音楽祭「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」に行ってきます。

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018「モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」公式サイト : https://www.lfj.jp/lfj_2018/

有楽町は東京国際フォーラムのホールや地上広場で、朝10時から夜11時くらいまで、同時並行でクラシックのコンサートが行われる。地上広場には屋台も出て、野外会場で無料コンサートも行われる。

今年は池袋も会場に加わって、東京芸術劇場と劇場前の西口広場を会場にコンサートが行われる。

特徴としては、1公演が45分とか60分で、3,000円くらいのチケット代ということ。これは、一般的なクラシックのコンサート(120分で7,000円~8,000円くらい)を分割している感じなのよね。だから気軽に一公演だけ聴いてもいいし、次々とマラソンのようにも聴ける。自分でメニューが選べるビュッフェみたいな感じですよ。

俺は2007年に行き始めて、以来毎年通っている。正統派のクラシック音楽のプログラムもあれば、民族音楽とか現代音楽みたいに、一般的なクラシックの枠をはみ出した公演もあっておもしろい。

毎年プログラムにはテーマがあって、今年は「モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」。作曲家が、生まれ育った場所とは異なる場所で書いた音楽や、ワールドミュージック・ジャズ・映画音楽なども演奏される。

今のところ三日間で11公演聴く予定です。現地でいきなりチケット買ったり、無料公演を聴いたりする可能性もあるので、もうちょっと増えるかもしれません。

【参考】過去参加した時のレポート

2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年2014年2015年2017

| |

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »