« 2人トークのラジオにあるとおもしろいと思うもの | トップページ | 中銀カプセルタワービル »

2019年8月 2日 (金)

【書評】食生活という文化の交差点_小坂俊史『新婚よそじのメシ事情 2』

小坂俊史『新婚よそじのメシ事情 2』

小坂俊史さんは20年近いひとり暮らしを経て結婚。王嶋環さんは結婚を期に関西から上京。

その二人の「文化」がすり合ったりすり合わなかったりする様子を、「食べ物」をキーワードに描く。

食べ物には、その人の生きてきた人生が分かるんだなあと思う。
「第1回お好みあられドラフト大会」を読むと、人生が分かる。小坂さんしょうゆ味のあられ好き過ぎということも分かる。

そして、結婚生活において、食事は大切なんだなあと思う。食べ物の好みが合っているか、うまく折り合いがついたら、家庭はうまくいくのではないか。ということを、お二人の食生活を読んでいると思う。幸せそうだし、楽しそう。

そして、読んでいるとお腹が減ります。


| |

« 2人トークのラジオにあるとおもしろいと思うもの | トップページ | 中銀カプセルタワービル »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

書評」カテゴリの記事

食べ物」カテゴリの記事