« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月29日 (金)

このはも週報(2018.06.29)「きみの名前を呼ぼう」

【今週の一枚】

0504LFJ07

▲2009年5月、クラシック音楽の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」が行われていた時期の東京国際フォーラム。

【今週のトッピクス】

6月23日(土)

  • 「今村彩夏 STAY GOLD」イベント
     

    ラジオ番組の最終回イベント。
    いつもどおりの感じの、いい意味でゆるくこれまでの番組を振り返り、みんなで一曲歌うイベント。最後とはいえ、湿っぽい感じのない、あっけらかんとした感じが、この番組らしいし、今村さんの強さなのかなあと思った。幸運にも、最前列中央付近で今村さんを拝見できました。
    しかし、6月末での引退を発表されるとは思わなかったよ。トークのみ約30分、お渡し会などはなかったのは、今村さんの体調を考慮してのことだったのかな?
     
  • 「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」1stスタァライブ “Starry Sky” ライブ・ビューイング
     

    『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』ファーストライブのライブビューイング。同名の舞台の役者さんのユニットなので、歌も振りも演劇的。曲の雰囲気がどれもいい。
    舞台は、それぞれが演じるキャラクターにスポットライトが当たるのだけれど、このラブは演じるキャストさんの魅力と、ユニットのチームとしての絆の強さを感じた。
    舞台もライブも、いつか生で見たい。

6月24日(日)

  • 「Lady Go!!卒業イベントDVD発売記念イベント」
    (出演:上坂すみれ・小松未可子・大久保瑠美・高森奈津美・三上枝織)
     
    2015年に行われた、ラジオ番組「Lady Go!!」の卒業イベントのDVDが発売されることになって、パーソナリティだった5人がそろってのイベントが行われる。
    いやあ、この五人が揃った姿を拝見できるのは、感慨深い。
    イベント中に、高森さんから出てきた「青春」が、やっぱりこの番組のキーワードだったのだと思う。パーソナリティーにとっても、リスナーにとっても。
    『Lady Go‼』が青春だったというのは、1年弱だけリスナーだった私にとってもそうでした。ただ、それだけに、私は当時の思い出はちゃんと置いてきて、今回みたいに時々振り替えれる機会があって、その楽しさを抱えて前に進んでいければいいなと思っている。

【週末の予定と来週への申し送り事項】

6月30日(土)

  • カードラボTCGフェスティバル2018
    https://www.c-labo.jp/tcgfes/index.html#stage
    「teaRLove」という、新人女性声優さんのユニットのトークショーと、ラジオ「三上枝織のみかっしょ!」のイベントを見たいと思っています。

7月1日(日)

  • 「大原さやか朗読ラジオ 音色~radio for your pleasure tomorrow~」second live recording memorial発売記念お渡し会 
    大原さやかさんのお渡し会というのは、貴重ですよ。リスナーとして、すごく楽しみです。
  • 「指出毬亜と河野ひよりの「り」系ラジオ」公開授業~1時間目~
    聴いているラジオのイベント。この二人はトークに独特な感性があっておもしろいので、生で話を聴けるのが楽しみです。
    はっきりは分からないけれど、当日券も出るんじゃないかなあ。
  • 『Re:ステージ!PRISM☆LIVE!!~2ndSTAGE~Ready for Dream』
    18人のキャストさんが登壇して、生バンドで歌う3時間超のライブという、結構すごい公演。

    この日はイベント重なったなあ。たぶん、ぎりぎりかも知れないけれど、参加は出来そうです。

ももたこいつか自分がなにもかも嫌になってしまった時に「満更でもないでしょ」と思い直させるために記す最近あったよかったこと】

  • 6/27_自分が作ったなにかで感動してもらえるというのは、冥利に尽きる。
  • 6/27_たとえしょうもないダジャレであっても、タイミングさえぴたりとハマるとウケる。球威がそれほどでも、コースがちゃんとつければバッターを打ち取れるみたいな感じ。球威がそれほどでも、コースがちゃんとつければゴールが奪えるみたいな感じ。
  • 6/29_思いもよらないことがあるし、ずっと続くと思っていたことがそうでないこともある。だから、悔いのないようにやるしかないのだ。
  • 6/29_仕事じゃなければ、自分がかけたもの(時間とかお金とか)に費用対効果みたいなものを求めないほうがいい。見返りを求めて力を入れるのではなく、「やりたいからやる」。それだけ。それに自分が納得できて、他の人に迷惑がかからないのならば、だいたいのことはやればいい。

「スプリング・ラヴァー大作戦」-「Deep Breath」「太陽に火をつけて」「4月のシルエット」「太陽の行方」-「泣いたりもする」-「哀しい方の嘘」-「そばにいるね」-「出逢えてよかった」-「Stay with Me」


続きを読む "このはも週報(2018.06.29)「きみの名前を呼ぼう」"

| |

2018年6月22日 (金)

このはも週報(2018.06.22)「Stay with Me」

【今週の一枚】

yt2011_15
▲2011年の横浜トリエンナーレで、撮影可だったので取った作品の写真。

>【今週のトッピクス】

6月16日(土)

  • 春佳・彩花のSSちゃんねる~かみがみのイタズラ2018~ http://seaside-c.jp/program/ssc/
    (出演(敬称略):照井春佳・諏訪彩花)
    やっぱりこのお二人は、面白い。性格とかは結構違うのかなと思うけれど、でもなんだか気が合うんだろうなあ。たぶん、笑いのツボが近いのかなと思う。
    その楽しそうな様子を見るのが、また楽しいという。

6月17日(日)

  • 能登麻美子 おはなしNOTE 公開録音イベント http://www.joqr.co.jp/note/
    (出演(敬称略):能登麻美子/ピアノ:土井あかね/ゲスト:大原さやか)
    能登さんも大原さんも、朗読ラジオを毎回聴いていますが、ピアノの生演奏とともに聴く生の朗読は、やはり迫力がすごくて、すごく贅沢な時間でした。
    公開録音後にポストカードお渡し回もあって、能登さんは、やっぱり女神様のような人だったなあ。

【週末の予定と来週への申し送り事項】

6月23日(土)

  • 「今村彩夏 STAY GOLD」イベント
    番組が最終回ということで開催されるイベント。しかし、開催数日前まで、時間と場所は大まかにだけ発表されているという、色々な意味でこの番組らしいし、ある意味で伝説のイベント。
     
  • 「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」1stスタァライブ “Starry Sky” ライブ・ビューイング

6月24日(日)

  • 「Lady Go!!卒業イベントDVD発売記念イベント」
    (出演:上坂すみれ・小松未可子・大久保瑠美・高森奈津美・三上枝織)
    2015年に行われた、ラジオ番組「Lady Go!!」の卒業イベントのDVDが発売されることになって、パーソナリティだった5人がそろってのイベントが行われる。
    DVDはリリース予定という話は最初から出ていて、でもイベントから1年が経ったくらいから「どうなるんだろう?」という感じだったんですよね。私はいっそ番組開始から10年、卒業から5年の2020年くらいにイベント込みで開催するんかなあと思っていました。いましたら、予想よりちょっと早くリリース、イベント。
    いやあ、5人そろうんだねえ。プライベートでは会われているようですが、全員揃ってイベント登壇は卒業後初めてじゃないかしら。

ももたこいつか自分がなにもかも嫌になってしまった時に「満更でもないでしょ」と思い直させるために記す最近あったよかったこと】

  • 6/18_チャンスロスってやっぱり悔しいので、自己採点イマイチなものでも、とにかく形にて発信するのが大事なんだよなあ。それがなにかを生む可能性があるので。
  • 6/19_物事はいつ終わるか分からないから、必死でやらないといかんのだなあ。

「スプリング・ラヴァー大作戦」-「Deep Breath」「太陽に火をつけて」「4月のシルエット」「太陽の行方」-「泣いたりもする」-「哀しい方の嘘」-「そばにいるね」-「出逢えてよかった」-「Stay with Me」


| |

2018年6月15日 (金)

このはも週報(2018.06.15)「出逢えてよかった」

【今週の一枚】

H&M渋谷02

▲10年前の2008年。今の渋谷のH&Mが建設中(書店のブックファーストからリニューアル中)に撮った写真。

【今週のトッピクス】

6月9日(土)

  • 映画「あさがおと加瀬さん。」asagao-anime.com @T・ジョイPRINCE品川。
    原作の持つ、山田と加瀬さんを優しく見守りたくなる雰囲気が、そのまま表現されている。清い百合。
     
  • 「村川梨衣の a りえしょんぷり~ず」公開録音イベント
    来週放送なのでネタバレは控えますが、面白かったなあ。りえしょんが色々と神がかっていた。そして、その「神」を超越する存在も、浜松町に存在するという。

6月10日(日)

  • アニメ『こみっくがーるず』お渡し回
    (登壇者:赤尾ひかるさん・本渡楓さん)
    トークパート最後のあいさつで、感極まる赤尾ひかるさんと(腕の骨折の治療中の登壇だったので)、それをフォローしつつ場がしんみりしないようにユーモアを見せる(赤尾さんに、マイク敷きに使っていた布を「涙拭く?」というジェスチェーで渡そうとして、赤尾さんに「いらないよー」と返されていた)本渡楓さんに、同期の絆を感じたなあ。お渡し会で自分が泣かないようにするのに必死だったよ。

  • カラーズ☆スラッシュ 天才!カラーズTV!!出張所~カラーズ☆ミュージアム Vol.3~@TSUTAYA O-Crest mitsuboshi-anime.com
    (出演者:結衣(CV.高田憂希)、さっちゃん(CV.高野麻里佳)、琴葉(CV.日岡なつみ)
    やっぱり、高田憂希さん、高野麻里佳さん、日岡なつみさんのこのトリオは、個性のバランスが絶妙。妥協も遠慮もしないけど、衝突しないで相乗効果を生んでる感じがいい。
    今回チケットの番号運がよくて、わりと前の方で見ることができたのですが、三人ともかわいかったなー。高田さんは人柄のよさが表情や動きににじみ出てるし、高野さんはあれだけ美人なのに見る人が緊張しない愛嬌がある。日岡さんは顔立ちも立ち居振舞いも人形のように整っている。
    イベント中にメッセージを読んでもらえたのは嬉しかったです。メールを介してとはいえ、直接(画面を通さず)リアクションを聴くことができて、コミュニケーションできたので。
    ライブのラストの、花吹雪が舞う演出は、アニメのシーンのオマージュでもあったのね。

【週末の予定と来週への申し送り事項】

6月16日(土)

6月17日(日)

  • 能登麻美子 おはなしNOTE 公開録音イベント http://www.joqr.co.jp/note/
    (出演(敬称略):能登麻美子/ピアノ:土井あかね/ゲスト:大原さやか)

ももたこいつか自分がなにもかも嫌になってしまった時に「満更でもないでしょ」と思い直させるために記す最近あったよかったこと】

  • 6/9・10_ふだん、イベントでのアンケートとかメールって、まず読まれないのだけれど、二日続けて読んでもらえて嬉しかったなあ。ただただ、自分だけのひそかな喜びだけれど。
  • 6/10_1ヵ月後とか、2ヵ月後とか、あるいは半年後でも1年後でも、楽しみにしている予定があるというのは、しあわせだと思う。実際にその時に行けるかどうかは分からないけれど、「予定がある」っていう、そのことに意味があると思う。
  • 6/15_ラジオにメールを書く時に、自分が込めた思いと、パーソナリティの方が感じてくれた思いがシンクロするのは、たまらなく幸せです。まあ、そのギャップが面白いこともあるのだけれど。

「スプリング・ラヴァー大作戦」-「Deep Breath」「太陽に火をつけて」「4月のシルエット」「太陽の行方」-「泣いたりもする」-「哀しい方の嘘」-「そばにいるね」-「出逢えてよかった」


| |

2018年6月 8日 (金)

このはも週報(2018.06.08)「そばにいるね」

【今週の一枚】

20180526yokohama

【今週のトッピクス】

6月2日(土)

  • アニメ『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』イベント
    「デスマーチからはじまる郊外狂想曲」@松戸市民会館

    (出演:敬称略)堀江瞬・高橋李依・河野ひより・奥野香耶・津田美波・悠木碧・早瀬莉花・永野愛理・安野希世乃
    Run Girls, Run!・Wake Up, Girls!

    トークで作品を振り返り、主題歌のライブもあるという、ここまでは比較的スタンダードなアニメ作品のスペシャルイベント。
    しかし、作品中の「スキル獲得」を再現すべく、キャストさんがいわゆるかくし芸みたいなチャレンジをするコーナーが半分くらいを占め、結構ガチな内容に。ある種、スポーツなどに近い筋書きのない展開や緊張感が。それゆえに、予定調和を超えた感動が多数。
    早瀬莉花さんがけん玉チャレンジを成功させた時に、高橋李依さんを先頭にみんなが駆け寄って抱きついたシーンとか、心に残る。
    あと、MCのこにわさんが、この内容のゆえに臨機応変な対応が求められたイベントだったと思うのですが、見せ場を作って盛り上げて、すごくいいイベントにしてくれたと思う。熱気、フォロー力とトーク力が、感動を生んだ最後の1ピースだったと思う。

6月3日(日)

  • TVアニメ『スロウスタート』STARTails☆ スペシャルライブイベント ~おいでよ! ライブハウス~@ZIRCO TOKYO
    (出演:敬称略)STARTails☆(近藤玲奈、伊藤彩沙、嶺内ともみ、長縄まりあ)

    この作品は、キャラソンの傾向もいわゆるアニソンとはちょっと異なるので、ライブで聴けたのはよかったな。STARTails☆(近藤玲奈さん、伊藤彩沙さん、嶺内ともみさん、長縄まりあさん)は個性があるし、全員、デュオ、個人でそれぞれの雰囲気に個性がある。

    それでいて、スムージーを作るコーナーもあるのが、なんだか『スロウスタート』らしいと思いました。

【週末の予定と来週への申し送り事項】

6月9日(土)

  • 「村川梨衣の a りえしょんぷり~ず」公開録音イベント

6月10日(日)

  • アニメ『こみっくがーるず』お渡し回
    (登壇者:赤尾ひかる・本渡楓)
  • カラーズ☆スラッシュ 天才!カラーズTV!!出張所~カラーズ☆ミュージアム Vol.3~@TSUTAYA O-Crest
    (出演者:結衣(CV.高田憂希)、さっちゃん(CV.高野麻里佳)、琴葉(CV.日岡なつみ)

ももたこいつか自分がなにもかも嫌になってしまった時に「満更でもないでしょ」と思い直させるために記す最近あったよかったこと】

  • 6/6_自分では普通と思っていたことが、他の人に喜んでもらえたりする。不思議だけれど面白い。

「スプリング・ラヴァー大作戦」-「Deep Breath」「太陽に火をつけて」「4月のシルエット」「太陽の行方」-「泣いたりもする」-「哀しい方の嘘」-「そばにいるね」

| |

2018年6月 6日 (水)

「干物妹!うまるちゃん トレーディングフィギュア その2」

umaru03

予約していた「干物妹!うまるちゃん トレーディングフィギュア その2」が届いたのでした。全6種類+シークレット1種類がコンプリートできる8個入りのボックスを。

umaru01 umaru02

うまるは、小さいフィギュアをちょこちょこ飾るのが似合う。 ちなみに、シークレットはシークレットなので、並べた写真には入れていません。 一応、シルエットは公開されているので、ヒント。

umaru04

干物妹!うまるちゃん トレーディングフィギュア その2
http://www.goodsmile.info/ja/products/6849



| |

2018年6月 4日 (月)

ブログは将来の自分のために書く。

故あって、10年くらい前に書いたWEBサイトやブログの記事を読み返す。

自画自賛ですが、面白い。
そもそも、10年以上前(WEBサイトを始めたのは16年前!)の自分みたいな無名人の記録なんて、誰も残してくれない。そして、記憶なんてすぐに消えてしまう。

だからこそ、残したことそのものに価値がある。さらに、当時の世の中(俺のまわりの半径数メールとか数キロメートルかもしれないが)のことも分かる。

だから、このブログってほとんど誰にも読まれていないのだけれど(かけている手間と比較すると、びっくりするくらい読まれていない)、それでも書いていこうと。


ちなみにこれまでのアーカイブス。まあ、10年前の発言について「これはどういうことなんだよ!」とか言われても、「タイムマシンで10年前に行って、当時の俺に聞いてね」としか回答できないので、そあたりを差し引いて読んでもらえる方向け。
時代時代で趣味のメインが全然違うのが面白い。

  • WEB日記(2002.11-2004.9)のログ
    http://konohamoero.web.fc2.com/archives/diary.html
  • 旧ブログ「木の葉燃朗の「本とデジタルと俺の日常と」」(2004.9-2005.4) http://blog.goo.ne.jp/konohamoero/
  • 旧ブログ「本と音楽の日々」アーカイブス(2005年11月~2014年1月)
    http://konohamoero-archives.seesaa.net/
  • WEBサイト:木の葉燃朗のがらくた書斎(これは一応現役のサイトという扱いです)
    http://konohamoero.web.fc2.com/index.html

| |

2018年6月 3日 (日)

「もしも誕生日に願いがかなうなら」と言われて「女の子の見た目になりたい」とか言い出しちゃった件

… 比較的まともな方の木の葉燃朗。
…  明らかに変な方の木の葉燃朗。


ハッピーバースデー。
ブレスユー。
それ、人がくしゃみした時に言うやつね。

えっ? 「誕生日にひとつ願いがかなうなら?」ですって?
いや誰も言ってないよ。
えっ? 「誕生日にひとつ願いがかなうなら?」ですって?
分かったよ答えたいなら答えなよ!
今の頭の中のまま、20代の女の子の見た目になりたいっす。

……。
……。
……。
……。
いやなに言ってるか分かんないんですけど。
……あ、えっと。今のー、頭のー、中のままー、20代のー、女の子のー、
いやゆっくり言われても分かんねえもんは分かんねえからな!


続きを読む "「もしも誕生日に願いがかなうなら」と言われて「女の子の見た目になりたい」とか言い出しちゃった件"

| |

2018年6月 1日 (金)

このはも週報(2018.06.01)6月は誕生日とともに

【今週の一枚】

jan

【今週のトッピクス】

5月26日(土)

  • 村川衣 2nd RiELiVE ~季節~@ パシフィコ横浜国立大ホール
    やっぱり、生で聴くと歌唱力がより一層すごい。そして、客席の心をひとつにする力がある。一般的な使い方とはちょっと違うかもしれないし、りえしょんをあまりご存知ない方には意外かもしれないが、ある種のカリスマ性があると思う。謙虚なるカリスマ。
    あと、ワンマンライブという大舞台が、りえしょんにとっては、いい意味で自然体なのがすごい。過剰な気負いは(あったかもしれないけど)感じないし、「特別な! 一世一代の!」ということではなく、いつもの音楽活動の一環としてちょっとだけ特別なワンマンライブがある。それはすごくミュージシャンらしいと思うし、りえしょんにとってのアーティスト活動がますます地に足が着いてきたということだと思う。ということはこれからも長く活動が続いてくれるだろうと楽しみです。
    ステージに立つりえしょんを見ていて思ったのは、不思議な言い方かもしれないが、「こと音楽活動に関しては、どうか彼女がやりたいようにやらせてあげて欲しい」ってこと。実際、そうなのだろうけれど。なんだか、昔好きだった別のシンガーソングライターの方(倉橋ヨエコさん)を思い出した。

5月27日(日)

  • 高橋美佳子さんバースデーイベント

    美佳子さんと、ファンのみんなの信頼関係あってのイベント。当日のアンケートにも書いたのですが、いい意味で年一回の親戚一同の集まりみたいな感じ。
    美佳子さんが積み重ねてきた声優としてのキャリアを感じる。
    この催しは、末永く続いて欲しい。
     
  • 桑原由気と本渡楓のパリパリパーリィ☆1st Anniversary Greeting Parry@TOKYO@ニッショーホール

    おおむね愉快で笑っていたのですが(二人のあいさつを考えたり)、二人のプロフィールを改めて語るコーナーで、すごく真面目な話が出たり、まさかのカラオケコーナーがあったり、最後のあいさつでも思いが語られたりして、まさかのちょっと感動して泣いた。
    単独イベントには、単独イベントならではの魅力があるってことを実感しました。

【週末の予定と来週への申し送り事項】

6月2日(土)

  • アニメ『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』イベント
    「デスマーチからはじまる郊外狂想曲」

    (出演:敬称略)堀江瞬・高橋李依・河野ひより・奥野香耶・津田美波・悠木碧・早瀬莉花・永野愛理・安野希世乃
    Run Girls, Run!・Wake Up, Girls!

6月3日(日)

  • TVアニメ『スロウスタート』STARTails☆ スペシャルライブイベント ~おいでよ! ライブハウス~
    (出演:敬称略)STARTails☆(近藤玲奈、伊藤彩沙、嶺内ともみ、長縄まりあ)


ももたこいつか自分がなにもかも嫌になってしまった時に「満更でもないでしょ」と思い直させるために記す最近あったよかったこと】

  • 5/27_「誰かを応援できる、そう思える人がいる」っていうのは、もうそれだけで十分幸せなことなんだよね。夢を託せることに意味があるいうか。それに対して「応援してくれてありがとうございます」と言ってもらえるのは、もうボーナスステージみたいなものだと思うんだ。

「スプリング・ラヴァー大作戦」-「Deep Breath」「太陽に火をつけて」「4月のシルエット」「太陽の行方」-「泣いたりもする」-「哀しい方の嘘」

| |

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »