« 「小林さんちのメイドラゴン」:2021/7/7(水)日記 | トップページ | NU-KOさんグッズ:2021/7/8(木)日記 »

2021年7月17日 (土)

あとから「ほめているつもりだった」と弁解しないために

Oht82_guremurinpengin_tp_v4

自分ではほめているつもりでも、それが相手に伝わらないのは、「ほめる表現」を入れていないから

例えば、「意味が分かんないわ」は、言葉通りなら悪口。相手との関係とか、文脈によってはほめ言葉として取られるかもしれないけれど、それは相手と直接話してフォローもできる場で言うから。
SNSとかに書くと、全然知らない人から「失礼だ」という反応があったりするし、メールとかの文章だけで完結してもそんな感じになる。

じゃあどうするか。

「ほめる表現」を入れる。

「意味が分かんないわ」
 ↓
「意味が分かんなくて面白すぎるわ」

褒めるひとことさえあれば、少なくとも意図は伝わる。

「なんとなく伝わるだろう」と思って省略すると、相手には伝わらない。
自分が発する言葉に込めた感情がなんなのかをちゃんと表現することが、言葉を丁寧に発するってことだと、私は思う。

雑に出された言葉は、私は受け取る側として受けとるつもりはなくて、無視するようにしている。

| |

« 「小林さんちのメイドラゴン」:2021/7/7(水)日記 | トップページ | NU-KOさんグッズ:2021/7/8(木)日記 »

konohanokoneta」カテゴリの記事